季語/鯖雲(さばぐも)を使った俳句

「鯖雲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯖雲」について

【表記】鯖雲

【読み方】さばぐも

【ローマ字読み】sabagumo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鯖雲を含む俳句例

鯖雲に入り船を待つ女衆/石川桂郎

鯖雲の鱗数へて観覧車/大塚とめ子

鯖雲や乾ききつたる岩の群/有働亨

鯖雲や地の淋しさの一風車/有働亨

鯖雲や大神風のこと語る/河野静雲

鯖雲や放牛数へては忘れ/高橋美都

鯖雲や薬代にて追はれをり/有働亨

鰻放流沖の鯖雲底光る/百合山羽公

御陣乗太鼓沖の鯖雲縞粗く/奈良文夫

鯖雲もすでに大鱗冬立つ日/福永耕二

鯖雲や四十の行路見えかくる/登四郎

ひたひたと月の鯖雲一命終/鳥居美智子

鯖雲やまとめ買ひせり竹箒/藤本新松子

鯖雲や愚かに恃む髪黒きを/千代田葛彦

鯖雲の夜も広ごれり父癒えよ/天田牽牛子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ