季語/雛市(ひないち)を使った俳句

「雛市」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雛市」について

【表記】雛市

【読み方】ひないち

【ローマ字読み】hinaichi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雛の日(ひなのひ:hinanohi)

・雛見世(ひなみせ:hinamise)

・雛売場(ひなうりば:hinauriba)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雛市を含む俳句例

雛市の灯り雨の日本橋/谷川虚泉

雛市のはづれは風の匂かな/林翔

雛見世の灯を引ころや春の雨/蕪村

雪残る出羽三山や雛の市/上田芳子

街に出で長靴重し雛の市/山田芳子

雛市の京都の雛の黒き袍/高木晴子

鞠躬如として雛市に従へり/安住敦

雛市に佇みすぎし妻を呼ぶ/大牧広

雛市や黄塵荒ぶ仁王門/石田あき子

金屏に昼を灯す雛の店/野見山ひふみ

いち早く前山暮るる雛の市/永方裕子

もとめずも心足らひぬ雛の市/及川貞

人の立つ後ろを通る雛の市/高浜虚子

男来て鍵開けてゐる雛の店/鈴木鷹夫

雛市に帽たゞよふも一教師/石田勝彦

雛の日の灯を煌々と雛の店/相馬沙緻

雛売場にて音消せり松葉杖/浅井久子

雛市の残り土雛掌にぬくし/野澤節子

雛市も垣間見常慶のんかうへ/及川貞

雛市も通りすがりや小買物/高浜虚子

俳句例:21句目~

雛市や異人の妻に人たかる/寺田寅彦

旗鳴つて雛市立てり畦のくま/石川桂郎

母と子と電車待つ雛市の灯/河東碧梧桐

雛市の早や立ちにけり人通り/小澤碧童

奥飛騨の風の重たし雛の市/北見さとる

真向ひに蔵王のかすむ雛の市/鈴木昌三

雛市や幻の子を連れて見る/尾形不二子

野の梅の的礫として雛の市/川島彷徨子

ゆきずりの男さすらふ雛の市/生嶋紀代

灯の入りて宴のごとし雛の店/梛すゞ子

雛市や浅間小浅間晴れわたり/堀口星眠

雛の店どこよりも早く灯せり/桜井博道

あそびゐる身を雛市に見出しぬ/森川暁水

さそはるる雛市隣の店も見たし/田中英子

土雛市桃はしもとに緋をあつむ/松木敏文

通り抜けきし雛市の赤に酔ひ/嶋田摩耶子

雛市を目うつりしつゝ歩きけり/清原枴童

飴も売りにはかに雛の店となる/古館曹人

ちちの実の知知夫の口の雛の店/加倉井秋を

ひょろひょろと松が軒より雛の店/福田蓼汀

俳句例:41句目~

ぬかるみの道の狭さよ雛の市/阿部みどり女

雛市やかまくらめきし薄被/一茶/文化五年戊辰

雛市やゆふべ疾風にジヤズのせて/『定本石橋秀野句文集』

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ