季語/春北風(はるきた/はるならい)を使った俳句

「春北風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春北風」について

【表記】春北風

【読み方】はるきた/はるならい

【ローマ字読み】harukita

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春北風を含む俳句例

太陽にしろがねの環春北風/森澄雄

陸中に破船亭あり春北風/矢島渚男

春北風へ揺れ紅型の伸子張/奈良文夫

空罐の日を切りかへす春北風/上村占

セザンヌの描きし色味春北風/新山郁子

山に住み時をはかなむ春北風/飯田蛇笏

春北風や海峡抜ける旭日旗/山本慶一郎

春北風山国棲みをはかなみて/飯田蛇笏

春北風樒さしたる地にあらぶ/飯田蛇笏

春北風機影の韻きあしたより/飯田蛇笏

春北風白嶽の陽を吹きゆがむ/飯田蛇笏

海のもの軋ませてをり春北風/伊藤通明

艶聞に火のついてゐる春北風/鈴木節子

あきなひの小物ならべて春北風/長谷川双

椎の木は弔辞聞く木か春北風/須山おもと

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ