季語/鷹狩(たかがり)を使った俳句

「鷹狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鷹狩」について

【表記】鷹狩

【読み方】たかがり

【ローマ字読み】takagari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鷹野(たかの:takano)

・放鷹(ほうよう:hoyo)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鷹狩を含む俳句例

鷹狩の道にひきたる蕪哉/蕉笠

葬礼の片寄て行く鷹野かな/也有

装束は黒にきはむる鷹野哉/浪化

鷹狩のすみたる空の鳶鴉/森桂樹楼

鷹狩の獲物の鶴を賜りぬ/高浜虚子

鷹狩や遠野に白き神の山/奥村治夫

前髪に雪降りかゝる鷹野かな/吏明

井伊殿の御拳見ばや小鷹狩/高井几董

狩山へ瞳をしぼる仕込鷹/平井さち子

鷹狩の借景となり雑木山/穂積カネ子

鷹狩の闇の底より鷹の鈴/松井慶太郎

鷹狩や予陽の太守武を好む/正岡子規

鷹狩や宮司は今日も案内役/井上井月

鷹狩や小勢なれども三河衆/中川四明

鷹狩に使ひし鈴を家宝とす/瀧澤伊代次

鷹狩や時雨にあひし鷹のつら/夏目漱石

鷹狩を終へたばかりの瞳する/櫂未知子

冷めしの霰たばしる鷹野かな/黒柳召波

急流に従うてゆく鷹野かな/藤本美和子

狩終へし鷹雄ざかりの胸美しき/高久清美

俳句例:21句目~

鷹狩の鷹飢ゑし眼をかがやかす/茨木和生

放鷹の果てたる雪の血ぬられし/野沢美代子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ