季語/炉開(ろびらき)を使った俳句

「炉開」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「炉開」について

【表記】炉開

【読み方】ろびらき

【ローマ字読み】robiraki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・囲炉裏開く(いろりひらく:irorihiraku)

季節による分類

・「ろ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

炉開を含む俳句例

炉開や炭の香守る人の顔/霞夫

炉開や早かれと思ふ鉢の梅/梧月

炉開や左官老い行く鬢の霜/芭蕉

炉開や家敷家敷へ花売女/伊藤観

炉開や世に遁たる夫婦合/炭太祇

炉開の畳に袂ひと流れ/井沢正江

炉開や紅裏見ゆる老のさび/几董

炉開や炉塞ぐ頃の嶺の花/尾崎迷堂

炉を開く遠野に遠野物語/角川春樹

炉開いて人を讃へん心かな/原石鼎

僧帰山待ちて山寺炉を開く/安原葉

炉開や我に出家の心あり/正岡子規

炉開きの盃一つ横ころげ/川崎展宏

炉開に一日雇ふ大工かな/子規句集

炉開けば秀次殿の使かな/石井露月

炉開や天目古りし孤蓬庵/中川四明

誰彼を心に遠く炉を開く/河合嵯峨

炉開きや炭も桜の帰り花/正岡子規

炉開きや左官老い行く鬢の霜/芭蕉

炉開の天に小声の雀たち/九鬼あきゑ

俳句例:21句目~

厨には南瓜切る音炉を開く/木村蕪城

聴く事の先師に残る炉を開く/森白象

鷹の羽の一枚帚炉を開く/松原赤実果

暦を見て炉を開く日の暖き/中野其村

空林に斧の響や炉を開く/大谷碧雲居

炉開や蜘蛛動かざる灰の上/高浜虚子

炉開の猫も処を得たりけり/高浜虚子

炉を開き月下氷人招じけり/山田弘子

炉を開く二番亥の子の暖き/高浜虚子

炉開きの明日へ音たて畳拭く/秋山素子

とく参じたれば庭掃き炉開に/皆吉爽雨

山深き生活欠かせぬ炉を開く/稲畑汀子

炉開きや灰をならせば灰匂ひ/新井悠二

炉開きや鯉まろまろと自在鉤/八染藍子

炉開きや鴉ひらたく地平ゆく/吉田紫乃

夜泊りの石を眺めに炉を開く/紀藤道女

炉開のほとけの鉦を一つかな/小原啄葉

炉開やこゝに比叡の枯木焚く/千家元麿

炉開や庭はあらしの縦を吹く/黒柳召波

留錫の僧に開きし上炉かな/千代田祥雲

俳句例:41句目~

御本山よりの使僧に炉を開く/細川子生

阿武隈に夕日洽き炉を開く/加倉井秋を

朝寒のまだ開かれぬ切炉かな/堀内雄之

沢庵の百首の冬や炉を開く/筏井竹の門

湖岸打つ波音その夜炉を開く/中嶋秀子

湯治客少なくなりし炉を開く/滝沢鶯衣

炉開いてとみに冬めく畳かな/日野草城

炉開いて美しき火を移しけり/日野草城

炉開いて重き火箸を愛しけり/後藤夜半

炉開の一片の焔にはじまれり/近藤一鴻

炉開きのほそき煙りや小倉山/飯田蛇笏

たのもしや炉を開きたる一間あり/森澄雄

炉開や少しの弟子に小豆煮て/山崎不二子

炉開きしその夜の雨も聴くべかり/上村占

炉開きと使者来しけり長者より/羅蘇山人

炉開きといふも藁灰足せしのみ/八染藍子

妻の炉を開き書屋の炉を開く/深m正一郎

富士隠す雨となりたり炉を開く/下村非文

小さき炉開いて妻と二人きり/門岡/一笑

炉開いて灰のこゞりを崩しけり/鈴木藍川

俳句例:61句目~

御遺墨の一軸をもて炉を開く/河田たき子

炉開を楽しむ齢となりにけり/大橋越央子

炉開いてほんの少しの塵を掃く/星野立子

炉開いて僧呼び入るる遊女かな/正岡子規

炉開きやつくばひ苔をこまやかに/及川貞

炉開きや姉からとゞく見舞状/小酒井不木

炉開きの炭寄り添ふに風の音/櫛原希伊子

炉開の日をしめし野の土菜かな/服部嵐雪

炉開きの山農庵に招かるる/中川/みさゑ

炉開きの妻にふえたる童弟子/中戸川朝人

炉開も老のすさびの一事たり/大橋越央子

炉開きや鵯がきてゐる梅もどき/石原舟月

炉を開きつねに一処を守るかな/近藤一鴻

炉開くや湯の花採りの一家族/石橋辰之助

身にあまる仕事片方に炉を開く/金堂豊子

我が影を膝になじませ炉を開く/西村雁苑

住吉の道のべの宿や炉をひらく/飯田蛇笏

掻きひらく炉の燠誰を照し出す/三橋敏雄

新居の炉開きて在らぬひと一人/中戸川朝人

炉を開く灰のぬくみを掌に残し/鴨志田海月

俳句例:81句目~

炉を開くころの芭蕉に風しきり/梅原悠紀子

海に住みて海を忘るゝ炉を開く/鈴木真砂女

炉開くにつけても招くことが好き/山田弘子

白鞘を出づる小太刀や炉を開く/後藤比奈夫

来合はせし母を客とし炉を開く/明石春潮子

老の顔はなやぎて炉を開きけり/今井つる女

ふるさとの母の来る日に炉を開く/田島蔦子

人泊めてもてなしの炉を開きけり/鈴木花蓑

開かれし炉あり炉辺に何もなし/松本たかし

開かれし炉にあり父に似たりけり/藤後左右

開きたる炉と樽酒にもてなされ/鈴木はる子

受験の子去りがての炉を開きけり/村上光子

年古りし釜いたはりつ炉を開く/小林ふく子

炉開きやしづかに灰の冷えてゐし/野村喜舟

炉開きの里初富士おもふあしたかな/椎本才麿

炉開いて灰つめたく火消えんとす/河東碧梧桐

炉開けば遥かに春意あるに似たり/松本たかし

開きたる炉をこれよりの寄りどころ/高橋春灯

炉開やいくさなかりし日のごとく/加藤知世子

わがことにわがうべなひて炉を開く/橋本鶏二

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ