季語/樫の花(かしのはな)を使った俳句

「樫の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「樫の花」について

【表記】樫の花

【読み方】かしのはな

【ローマ字読み】kashinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

樫の花を含む俳句例

眼の奥に光養ふ樫の花/原裕

大学の時計が灯る樫の花/辻桃子

樫の花男の怠惰夕べまで/森澄雄

小学校むかしも暗く樫の花/西尾一

樫の木の花にかまはぬ姿かな/芭蕉

樫の花役の小角は男にて/関戸靖子

樫の花散り敷く朝は樫仰ぐ/高野梢

かすかなる猫の足跡樫の花/角谷昌子

宝前の雨にこぼるる樫の花/木村蕪城

赤樫の花と思わず空淡め/松田ひろむ

勅使門径には樫の花こぼれ/伊藤冨美子

樫の花散り敷く小径志木に出づ/椎木一雨

咲きしとも散りしともなき樫の花/太田貞雄

花樫のにほひにひと夜つどひしぬ/木津柳芽

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ