季語/蟷螂生る(とうろううまる/かまきりうまる)を使った俳句

「蟷螂生る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟷螂生る」について

【表記】蟷螂生る

【読み方】とうろううまる/かまきりうまる

【ローマ字読み】toroumaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・子蟷螂(こかまきり:kokamakiri)

・蟷螂の子(とうろうのこ:toronoko)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

蟷螂生るを含む俳句例

首傾げ仁王門前子蟷螂/大竹征子

野の風や蟷螂生る雷神/島田五空

枯蟷螂生きる証の斧動く/栗山妙子

夏萩の花に縋りて子蟷螂/石塚友二

青蟷螂生兵法の斧を振る/高澤良一

尊大の片鱗を見る子蟷螂/高澤良一

子蟷螂蟷螂襲ふ気色あり/佐々木六戈

蟷螂生る鉱泉宿が茶殼干す/皆川盤水

蟷螂生れ神は陋巷に崇めらる/菅裸馬

子蟷螂しきりと斧をなめにけり/篠原

木落しの坂に蟷螂生れたる/小林貴子

緑眼の蟷螂生身の斧をあげ/福田蓼汀

風渡る牧の扉の子かまきり/岡村光代

そよ風に遊ばれてをり子蟷螂/太田土男

子蟷螂諭すことあり抓み上ぐ/大石悦子

尻あげて蟷螂の子は双葉かな/高木一惠

日陰より日向に出でし子蟷螂/斉藤夏風

斧あげて蟷螂の子に虎豹の気/浜中柑児

海坂や青斧かざす子かまきり/巌谷小波

みじろがぬことを稽古の子蟷螂/後藤夜半

俳句例:21句目~

子蟷螂かまって斧を向けらるる/高澤良一

子蟷螂みどりの鎌を我に向け/若林かつ子

樹の股に蟷螂生まれ風に飛ぶ/復本鬼ケ城

風に乗るまではとばされ子蟷螂/河合凱夫

魂棚やみどりまぎれず子蟷螂/千代田葛彦

ぞろぞろと仏の国の子かまきり/丸田文子

一陣の風に乗り来ぬ子かまきり/中野三允

取り込まる洗濯物に子かまきり/高澤良一

打水や萩より落ちし子かまきり/高野素十

生れてすぐ考へる貌子かまきり/関根牧草

子蟷螂の尻上げてゐる吹いてやろ/米澤光子

子蟷螂知らぬところで日が沈む/永井二三江

子かまきり薄みどり草深みどり/鈴木しげを

鎌に掬ふかまきりの子のうすみどり/中田剛

蟷螂の子のへらへらと立ちあがり/行方克巳

子かまきり鎌をあげたるをかしさよ/小松虹路

涼風や鎌ももたずて子かまきり/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ