季語/夏料理(なつりょうり)を使った俳句

「夏料理」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏料理」について

【表記】夏料理

【読み方】なつりょうり

【ローマ字読み】natsuryori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏料理を含む俳句例

大皿を廻し廻して夏料理/星野椿

山褒めて川を称へて夏料理/黛執

美しき緑走れり夏料理/星野立子

しばらくの向島なり夏料理/小島健

夏料理床下を水走らしめ/川村紫陽

極道の隣に食べる夏料理/三浦北曲

借景の山を象り夏料理/中戸川朝人

真中に鮑が座る夏料理/鈴木真砂女

寂莫と一汁あつし夏料理/前田普羅

水音を一品にして夏料理/榎本栄子

夏料理壁に芋銭の河童掛け/川村紫陽

夏料理日本海のものばかり/村中聖火

大き樹に大き空ある夏料理/浅田青篁

川上に雨のありたる夏料理/青山克子

川甚に来れば雨やむ夏料理/村山古郷

教材の牛乳パセリ夏料理/大西ヒロコ

箸割れば杉の匂ひや夏料理/福原紫朗

食材は夕網のもの夏料理/山田ひろし

中庭の竹が風呼び夏料理/片山由美子

船酔のすこし残りし夏料理/池田秀水

俳句例:21句目~

隅田川越えて落着く夏料理/京極高忠

塩漬けの桜の香る夏料理/秋川ハルミ

ギヤマンの箸置おいて夏料理/森信坤者

ワイン酌む白より赤へ夏料理/水見寿男

一卓にナポレオンあり夏料理/池谷/陶

一品は葉に盛られたる夏料理/橋本白木

冬瓜のほめられてゐる夏料理/岩田由美

夏料理薪きいきいと裏で切る/宮坂静生

杉箸を染むるはなにか夏料理/前田普羅

夏料理岩牡蠣殻のまま盛られ/宮津昭彦

燈の映るものの多くて夏料理/鈴木鷹夫

川しもは船々の灯や夏料理/大橋櫻坡子

花の邊に傘を閉づれば夏料理/田中裕明

大鯛の尾をはね上げし夏料理/館岡沙緻

ひとまづは草のいほりに夏料理/田中裕明

まつすぐに雨が降るなり夏料理/川崎展宏

よき宿の夏料理よりはじまりぬ/稲畑汀子

朝日と夕日どちらが重い夏料理/栗林千津

夏料理時のあはれを尽くしけり/岸本尚毅

海に日の沈みてよりの夏料理/深見けん二

俳句例:41句目~

夏料理世を去る人へそよぎけり/熊谷愛子

夏料理燦たり昏れゆく河口背に/楠本憲吉

夏料理てふ附録読み臥す身かな/国分咲子

夏料理貝の名訊いて忘れけり/星野麥丘人

鐘の音や箸持つのみの夏料理/中村草田男

紀の浦の怒濤あがれり夏料理/古賀まり子

ひんがしに満月を見て夏料理/川上としゆき

月の出の待たるる海や夏料理/古賀/雁来紅

ひとつひとつ名を聞いてをり夏料理/能村研三

帯ちらと葉がくれに去り夏料理/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ