季語/氷柱(つらら)を使った俳句

「氷柱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷柱」について

【表記】氷柱

【読み方】つらら

【ローマ字読み】tsurara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・垂氷(たるひ:taruhi)

・立氷(たちひ:tachihi)

・銀竹(ぎんちく:ginchiku)

・氷条(ひょうじょう:hyojo_)

・氷箸(ひょうちょ:hyocho_)

・氷笋(ひょうじゅん:hyojun)

・氷筋(ひょうきん:hyokin)

季節による分類

・「つ」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

氷柱を含む俳句例

人煙や氷柱の端の玉雫/草田男

柏原小学校の青氷柱/黒田杏子

隧道や氷柱の下り石佛/寺田寅彦

一雫しては入日の氷柱かな/蓼太

隆々の鬼の金棒軒氷柱/高澤良一

木臼彫る氷柱の村を水迅く/龍太

朝日かげさすや氷柱の水車/鬼貫

春動く魔性離れし崖氷柱/松本進

我家や初氷柱さへ煤じみる/一茶

夕風や社の氷柱灯のうつる/一茶

宿までは氷柱明りの峠道/斎藤夏風

日蓮の配所の寺の大氷柱/山本修巳

大氷柱崩るゝ音す星明り/藤沢周平

鉾先の少し反りたる大氷柱/岸田稚

岳の星家々氷柱そだつなり/及川貞

はんぱくが袂より出る氷柱哉/一茶

山中に氷柱を囲み詩仲間/村越化石

びいどろや氷柱をかざす笄売/露遊

崖氷柱太陽もいま氷の類/辻田克巳

凍滝の氷柱己を封じたり/野沢節子

俳句例:21句目~

分校の子ら抱へゆく大氷柱/星芳子

北窓を貫くやうに大氷柱/中村萌子

不凍滝一石仏を氷柱秘む/西本一都

朝日影さすや氷柱の水車/上島鬼貫

月山の木霊と遊ぶ春氷柱/有馬朗人

風熄みて氷柱のうるむ夕茜/森田博

終の日の氷柱そのまゝ昇天す/窓秋

細々の氷柱並びぬ春の軒/高濱年尾

垂れ下る氷柱の紐を結ばばや/虚子

月光の研ぐ大寺の軒氷柱/田中俊尾

懸崖や氷柱の下の不動尊/寺田寅彦

嫋々と鴉が遊ぶ氷柱かな/小林康治

山川のひかりを集め太氷柱/北田栄

波は洗ふ舷側砲の氷柱哉/寺田寅彦

大仏の鼻水たらす氷柱哉/正岡子規

氷柱なめ立ち止りをる狩の犬/魚目

隧道の口に大なる氷柱かな/夏目漱石

黒氷柱吾が失着もまた絶景/永田耕衣

逆鉾の氷柱の谷に通ひ路/楠目橙黄子

枯草の中に氷柱の光り見ゆ/高濱年尾

俳句例:41句目~

軒氷柱百姓の掌が一と薙す/細川加賀

軒氷柱日当りてなほ太りけり/井上雪

寒垢離や氷柱の中に水細し/西山泊雲

人の世の往き来映れる氷柱かな/柏翠

崖氷柱刀林地獄逆しまに/松本たかし

氷柱ある磧の青年黒く跳ぶ/和知喜八

掴まつて水休みをり草氷柱/中嶋鬼谷

何ゆゑに長みじかある氷柱ぞや/鬼貫

何物の落下や氷柱皆落ちぬ/高濱年尾

軒氷柱大事に半島北へ伸ぶ/太田土男

凍み柿に楊枝が程の針氷柱/高澤良一

水窓の綱手もきるゝ氷柱哉/榎本其角

身構へてその前通る軒氷柱/高澤良一

機音のして三尺の氷柱かな/巻田政野

林間へ帰心矢なすや草氷柱/石塚友二

切通し岩石剥いで氷柱落つ/高澤良一

崖氷柱薙ぎ金石の響きあり/福田蓼汀

茶を飲めば眼鏡くもりて大氷柱/綾子

家の中に少し人ゐる草氷柱/岸本尚毅

はなやぎて雫しそめし氷柱かな/草崖

俳句例:61句目~

山の日の氷柱をのぼる梁框/古舘曹人

はや~と氷柱雫の止みし夜/奥田智久

山の音封じ込めたる大氷柱/浅倉寒月

心情は今も氷柱のごとき人/高澤良一

月浅間氷柱ふとらす相聞歌/角川源義

晩年の倖せあるか痩せ氷柱/室岡純子

山国の土鈴氷柱をくぐり買ふ/大串章

神割といふ断層の氷柱かな/茨木和生

狩くらや氷柱をはらふ山刀/橋本鶏二

楯をなす大き氷柱も飛騨山家/野風呂

山巓や氷柱に閉ぢし測候所/寺田寅彦

夕暮の氷柱は空の色をして/高木晴子

月天子氷柱も楽を奏すべし/下村梅子

山番は山を氷柱に預け去る/広瀬直人

峰の神大き氷柱をたれたまふ/一庭人

軒氷柱意志を通して阿らず/高澤良一

魂のあおさ氷柱の塔におる/和知喜八

氷柱の芯に日籠る父の忌日/津田清子

飛ぶ鳥や氷柱はあれど春の山/大串章

戛々と過ぎる風あり草氷柱/藤木倶子

俳句例:81句目~

よべの雨暁樹々の氷柱かな/赤木格堂

戞々と過ぎる風あり草氷柱/藤木倶子

大氷柱より一滴のギリヤーク/松澤昭

氷柱しぬ柳の糸の細きより/臼井丁川

拓地夜は酒の匂ひす軒氷柱/松村蒼石

父母所生一家甚だ氷柱垂る/三橋敏雄

あのやうに曲りて風の氷柱哉/寺田寅彦

越中の碧くしづかな氷柱かな/佐川広治

軒氷柱やうやくに鳥かよふそら/中田剛

軒氷柱手折り光を手折りけり/葛原俊子

軒氷柱曲げるわるさを風童子/村越化石

軒氷柱燦としたたる日の山河/山口草堂

その中の太き氷柱を折りきたる/辻桃子

たくましき犬と見てゐる氷柱かな/楸邨

軒氷柱陽を返しつつとけ始む/曽田ハツ

軒氷柱障子浄らに住みなせり/中村四峰

軒氷柱雪国の花舗暗かりき/古賀まり子

軒氷柱馬の首もつおしらさま/太田土男

ひと睡り氷柱のあなた草みゆる/中田剛

遠き家の氷柱落ちたる光かな/高濱年尾

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ