季語/雉(きじ)を使った俳句

「雉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雉」について

【表記】雉

【読み方】きじ

【ローマ字読み】kiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・きぎす(きぎす:kigisu)

・きぎし(きぎし:kigishi)

・雉のほろろ(きじのほろろ:kijinohororo)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

雉を含む俳句例

大峯や桜の底の雉の声/李由

物かげに雉の光や春の雨/涼袋

天日を冠として雉歩く/原田喬

広き野を只一呑や雉の声/鳳仭

柴刈に砦を出るや雉の聲/蕪村

あさましや谺も同じ雉の声/半捨

雉子鳴く渓より暗き蹠より/原裕

城山に雉子出でけり小六月/山店

名月や何に驚く雉の声/京-示右

大峰の法の灯や雉子の声/山梔子

雉打て帰る家路の日は高し/蕪村

父母のしきりに恋し雉子の声/芭蕉

裏山の光る雉とぞ契らん/夏石番矢

雉子鳴くや草の武蔵の八平氏/蕪村

家々や雉子としもなく赤豆飯/移竹

草籠の蔭に雉子や春の山/飯田蛇笏

二声は同じ雉なり草の中/藤野古白

雉子の啼く鏡のおくや天の原/園女

雉啼くや目覚の早き牧泊/遠藤孝作

帰りなむ鄙野雉鳴く妻恋に/稲岡長

俳句例:21句目~

紅裏は屋敷女中歟遠雉子/高井几董

群青のすぢひいて雉翔りけり/林徹

日の神へ元服告ぐる雉の声/田中保

春暮るる雉子の頬の真紅/福田蓼汀

春蘭やけんけん雉子も杉の奥/友二

麦蒔や雉の飛び出し桑畑/藤井紫影

暁の雉子にさめけり猿のかほ/関河

肩に掛く雉を綾とも狩衣/平松措大

朝雉子や吾は芥をすてゝゐし/綾子

雉子啼いて跡は鍬うつ光かな/青蘿

板敷に投出す雉の血汐哉/松瀬青々

むくと起て雉追ふ犬や寶でら/蕪村

雌雉をかこみて襲ふ寒烏/石原八束

雪解や赤が赫く雉子の顔/野村喜舟

鶏のやうに歩くか山の雉/右城暮石

雉子歩く火気厳禁の指定林/塩川祐子

初雪の市にうらばや雉子兎/水田正秀

雉子撃たる旗の如くに翻り/亀田竜子

獣苑に鳴きて短き雉子の声/右城暮石

遲キ日や雉子の下りゐる橋の上/蕪村

俳句例:41句目~

尾をかはす雉の番や台の上/子規句集

剥製の雉子に風ふく半夏生/南部憲吉

加行僧に水源林の雉子の声/田中英子

雉子の頭は炎の鏃野を走る/古舘曹人

雉子啼や砥石切出す梅ケ畑/中川四明

雉子啼て跡は鍬うつ光かな/松岡青蘿

南暗く雉も少女もいつか玉/金子兜太

一声は閻羅が咳か寒の雉子/北原白秋

草山の枯色撃ちて雉仕止む/津田清子

遅き日や雉子の下り居る橋の上/蕪村

移り鳴く雉の声せり葡萄園/猪股洋子

万愚節矮鶏抱卵の雉子孵り/小西藤満

連絡兵雉下げて来る分哨地/椎橋清翠

雉子啼き轍くひこむ裾野径/前田普羅

乳呑子の耳の早さや雉子の声/りん女

五箇山の豆腐硬しと夕雉子/四條五郎

雉子鳴くや島を揺りて松林/古舘曹人

谷の雉さけび囮をおびやかす/瀧春一

山寺や雉子も磐もまれ~に/尾崎迷堂

山川の岸拍つ波や雉子飛ぶ/石井露月

俳句例:61句目~

山畑に頬朱くして雉子走る/飯村周子

山百合の群落雉の子が育つ/松村蒼石

身構へし雉の細身の剣なす/有馬籌子

山道や人去て雉あらはるゝ/正岡子規

雉ロの溲瓶の始末残りけり/高田蝶衣

崖上の豆畑雉子が呆け遊ぶ/細見綾子

川までは能の歩みの雉子かな/鏡茂子

己が音に驚き顔の雉子かな/松岡青蘿

市中や逃げて雉飛ぶ夜の雨/会津八一

うつくしき顔かく雉子の距かな/其角

誰ためぞ築地を垂るる花桜/五車反古

雉を待つ仏には水絶やさずに/原田喬

雉もめば雉に寒燈のぼりくる/北光星

雉子鳴く四山を籬木地の村/加藤耕子

抱卵の雉に業火のあがりけり/原田喬

絶壁を飛んでゆく雨夕雉子/古舘曹人

雉子鳴くや関八州を一呑に/小林一茶

雉の尾の一直線に川渡る/長瀬きよ子

再燃の芥火雉子も一鳴きす/村越化石

早飯の木挽の父よ雉子鳴く/榎本愛子

俳句例:81句目~

行燈に食喰ふ頃や雉の声/尾張-鼠弾

聲は鵙雉子の朱が見ゆ野鳥園/及川貞

雉子の声青嵐をも劈けり/相生垣瓜人

雉子鳴いて天平甍風おろす/伊藤京子

雉子鳴いて厨口より友の顔/堀口星眠

雉子飛ぶや望遠鏡の夕日影/角田竹冷

朝の虹森の彼方に雉子孵り/松村蒼石

雉子の声沁みて山脈あはれなり/龍太

朝雉子はた庭鳥のなく小村/三好達治

草山に顔おし入れて雉子のなく/一茶

隠すべき事もあれなり雉の声/千代尼

雉子追ふて呵られて出る畠哉/炭太祇

松山の篠の中とも雉子かな/尾崎迷堂

蓬灼け雉子は卵生みおとす/松村蒼石

出逢ひたる雉に従ふ雌を見ず/森田峠

夕雉子いつまで明き乗鞍ぞ/岡田貞峰

薄霞雉子は一谿越えにけり/幸田露伴

藪陰をはなれし舟や雉の聲/内田百間

雉の尾のやさしくさはる菫かな/秋色

泊り山夢見る雉の声すなり/正岡子規

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ