季語/立冬(りっとう)を使った俳句

「立冬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「立冬」について

【表記】立冬

【読み方】りっとう

【ローマ字読み】ritto

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬立つ(ふゆたつ:fuyutatsu)

・冬に入る(ふゆにいる:fuyuniiru)

・冬来る(ふゆきたる:fuyukitaru)

・今朝の冬(けさのふゆ:kesanofuyu)

季節による分類

・「り」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

立冬を含む俳句例

床闇し俄虚虫今朝の冬/調古

水音、冬が来ている/住宅顕信

立冬や老の手力杭を抜く/林翔

外人の働く日本冬に入る/内野修

家家に橙重し今朝の冬/高橋睦郎

冬来る柊の葉のつや/栗林一石路

柊の花つめたさよ今朝の冬/篠原

柊の華立冬の華として/後藤夜半

立冬の白波遠く念珠置く/桂信子

冬に入る山国の紺女学生/森澄雄

立冬や足許にきて動く波/桂信子

立冬や螺髪の渦に塵たまり/黛執

立冬の雨筋道の端にあり/岸田稚

西陣の低き瓦や冬に入る/那須淳男

老杉を楯とし庵冬に入る/館岡沙緻

立冬の厨に乾くかまど神/黒米満男

家持の浪見荒磯や冬に入る/坂井建

立冬の空美しく柚子日和/西本一都

山に冬来ると騒げる寺烏/高木晴子

山に冬来れり葱は直立す/村越化石

俳句例:21句目~

糸屑を払うや冬に入る麓/橋石和栲

立冬の木の影遊ぶ芝の上/木下夕爾

百姓に花瓶売りけり今朝の冬/蕪村

冬来ると夕焼烈し猟師町/小川幸子

冬来ると心用心深くなる/西村和子

立冬の石巻き返す波の腹/加藤耕子

冬来ると欅の聰明椨の鈍/高澤良一

水甕の水に浮く塵冬に入る/桂信子

戞々と冬来ると聴く風の夜は/林翔

冬来るや庭の箒の新しき/小澤碧童

水中に滝深く落ち冬に入る/桂信子

立冬の女生きいき両手に荷/岡本眸

雲水に四条大橋冬来たる/岩崎照子

樵小屋水音細く冬に入る/栗原澄子

叩き染して立冬の竃の火/古舘曹人

冬来る楔をたたく漢かな/中島龍子

立冬の寝墓踏む足驚きぬ/小林康治

隼人瓜姿無類の冬に入る/高澤良一

隠沼は処女の瞳冬に入る/石原舟月

赤城山総落葉して冬来たり/原田喬

俳句例:41句目~

冬に入る平等院の水の皺/原コウ子

立冬の万年床を出できたる/辻桃子

翅開き荒鵜冬来る崖歩む/西村公鳳

鉄の町黙し続けて冬に入る/吉田功

健康な心を保ち冬に入る/奥田智久

冬立ちぬ奈落稲妻型の梯/西本一都

冬に入りて柿猶渋し此心/子規句集

冬立つと口を揃えて町雀/高澤良一

跳箱の突手一瞬冬が来る/友岡子郷

立冬の旗竿に旗旗に風/佐々木六戈

立冬や葎一つを日溜りに/村越化石

立冬の凜々たるは竹檜/伊丹さち子

砂よけや蜑のかたへの冬立木/凡兆

立冬や紺の上衣に紺の闇/飯田龍太

立冬や深夜に運ぶ伝書鳩/小口理市

立冬の風揉み出す樟大樹/宮津昭彦

好色の書に深窓の冬来る/飯田蛇笏

立冬の雨を力に風吹けり/長谷川双

立冬の雀が降るよ藁の上/白岩三郎

電線の花とも今朝の冬鴎/石塚友二

俳句例:61句目~

立冬の風吹く駅を教へけり/嶋田麻紀

あたたかき立冬を掃く高箒/鈴木路世

立冬やさざなみたちて藪の色/岸田稚

山国の山包む雲や今朝の冬/籾山柑子

山の音山へかへりて冬に入る/石嶌岳

立冬や山苞へかほつややかな/中田剛

けふ立冬癌を病む友言ふ静か/及川貞

立冬や火入れ間近き登り窯/吉田彌生

立冬や真竹の縄目締め揃へ/加藤耕子

絵葉書を買ふ立冬の立石寺/岡田史乃

罫書工黙す鐵板に深冬来し/内藤吐天

今朝冬や柑園にとぶ海の鳥/西島麦南

一樹なき墓の三鬼に冬立てり/神蔵器

貫入は器の叫び冬立てり/板倉寿美江

冬に入る海気曇りぬ鶏頭に/内藤吐天

庭芝の今が手入や冬に入る/高濱年尾

性根据え大椨冬を迎へけり/高澤良一

齢のみ自己新記録冬に入る/三橋敏雄

婆のせて小さき莚冬に入る/長谷川双

斧あてし枝の切口冬に入る/山口誓子

俳句例:81句目~

杣が家の一畑五菜冬に入る/白井爽風

門灯を消す立冬の暁の色/村山砂田男

水底の極楽冬に入りにけり/清水基吉

洗ひ場に束子が一つ冬に入る/大串章

渋柿の我もの顔や冬に入る/佐藤春夫

白樺の巣箱傾き冬に入る/柳沢たみ子

音たてて立冬の道掃かれけり/岸田稚

冬来る薔薇園穴を増しつつ/原田青児

墨を磨る心しづかに冬に入る/桂信子

冬来れば母の手織の紺深し/細見綾子

石弓で眼白落しぬ今朝の冬/吉田冬葉

冬立ちて十日猫背の鵙雀/橋本多佳子

空真青水の底まで冬が来て/菅原章風

窓を打つ六甲颪今朝の冬/稲畑廣太郎

網走の小駅無人に冬に入る/有賀玲子

美しき鯛貰ひけり今朝の冬/村山古郷

運針のすすむ白布や冬に入る/井上雪

冬立つや背中合せの宮と寺/正岡子規

堂塔の影を正して冬に入る/中川宋淵

冬立つや蜻蛉数匹乱舞して/相馬遷子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ