季語/桜の実(さくらのみ)を使った俳句

「桜の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜の実」について

【表記】桜の実

【読み方】さくらのみ

【ローマ字読み】sakuranomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・実桜(みざくら:mizakura)

・桜実となる(さくらみとなる:sakuramitonaru)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

桜の実を含む俳句例

其外に桜の実あり千団子/文/素

実桜や豊頬夫婦道祖神/池上樵人

桜実に西行堂の白障子/沢木欣一

城跡の赤黄黒の桜の実/瀧澤伊代次

来てみれば夕の桜実となりぬ/蕪村

来て見れば夕の桜実となりぬ/蕪村

いつの間に来し晩年の桜の実/徳弘純

かつ見たる救世観世音桜の実/森澄雄

桜の実よべ来し按摩家築く/宮武寒々

吹き降りの眉山に熟れて桜の実/林徹

桜の実沼のほとりの木卓に/高澤良一

孫四郎孫四郎と呼ぶ桜の実/如月真菜

桜の実紅経て紫吾子生る/中村草田男

桜の実朝霧の味したりけり/高澤良一

実桜やピアノの音は大粒に/中村草田男

少しづつ友も変りぬ桜の実/山田みづえ

桜の実わが八十の手を染めし/細見綾子

桜の実修学旅行の子らに雨/冨田みのる

桜の実胸にぽとりと音立つる/赤澤新子

桜の実苦しと知れど確めき/相生垣瓜人

俳句例:21句目~

桜の実落ちて安曇の土染むる/河野友人

桜の実赤く黒きを多佳子の死/細見綾子

桜の実赤し黒しとふふみたる/細見綾子

桜の実垂れて暮れざり母の町/大野林火

業平の老いらくの地の桜の実/田中英子

櫻の実苦しと知れど確めき/相生垣瓜人

午後よりの雲うごかざり桜の実/杉山岳陽

喃語にもうなづいてゐる桜の実/橋本榮治

桜の実踏みて大事があるでなし/向笠和子

桜の実鳥語の母音ずぶ濡れに/高岡すみ子

桜実の水切つてつや~と皿の上/島田青峰

淋しさに掃きもらせしか桜の実/松浦羽洲

火山灰に寄る墓の二三や桜の実/橋本榮治

桜の実紅顕つ日々を病めりけり/冨田みのる

葉の中桜の実うれてゐるベンチ/栗林一石路

見つけらることをうれしく桜の実/高澤良一

桜実となるペンションの名は魔笛/上田日差子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ