季語/豆撒(まめまき)を使った俳句

「豆撒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豆撒」について

【表記】豆撒

【読み方】まめまき

【ローマ字読み】mamemaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・年女(としおんな:toshionna)

・福豆(ふくまめ:fukumame)

・年取豆(としとりまめ:toshitorimame)

・年の豆(としのまめ:toshinomame)

・鬼打豆(おにうちまめ:oniuchimame)

・鬼の豆(おにのまめ:oninomame)

・豆打(まめうち:mameuchi)

・豆はやす(まめはやす:mamehayasu)

・福は内(ふくはうち:fukuhauchi)

・鬼は外(おにはそと:onihasoto)

季節による分類

・「ま」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

豆撒を含む俳句例

松明に導かれたる年男/橋本薫

年男交代をして豆拾ふ/山田節子

大銀杏隆と曙豆を撒く/高澤良一

五段目の楮承りぬ年男/尾崎紅葉

節の豆宙に童の眼もをどる/林翔

年男胡坐して謡一番す/大野洒竹

鬼は外日光笹の隈光り/平畑静塔

年男我が候ふや竃の火/石井露月

年男われ俳諧の鬼たらむ/西本一都

志す花鳥諷詠豆を撒く/大久保橙青

年男まだ屯せる幕屋の灯/久米正雄

竃神在します闇へ年の豆/内貴白羊

窯裏の闇に一擲年の豆/岸川鼓蟲子

鬼打の豆はねかへす堂柱/赤坂邦子

豆撒きの手を守りゐる炬燵人/原裕

豆撒きの昔電燈暗かりき/川崎展宏

豆撒の鬼に教師ら借出さる/樋笠文

艀妻暗き海へも豆を撒く/塩川雄三

豆撒をし居る二階の障子かな/篠原

豆打つて我生国の直中に/折井紀衣

俳句例:21句目~

朝焚かむもの竹叢に年男/石川桂郎

追儺会の昼酒に酔ふ年男/水原春郎

かい抱く大三宝や年男/松木たかし

神風の伊勢に生れて年男/角田竹冷

年男務め申さん病歴古り/時田雨耕

年男飲めば痛快男子かな/相島虚吼

年の豆妻に嘘ある昔かな/玉越琅々

父の眉の一毛長し年の豆/皆川白陀

豆撒が済んで地主の榎星/久米正雄

年の豆礫を跳ねし神の杉/松本秩陵

鏡台の端にひとつぶ年の豆/石寒太

年の豆手にまろばせて病よき/林翔

糶りし闇に追儺の豆を撒く/鈴木夢亭

年上の弟子ばかり持つ年男/米沢恵子

海道のくらき昔の年の豆/百合山羽公

六十の面映えほのと年男/下村ひろし

恐るべき八十粒や年の豆/相生垣瓜人

勉強の嫌ひな鬼が豆を撒く/市村芳子

年の豆わが半生をひと握り/藤田郁子

国宝の塔の上より豆を撒く/若林北窗

俳句例:41句目~

ふところの中の腕組み年男/鷹羽狩行

豆撒くに童話の鬼のみ遁走す/穴井太

夜の海に向ひて家舟豆を撒く/宮閑子

鬼の豆閾に入れる知命かな/宮坂静生

鬼の豆とびかふ三十六歌仙/西本一都

福豆へ萬の手春を呼ぶ光/小松崎爽青

豆撒くや老の眼鏡の東門居/石塚友二

関取の手を放れたる年の豆/高澤良一

吉田屋の畳にふみぬ年の豆/高浜虚子

母が撒く豆の八十庭の闇/古賀まり子

豆を撒き闇に当りし音ありぬ/塙告冬

病む腕が生涯の腕豆を撒く/佐野美智

病室に豆撒きて妻帰りけり/石田波郷

石手寺や年の豆炒る外竃/葛岡伊佐緒

年の矢種尽きて打物や除夜の豆/露宿

猿茸二斗飲むたより年の豆/巌谷小波

豆を撒く声兵に似て兵の父/萩原麦草

豆撒く闇鬼美しく育ちきし/豊田都峰

気合入れ初みくじひく年男/中村純代

喪の家や埃にまじる年の豆/石橋秀野

俳句例:61句目~

暗闇の谷へ豆撒く吉野建/山口貴志子

若やぎし聲なみだてて福は内/上村占

年男鬼の顔して戻り来る/武田日出夫

年の豆我盃中に落ちにけり/相島虚吼

豆撒いて何かはなやぐ兄弟/山崎一枝

絨毯の真紅に年の豆こぼれ/大野紫水

追儺豆雨戸二枚の鬼を打つ/松山足羽

年の豆掃き落したる水の音/岡本松浜

豆打てば幻影走る吹雪かな/渡辺水巴

興福寺前が暗くて豆を撒く/中川秀司

灼熱の鬼こそ出づれ豆打てり/辻桃子

なぶらるゝ覚悟もしたり年男/尾崎紅葉

ゆきむしをまとひ窶れの年男/上田笛男

古稀過ぎの貌煤けたる年男/下村ひろし

可笑しさを絞り出したる年男/清水昇子

年男忌や虚子記念館第一歩/稲畑廣太郎

ロボツトと働き帰り豆を撒く/大木石子

年男松のしづれをあびにけり/高田蝶衣

年男追儺神楽にはやも酔ふ/下村ひろし

綱引きの年男とて恵比須面/沢崎ゆきえ

俳句例:81句目~

酒飲めず来て年男たり得るや/杉山岳陽

うき人の閨に豆打つ二つかみ/尾崎紅葉

働きて打たれし豆を踏み戻る/佐野美智

呟きて独りの豆を撒きにけり/小坂順子

声あげて今年も一人豆を撒く/広津幾代

年の豆打ちて椿の葉をならす/関戸靖子

病む父の鬱の虫出よ豆打たむ/大石悦子

夢に来て豆撒のこと父が言ふ/大石悦子

女優来て撒く追儺豆遠く飛ぶ/大野美幸

竹鳴つて鬼打ち豆や雪に散る/石川桂郎

年男さすれば龍となり舞はん/高澤良一

豆打ちて師の忌の真闇虔めり/藤木倶子

少年の声変りして豆を撒く/久保田洋子

山神に供へし豆を山へ撒く/殿村菟絲子

鬼もまた心のかたち豆を打つ/中原道夫

われに棲むその時どきの鬼は外/夏礼子

川沿ひの家は川面へ鬼は外/下村ひろし

豆撒いて人くさき闇乱したり/百瀬美津

福は内猿の腰かけあまた来て/巌谷小波

裏声になつてしまひし鬼は外/内田美紗

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ