季語/落花(らっか)を使った俳句

「落花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「落花」について

【表記】落花

【読み方】らっか

【ローマ字読み】rakka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・散る桜(ちるさくら:chirusakura)

・花吹雪(はなふぶき:hanafubuki)

・桜吹雪(さくらふぶき:sakurafubuki)

・飛花(ひか:hika)

・花散る(はなちる:hanachiru)

・花屑(はなくず:hanakuzu)

・花の塵(はなのちり:hananochiri)

季節による分類

・「ら」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

落花を含む俳句例

檻の中流るる水の落花哉/篠原

風返峠の桜吹雪かな/永方裕子

長命寺天水桶の花筏/斉藤夏風

中辺路の一つの王子花吹雪/峠

青年に落花高とぶ風の坂/原裕

影少し後れ流るる花筏/安斉君子

一村の天衣無縫の花吹雪/石嶌岳

先づ枝が揺れ一斉の花吹雪/林翔

闘ひし牛二百貫落花浴ぶ/下田稔

花屑のかたまり流れ潦/行方克巳

花屑に潜む小や上り簗/川村黄雨

しんがりに昭和一桁花筏/山崎聰

東大寺湯屋の空ゆく落花かな/目

花筏一粒神の忘れもの/高橋良子

今頃は桜吹雪の夫の墓/飯島晴子

坂町の片側塀や花吹雪/西山泊雲

世を忍ぶ男姿や花吹雪/夏目漱石

花屑や水鉢の円池の円/永井龍男

春惜む人や落花を行みどり/召波

散る花を飽食し河急ぐなし/林翔

俳句例:21句目~

花筏とぎれて花を水鏡/岩田由美

山門に落花観音堂に花/橋本榮治

投石をつつと繕ふ花筏/正藤澄雄

花筏金色の鯉潜めけり/川村紫陽

花吹雪洛北高校授業中/野澤あき

藩校の階花屑積らせて/高澤良一

花筏狐映りし池にかな/太田土男

満潮の刻となりゆく花吹雪/岸田稚

三人に落花の庭の道成寺/藤後左右

花吹雪一楽章の通り過ぎ/三好潤子

水甕に沈む落花や暮の春/野村泊月

貸しくれぬ花屑つきし墓箒/岸田稚

卒然と藪の中より花吹雪/野村泊月

春日山三月寒き落花かな/岡本松浜

林間を真一文字に花吹雪/高澤良一

波越えて~ゐる落花かな/小杉余子

花吹雪いづれも広き男の胸/桂信子

国中の水の全てに散る桜/対馬康子

二株の同じ如くに散る桜/京極杞陽

二三片落花しそめぬ苗桜/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

今昔のいろ淡墨に花吹雪/伊藤敬子

月雫落花一片づつにかな/山田弘子

鰐の尾の一撃に遇う花筏/高田菲路

風が押し流れが戻し花筏/吉原一暁

花占ひ神もし給ふ花吹雪/柴田奈美

人も亦落花しそめて慌し/高濱年尾

花屑を渡る時あり水馬/青葉三角草

飛花落花乱筆乱文にて候/櫂未知子

花屑の轍の行方太宰故地/成田千空

舌頭に俳句千転花吹雪/成瀬正とし

満身に落花一瞬世と隔つ/香西照雄

花筏湧き水の渦移りつつ/高井北杜

潦落花うかべて動きをり/高浜年尾

落花せん耳もおどろく風の音/すて

花筏流るるときに形なす/菱科光順

花埃落花交りに行手より/松藤夏山

年々や桜を肥やす花の塵/松尾芭蕉

常高き麒麟の孤独花吹雪/恩田野生

近山の桜吹雪に眠られず/森田智子

登り詰め櫻吹雪の別天地/高澤良一

俳句例:61句目~

現し世と黄泉の境の花吹雪/桂信子

先々を落花浄めり山の道/関森勝夫

花筏やぶつて鳰の顔のぞく/飴山實

学習塾花屑付けし靴並ぶ/春山道代

堂前の花屑払へ西行忌/安藤橡面坊

神田川に灌ぐ小流れ花筏/毛塚静枝

碧天を花器に泰山木の花/筏奈雅史

落花すぐ紺の上衣の青年に/杉本寛

激流に組みて棹なき花筏/柴田奈美

水平に飛ぶ雨粒と落花かな/辻桃子

川幅に夕波満ちぬ花吹雪/橋本榮治

階に池に落花の選り好み/高澤良一

飛花落花乱筆乱文にて候/櫂未知子

繽紛と飛花のとぶ方衣川/高澤良一

水口や池なりに寄せ花筏/石川桂郎

心頭に飛花落葉や秋の風/尾崎迷堂

雪囲解かぬ一戸へ花吹雪/大島民郎

長命寺塀ぞひの花吹雪かな/岸田稚

石走る水にのる時落花急/福田蓼汀

本流に出て淀みなし花筏/金堂豊子

俳句例:81句目~

大いなる暮春の落花眼前に/原石鼎

落花地に樫の山蟻道作る/松瀬青々

花吹雪職退けば一市井人/辻田克巳

金襴の帯に落花や大茶盛/館岡沙緻

落花浴びて半盲半聾の立仏/安住敦

尾道や落花甍の上流れ/冨田みのる

花吹雪抜け全速の三輪車/対馬康子

踝に落花一片つけて匍ふ/下村槐太

鶯の夜渡りに散る櫻かな/内田百間

土佐日記懐にあり散る桜/高浜虚子

花吹雪寸鉄帯びず父となる/飴山實

明け近き梟の聲や散る櫻/内田百間

亀山や尻にして来る花筏/立花北枝

散る桜眼中になく耕せり/川村紫陽

一片の落花見送る静かな/高浜虚子

扇にて酒くむ陰や散る桜/松尾芭蕉

どの葉とて蕾を舸子に花筏/林昌華

一陣の落花が壁に当る音/岸本尚毅

落花踏み歩む堤よ北上よ/高澤良一

花吹雪人の話の腰折りて/高澤良一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ