季語/浮塵子(うんか)を使った俳句

「浮塵子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「浮塵子」について

【表記】浮塵子

【読み方】うんか

【ローマ字読み】unka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・糠蠅(ぬかばえ:nukabae)

・泡虫(あわむし:awamushi)

・実盛虫(さねもりむし:sanemorimushi)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

浮塵子を含む俳句例

豊年や橘寺に浮塵子充ち/服部鹿頭矢

象潟は浮塵子退治の煙かな/岸本尚毅

農協の浮塵子防除の広報車/大隈草生

一日の猶予もならず浮塵子駆除/城萍花

夜の浮塵子迫害の頭を集め/高野ムツオ

日の暑さ盥の底の浮塵子かな/野澤凡兆

昼の湖とろりと浮塵子発生報/山本古瓢

浮塵子出て一枚の田を早刈す/粟賀風因

実盛虫送りし月の瀬鳴りかな/宮岡計次

大正池雨にもめげず浮塵子飛ぶ/高澤良一

実朝の亡霊といふ浮塵子群れ/堀内ひろし

浮塵子来て未だ白紙の稿横這ふ/岡本圭岳

浮塵子来て鼓打つなり夜の障子/石塚友二

浮塵子田の畦に座りて女房泣く/宮野寸青

減反の田のいづこより夜の浮塵子/杉良介

六月の空焼けて飛ぶ浮塵子かな/大須賀乙字

卓に這ふ浮塵子見て酌む厭世家/田川飛旅子

手刈せる浮塵子の稲のはかどらず/来嶋浪女

浮塵子きてわが逼塞にみどり見す/村上冬燕

浮塵子せく戸に総がかり湯の客も/木津柳芽

俳句例:21句目~

浮塵子とぶ門に首入れ馬車が着く/田村了咲

赤ん坊しづかにあれば浮塵子かな/岸本尚毅

喪の家に浮塵子まつはる別れかな/石田あき子

この頃や浮塵子ばかりが灯を取りに/小佐野博史

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ