季語/柳絮(りゅうじょ)を使った俳句

「柳絮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柳絮」について

【表記】柳絮

【読み方】りゅうじょ

【ローマ字読み】ryujo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・柳の花(やなぎのはな:yanaginohana)

・柳絮飛ぶ(りゅうじょとぶ:ryujotobu)

季節による分類

・「り」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

柳絮を含む俳句例

柳絮飛ぶ狭き渓空山塞ぎ/福田蓼汀

夜は月の肌やはらかに柳絮とぶ/凍

柳絮舞ひ海へ張り出す天主堂/林翔

柳絮ふる三十三間堂の冷/百瀬美津

黄の甍青き甍に柳絮飛ぶ/福田蓼汀

柳絮とび河原明るく穂高立つ/緑生

花嫁は七つ年上柳絮飛ぶ/藤平寂信

見失ふ柳絮海坂白ければ/堀口星眠

旅にある如き淋しさ柳絮とぶ/左人

公園に一人来りし柳絮かな/野村泊月

力餅食べて柳絮を掴みけり/堀口星眠

絨緞は階へ流れて柳絮舞ふ/永井龍男

金堂のおもてを見れば柳絮とぶ/青畝

青空を輝きとべる柳絮かな/野村泊月

日月は奔流に似て柳絮とぶ/梅本弥生

馬の毛と柳絮が有刺鉄線に/中村雅樹

まぐろ船帰投す柳絮浮く汐に/及川貞

柳絮触れ洛陽の壁あかきかな/日原傳

柳絮飛び飛ぶ満月の人の中/川崎展宏

柳絮飛ぶ若き教師の殉難碑/竹村隆雄

俳句例:21句目~

ひとすぢの柳絮の流れ町を行く/普羅

ある時は柳絮に濁る山おろし/前田普羅

大空にあらはれ来る柳絮かな/高濱虚子

うつうつと石の階段柳絮とぶ/小池文子

旅鞄さげて見て居る柳絮かな/野村泊月

日本人一人も居らず柳絮とぶ/京極杞陽

月の夜の海なき国を柳絮とぶ/飯田龍太

妻を歎くも風樹の歎や柳絮飛ぶ/草田男

鑑真の船出の運河柳絮とぶ/目貫るり子

金堂の前に舞ひすむ柳絮かな/皿井旭川

寄せ書の葉書の上を柳絮飛ぶ/高浜虚子

胡弓弾くごとし柳絮の流れゆく/高島茂

柳絮飛ぶなかの鎌倉似非文士/皆川白陀

木曾馬の涙目ほそく柳絮飛ぶ/澤田緑生

空腹や万の柳絮に飛ばれをり/皆川白陀

むかし公卿の鉄漿の口柳絮とぶ/針呆介

グリークの墓岩壁に柳絮舞ふ/石原八束

遊船に鼓を運びをり柳絮とぶ/原田青児

柳絮おふ家禽に空は夕焼けぬ/飯田蛇笏

中央寺院の天にてりて柳絮とぶ/蛇笏/

俳句例:41句目~

玄関に出て人を待つ夜の柳絮/京極杞陽

二十六聖少年ことに柳絮舞ふ/堀口星眠

札幌の夜もとびをる柳絮かな/唐笠何蝶

火の山へ一斉に向く柳絮かな/阿部慧月

新天地拓くごとくに柳絮とぶ/遠藤睦子

古町や玉なす柳絮地を走り/鈴木千恵子

古萱の丈おそろしき柳絮かな/石田勝彦

歌ふごと柳絮流るる森の奥/文挟夫佐恵

槍見ゆる槍見河原に柳絮飛ぶ/福田蓼汀

柳絮飛ぶ詠人知らず諳じて/佐々木六戈

柳絮飛び別れ来し人思ひけり/韓/瑞穂

柳絮とぶ役の行者の生れし村/田中英子

柳絮とび野守の池と聞くあはれ/菅沼玲胡

飛ぶものは白くて強し柳絮と蝶/西東三鬼

かたまりて落ちし柳絮に土硬し/星野立子

ころげゆく柳絮の毬に朱壁あり/原田青児

さながらに柳絮吹雪の虚空かな/福田蓼汀

とらへたる柳絮を風に戻しけり/稲畑汀子

ボート来て柳絮の水を分ちけり/高濱年尾

人に来て人に触れざる柳絮かな/前田普羅

俳句例:61句目~

去りがたき心にいよゝ柳絮とぶ/坊城中子

夜の水の柳絮浮べてしづかなり/高浜年尾

夜の闇に柳絮は今もとびゐるや/高木晴子

奔湍にかかり柳絮のためらはず/伊藤孝一

奥の湯の柳絮吹雪に着きにけり/堀口星眠

心あるごとく柳絮の手を逃げし/山本歩禅

旅なればみんな早起き柳絮飛ぶ/溝口博子

柳絮とぶヨガ教室の昼下がり/福田甲子雄

河原鶸翔けて柳絮にまぎれけり/堀口星眠

月盈ちし明るさ柳絮見えて飛ぶ/小林康治

本店の支店に替はる柳絮かな/後藤軒太郎

柳絮舞ふ天に吊尾根揺るぎなし/橋本榮治

柳絮舞ふ子らの未来を愛しめば/堀口星眠

柳絮飛ぶつぎつぎ風の筋見ゆる/山口草堂

柳絮とぶ道の眞中に立ちて見る/高野素十

眼の前をついと上りし柳絮かな/野村泊月

空青し柳絮とどまることなさず/下村梅子

窓際に来てたゆたへる柳絮かな/野村泊月

旧城市柳絮とぶことしきりなり/高浜虚子

岸の樹の又噴き出でし柳絮かな/野村泊月

俳句例:81句目~

警察署まへに柳絮のとぶことも/長谷川双

穂高さへやさしきゆふべ柳絮舞ふ/堀口星眠

おもむろに窓に入り来る柳絮かな/高濱虚子

尾根を越す柳絮の風の見えにけり/前田普羅

まつすぐに立ち上りたる柳絮かな/野村泊月

君の訃のもたらせるかに柳絮飛ぶ/佐藤眉峰

池の面を這ひわたりゆく柳絮かな/野村泊月

晴れ上がる柳絮飛びゆく軽さまだ/猪子青芽

沼からの柳絮に障子あけられず/石井とし夫

北見の日柳絮をそめて落つるなり/山口青邨

乾陵へ驢馬と別るる柳絮さかな/山田みづえ

柳絮軽し手より遁るる如くとぶ/久保ゐの吉

着なれたる支那服かるし柳絮舞ふ/下村梅子

サボールの天にかかりて柳絮とぶ/飯田蛇笏

まどかなる月をよぎれる柳絮あり/山本歩禅

旅たのし柳絮しきりにとべばなほ/高濱年尾

胸に火の廻りし死者へ柳絮飛ぶ/磯貝碧蹄館

柳絮まだとばず瀞の日澄めりけり/西本一都

柳絮飛ぶ橋のたもとのポストかな/黒沼草生

赤き帆はルオ-の墓標柳絮飛ぶ/佐怒賀正美

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ