季語/冴返る(さえかえる)を使った俳句

「冴返る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冴返る」について

【表記】冴返る

【読み方】さえかえる

【ローマ字読み】saekaeru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冱返る(いてかえる:itekaeru)

・しみ返る(しみかえる:shimikaeru)

・寒返る(かんかえる:kankaeru)

・寒もどり(かんもどり:kammodori)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

冴返るを含む俳句例

冴返り礼儀全き老教師/林翔

磐根や一高放歌冴返る/齋藤玄

冴返る檜のなかの翌檜/小澤實

真青な木賊の色や冴返る/漱石

沢水の面持暗く冴返る/今泉貞鳳

赤信号滅法長し冴返る/高橋秀夫

青松が森の稜線冴返る/石田波郷

五六丈滝冴え返る月夜かな/蓼太

冴返る音や霰の十粒程/子規句集

冴え返る三十三間堂の端/岸田稚

一瞬時海山暗し冴返り/瀧井孝作

今生や花三椏に戻り寒/塚本邦雄

靴底に暗渠響き冴返る/長崎洋子

校正の朱を八方へ冴返る/福永耕二

某の乱行に似て冴返る/相生垣瓜人

いく春秋偲ぶ交り冴返る/桑田青虎

誓子逝く荒星煌と冴返り/伊東宏晃

本願寺二百三畳冴返る/稲垣美知子

衰へしいのちを張れば冴返る/草城

冴返る野天に石の御百体/鈴木花蓑

俳句例:21句目~

ただ一日ゆるす懶惰に冴返る/林翔

落葉松に月の切先冴返る/根岸善雄

冴返る埠頭に並ぶ輸入材/宇野直治

一高処踏む風紋ぞ冴返る/石川桂郎

花のことば水のことばと冴返る/裕

冴返る夜も恋故の通ひ猫/石塚友二

背戸中は冴え返りけり田螺殻/丈岬

冴え返る沓音高しお水取/石井桐陰

石と亀ともに動かず冴返る/森田峠

一人だけ酒呑童子や冴返り/飴山實

一本の薄紅梅に冴え返る/高浜虚子

嵐山の稜線天に冴返る/粟津松彩子

冴え返る空灰色に凧一つ/会津八一

島移る林響もなし冴返る/高田蝶衣

収まらぬ溝板一枚戻り寒/奈良文夫

上品の一佛の掌の冴返る/青木重行

対岸に一灯ともり冴返る/大西比呂

目の玉を剔りて風の冴返る/上村占

冴え返る面魂は誰にありや/草田男

冴返る万の足痕過密都市/寺井谷子

俳句例:41句目~

凍返る瀧の不動の面構/野間ひろし

冴返る机辺整理は喪の如し/安住敦

飜然と又敢然と冴返る/相生垣瓜人

冴返る丹色剥げたる太柱/西村和子

冴返る二三日あり沈丁花/高野素十

父母の同じ年忌や戻り寒/水越菖石

鳥移る林響もなし冴返る/高田蝶衣

桑の瘤四方へ瞠き冴返る/永方裕子

冴えかへる鳥籠被ふ白き布/中田剛

黒板に残す数式冴返る/小野恵美子

還暦の春に酒なし冴えかへる/中勘助

誰一人通らぬ町の冴え返る/藤田静水

凍返る星ほろ~と吾子生る/佐藤賢一

冴返るささくれ妙義紺青に/堀口星眠

ちちの机ははの鏡よ冴返る/北川泰子

胸うすき百済観音冴返る/川崎美知子

ももいろの一生傷も冴返る/辻田克巳

一病の屈しごころに冴返る/大橋敦子

ひとり佇つ東京駅の冴返る/小澤初江

冴返る離れに老の一人かな/吉田伝治

俳句例:61句目~

冴返るものに詩人の心電図/二村典子

冴返る走りの行の沓の音/加藤知世子

伊豆も又冴返る日のあることを/汀子

友の訃に太き傍線冴返る/加藤知世子

光背の支へ木ほそし冴返る/大島民郎

海峡を渡る灯の橋冴返る/海老根筑川

冴返る思ひにありし吾が心/稲畑汀子

征夷大将軍頼朝の墓冴返る/水原春郎

冴え返る敗戦の碑は海中に/対馬康子

影よりも風の日向の冴返る/稲畑汀子

常盤木の冴返りたる面会日/石田波郷

春泥や夕暮すこし冴え返り/小杉余子

冴返る日の東京に帰りけり/渋沢渋亭

冴え返る万の足痕過密都市/寺井谷子

橋上の継目の鐵や冴え返る/内田百間

月に置く地球の影や冴返る/三島広志

山峡の杉冴え返る谺かな/芥川龍之介

冴返る虹いくたびも日本海/黒田杏子

冴え返る鐘の響きに驚けり/島田青峰

冴返る仏に千手われに二手/伊藤通明

俳句例:81句目~

星詩なきあとの郡や寒返る/飯田蛇笏

寒戻り戻り戻らぬ人のあり/手塚美佐

子規堂の一机一硯冴返る/伊吹ぬい子

冴返る袋に透けて買ひしもの/小澤實

妻の肌乳張つてゐる冴返る/滝井孝作

昨日より今日の青空凍返る/山本晃裕

冴返る金毛閣は人入れず/阿波野青畝

冴返る仕立て直せし黄八丈/中村明子

冴返り冴返りつゝ人となり/星野立子

冴返り又居ずなりぬ春の蠅/高濱虚子

教室の明けがたにをり冴返る/中拓夫

殉教の血染めの遺品冴返る/桑田青虎

水底のよな淋しさを冴返る/佐野良太

大時計止まりし広場冴返る/山村達也

同じ道黙し戻れば冴え返る/高澤良一

蒟蒻に吸ひつく刃先冴返る/岡田和子

冴えかへるとて美しき仏顔/石原八束

戻り寒日蝕の陽に出土土器/青木満子

冴え返るもののひとつに夜の鼻/楸邨

冴返り冴返りつつ逝く昭和/中嶋秀子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ