季語/御田植祭(おたうえまつり)を使った俳句

「御田植祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「御田植祭」について

【表記】御田植祭

【読み方】おたうえまつり

【ローマ字読み】otauematsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御田祭(おんだまつり:ondamatsuri)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

御田植祭を含む俳句例

鵯の笛燕の舞も御田植/大橋敦子

田植祭朝の花火が三発も/辻桃子

住吉や雨の華やぐ御田植/座間友子

神官の細脛白し御田植/高久田瑞子

御田植の酒の泡ふく野風かな/白雄

事終へて御田祭は紙を撒く/西内孝一

神風の吹くなり御田植ゑまつる/秀花

前山にひびく龍笛御田植祭/松本幸子

御田植うる緋袴胸に高結び/岸風三楼

御田植の素足のもどる石畳/数合信也

御田植や神と君との道の者/井原西鶴

恋人の乳守出来ぬ御田うヘ/井原西鶴

黒光りしたる御田の牛を引く/亀井碧

前山にひびく龍笛御田植祭/松本幸子

笙の音の水面にひびく御田祭/升本行洋

御田植うる白扇胸に乙女さび/岸風三樓

御田植に囃子鎮めのささら摺/桂樟蹊子

御田植雨の水輪のみどりなる/上田幸雄

御田植の牛の腹帯汚れなし/香月/房子

御田植の祝詞参らす蛙かな/橋本いさむ

俳句例:21句目~

燕翔け御田二反を祝ぎにけり/内田哀而

早苗束置き配りある御田かな/橋本鶏二

投げ苗の御田の舞の上をとぶ/高野素十

黒牛が鋤きて丹波の神の御田/茂里正治

お田植の揃はぬ笛も目出度けれ/堀古蝶

一枚の空うすみどりお田植祭/伊藤敬子

田植祭のあまりの供物教卓に/木村蕪城

御田植の太鼓の泥もめでたしや/高野素十

御田植四方の田植もはじまりぬ/橋本鶏二

お田植のをのこ早乙女二手より/久保一亭

象徴天皇御田植のシャツ真白なり/佐藤健

田草取る仕草も舞ふて田植祭/三井日月夫

早苗手にはにかむ御田の市女笠/山田/渓舟

御田植や今日めづらしく空晴れて/草間時彦

植ゑる舞ふ囃す一つの御田にて/二川のぼる

御田植の神事や禰宜のかちはだし/斎藤梅影

神事待つ御田の水のゆきわたり/山崎天誅子

春の旅三河の御田に暮るゝかな/長谷川かな女

悠紀主基の御田のうはさも今朝の春/中川四明

御田植に虹のかゝりしめでたさよ/小野田洋々

俳句例:41句目~

ひとひらの幣ぞ散りきし御田植うる/岸風三楼

御田植果てて裸の牛となる/松村節子「雉俳句集」

傾城のうゑしや御田のしどろなる/蝶夢「草根発句集」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ