季語/ポインセチアを使った俳句

「ポインセチア」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ポインセチア」について

【表記】ポインセチア

【読み方】ぽいんせちあ

【ローマ字読み】poinsechia

子季語・関連季語・傍題・類語など

・猩々木(しょうじょうぼく:shojoboku)

・クリスマスフラワー(くりすますふらわー:kurisumasufurawa)

季節による分類

・「ほ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

ポインセチアを含む俳句例

鶺鴒叩く霽れ間の猩々木/林原耒井

唐突の真紅がよけれ猩々木/高澤良一

階段がポインセチアの鉢の数/清水忠彦

宴果てぬ猩々木の緋に疲れ/文挟夫佐恵

早々とポインセチアの囲み記事/高澤良一

島を死守ポインセチアを天の花/浦野芳南

ポインセチア十鉢並べて景気付/高澤良一

ポインセチア荷台に揺れて高速路/林康子

卓球の日向の音のポインセチア/永末恵子

内祝ポインセチアを買うて来ぬ/高澤良一

時計鳴り猩々木の緋が静か/阿部しょう人

おだてには乗ってみるもの猩々木/高澤良一

並びゐるポインセチアと消火器と/高澤良一

宝石とポインセチアと並べ売る/佐々木平一

ドア開いてポインセチアの赤が客/山田弘子

寝化粧の鏡にポインセチア炎ゆ/小路智壽子

小書かもポインセチヤを得て聖夜/富安風生

ポインセチアの朱けや一葉忌の夜は/森白樹

柔らかき財布でポインセチア買ふ/牧石剛明

猩々木緋をうち重ねしぐれけり/千代田葛彦

俳句例:21句目~

ポインセチア愛の一語の虚実かな/巌谷小波

ポインセチア炎え奔放に恋いくつ/仙田洋子

ポインセチア生華やぎて余白なし/草間時彦

ポインセチア画中に暗き聖家族/上田日差子

ポインセチア皺深き手の罪のごと/永方裕子

ポインセチア神父に午後の憩あり/藤岡晴丘

ポインセチア絨緞と燃ゆ聖壇下/下村かよ子

ポインセチア肉むら厚き裸婦の像/加古宗也

ポインセチア色淡ければ胸に抱く/田中幸雪

ポインセチヤ愛の一語の虚実かな/巌谷小波

リア王読むポインセチアを足許に/高澤良一

ポインセチアの色溢れゐる夜の花舗/宮南幸恵

ポインセチア楽鳴りこもる牧夫寮/古賀まり子

ポインセチア愉しき日のみ夫婦和す/草間時彦

夜の部屋ポインセチアが赫すぎる/千坂美津恵

ポインセチヤ何に追はるる吾ならん/向笠和子

ポインセチア究極の朱と思いおり/松本夜詩夫

ポインセチアや聖書は黒き表紙かな/三宅絹子

ポインセチア会ひたき人の多いこと/中村汀女

ポインセチア言葉のごとく贈らるる/手塚基子

俳句例:41句目~

猩々木挿して近づくクリスマス/阿部みどり女

珈琲とポインセチアに待たさるる/今井千鶴子

さよならに泣かない約束ポインセチア/松本恭子

ポインセチアかざし悪意に染まりける/仙田洋子

ポインセチア教へ子の来て愛質され/星野麦丘人

ポインセチア思ひつめたる緋をかかぐ/菊地/正

家具替へて序でにポインセチア買ふ/高田風人子

待ち侘びしポインセチアに染まるほど/山田弘子

ポインセチア遥かなる日は御名御璽/木谷はるか

ポインセチアもぐらのような家族たち/渡部陽子

飲んで食べて笑って疲れポインセチア/蓮田双川

ポインセチアは窓辺のリボン川波照り/花谷和子

ニナリッチコーナーのポインセチアかな/高澤良一

ポインセチアの真つ赤をもつて祝福す/山崎ひさを

ポインセチアこころに人の棲まずなりぬ/草間時彦

ギフトカードにポインセチアのカットかな/高澤良一

ポインセチア飾り立てつつ「主は来ませり」/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ