季語/佐保姫(さおひめ)を使った俳句

「佐保姫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「佐保姫」について

【表記】佐保姫

【読み方】さおひめ

【ローマ字読み】saohime

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

佐保姫を含む俳句例

佐保姫と坂東太郎接吻す/田辺花

佐保姫に山童の白にぎりめし/大串章

佐保姫の梢を渉る落花かな/日野草城

佐保姫の胸乳の形に春の山/松瀬青々

佐保姫も襷かけゝん草の餅/尾崎紅葉

佐保姫の海を渡りしのちの恋/栗田恭子

佐保姫の砧をかくす舟の小屋/星野紗一

佐保姫の裾にかくるゝ雉子哉/松瀬青々

佐保姫の解きし帯かも虹淡し/橋本榮治

佐保姫の誰を召すとや呼子鳥/巌谷小波

佐保姫の鈴鳴る水の斑雪山/山上樹実雄

佐保姫を迎へに出づる帆船か/大島民郎

釣釜や佐保姫という萌黄菓子/森田金峰

佐保姫に白き奥嶺のいつまでも/大島民郎

佐保姫の海より来たる素足かな/大屋達治

佐保姫の眼をきれ長に風吹ける/今瀬剛一

先達てお目に掛かれり佐保姫に/高澤良一

佐保姫に召さるゝ妹のわかれかな/日野草城

佐保姫の先触れや雨こまやかに/小澤満佐子

佐保姫の衣ずれよと病母抱き起す/渡辺恭子

俳句例:21句目~

約束もなく佐保姫に逢ひにゆく/今井杏太郎

佐保姫のまばたきほどの雪降りぬ/池亀恵美子

佐保姫の轅たつらむけさの松/京-松笛/元禄百人一句

佐保姫の別れかなしも来ん春にふたたび逢はんわれならなくに/正岡子規

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ