季語/日傘(ひがさ)を使った俳句

「日傘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日傘」について

【表記】日傘

【読み方】ひがさ

【ローマ字読み】higasa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・絵日傘(えひがさ:ehigasa)

・パラソル(ぱらそる:parasoru)

・夏洋傘(なつこうもりがさ:natsukomorigasa)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

日傘を含む俳句例

晴天と一つ色也日傘/一茶

青天と一つ色也日傘/一茶

日傘一時雨なり竜田川/調機

五月雨や筏組行く日傘/丸露

山里や日傘さしたる町戻/髭家

夏草は虫の日傘よ雨傘よ/野良

陶房の隅に一本秋日傘/原田喬

恐山日傘抹香臭くなり/高澤良一

色日傘万葉園の杜歩く/塩川雄三

秋日傘風と腕くむ女あり/森慎一

秋近し妹の日傘も鼠色/中川富女

水漕の蝦か争ひ日傘行く/乾燕子

山門へ一礼日傘傾けて/宮川豊治

砂日傘睡気催す波の音/笠原古畦

日傘みな沼へ傾く芋旱/小林康治

麦秋や庄屋の嫁の日傘/正岡子規

浅草へ仏壇買ひに秋日傘/岡本眸

頂上は日傘を畳む程の風/星野椿

十ばかり雨の痕ある日傘哉/桂花

橋詰に日傘の姉妹鉄を接ぐ/徳弘純

俳句例:21句目~

様附けて金精拝む差日傘/平畑静塔

砂日傘三つや朝の地中海/小池文子

砂日傘一つ大きく賑かに/嶋田青峰

理髪店の鏡日傘のいま通る/桂信子

島庁は真白し日傘人松に/久米正雄

熊野灘までの堤防秋日傘/山田郁子

密會の忘れ日傘に頭文字/筑紫磐井

一斉に日傘さす音ある所/稲畑汀子

白人の鼻が並びて砂日傘/嶋田一歩

渡し舟傾げば傾ぐ秋日傘/武田澄江

乳母車中に日傘や寺の前/田中裕明

日傘立て老靴磨自愛せよ/山本歩禅

日傘直立水中を行くごとし/岡本眸

無縁坂うしろ姿の秋日傘/石川文子

日傘ゆく法隆寺西一丁目/木内怜子

日傘さす日本人が珍しく/坊城中子

黒日傘乞食坊主か高僧か/辻田克巳

大いなる日傘のもとに小商ひ/篠原

出航を見送る日傘開きけり/上村均

大干潟秋の日傘を端に置く/岸田稚

俳句例:41句目~

広島や日傘の中に五十年/松下千代

砂日傘開けば隠れ竹生島/佐伯哲草

畦道に花嫁送る日傘かな/中川富女

次々に日傘開きて上陸す/中山梟月

日傘より男現はれ秋祭/神尾久美子

古日傘さし水廻り怠らず/池内綾香

閑居して日傘の中の國訛/古舘曹人

加賀女昼湯に通ふ秋日傘/山本敦子

君がさす日傘の前を耕耘機/仁平勝

君たちや俄か遍路の秋日傘/岸田稚

吟行の相合日傘許されて/杉山鶴子

鎌倉の日傘の下の少女かな/皆吉司

遠山や馬も日傘も橋の塵/尾崎紅葉

足遅きは女なるらん日傘/正岡子規

汐灼の婆の日傘も影一つ/行方克巳

棧橋の日傘に白き雲湧けり/河合凱夫

留守を守るタオル一枚砂日傘/龍野龍

犬吠の浜離れ行く日傘かな/菅谷泰夫

日傘より見る若者の笛吹く口/桂信子

戦跡に日傘の我を点じけり/広田祝世

俳句例:61句目~

日傘一つ開き一舟五人ほど/鈴木鷹夫

物落ちし如く日傘の影生れ/西井五山

振り返り日傘に余る女かな/高澤良一

片男波色とりどりの浜日傘/木下恵三

曳売を日傘に入れて購へり/橋本榮治

昔日の淀の風来る日傘かな/山田弘子

旅人の顔して日傘開きおり/田中朋子

旅立ちの母も日傘も水の色/鈴木鷹夫

夕立に日傘さしたる女かな/正岡子規

象潟の森の松かげ日傘見ゆ/石井露月

烈日に君が日傘の小さゝよ/島田青峰

炎帝を入れじ日傘を傾ける/大野利江

漣のさみしくなりし日傘かな/岡本眸

蓮池の向ふを妻の日傘来る/前山百年

海岸日傘中年男ひとりをり/草間時彦

海上に自愛の日傘白く張る/津田清子

大磯へ日傘その他忘れくる/岡田史乃

菜園に入りて道聞く秋日傘/添野光子

草山を又一人越す日傘かな/渡辺水巴

女あり岩頭に佇ち日傘濃し/高濱年尾

俳句例:81句目~

日傘さし白き壁画の中通る/中山玲子

人悼む言葉が春の日傘より/鈴木鷹夫

日傘さし空と一枚隔てをり/小林草吾

浜風にかたむけ通す秋日傘/中村和子

浜日傘雨ひと粒の染ひろぐ/宮津昭彦

妊りて紅き日傘を小さくさす/森澄雄

日傘ゆらぐ坂や牛深子守唄/倉橋羊村

日傘さす光と影をしたがへて/大高翔

妻と娘の日傘並んで坂下る/谷川昌弘

日傘得て辨天よりの戻り船/北野民夫

考の決まらぬ日傘廻しをり/徳澤彰子

億劫や妻の日傘を讃へるは/草間時彦

黒傘を日傘に唯一神を説く/工藤克巳

縁側に緋毛氈ある日傘ある/京極杞陽

馬小屋を覗く日傘の女かな/山田弘子

全員が喪服で日傘さしてをり/辻桃子

浜日傘腹這へる肢の砂弄ぶ/原田種茅

浜日傘砂浜に柄を深く差し/塩川雄三

紺碧の波にたゝめる日傘かな/上村占

出迎への日傘を高く突堤に/池田秀水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ