季語/草蜉蝣(くさかげろう)を使った俳句

「草蜉蝣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「草蜉蝣」について

【表記】草蜉蝣

【読み方】くさかげろう

【ローマ字読み】kusakagero

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

草蜉蝣を含む俳句例

草蜉蝣真昼の山湖呟ける/望月紫晃

きたりては水流怖る草蜉蝣/佐野美智

昼過ぎの枕はたけば草蜉蝣/永末恵子

草蜉蝣湖の夕焼けあつすぎる/伊藤和

あきらかに草蜉蝣の翅の音/菅原多つを

仏頭にとまるとすれば草蜉蝣/水野恒彦

目録に読めぬ文字あり草蜉蝣/山本昌子

罰の如ストマイつんぼ草蜉蝣/石田波郷

草蜉蝣かなしきものに子守唄/仙田洋子

草蜉蝣よく晴るる日を吉日に/増成栗人

防火扉に挟まれてをり草蜉蝣/大石雄鬼

たそがれの草蜉蝣になつてゐし/木村孝子

草かげろふ動かぬ竹の窓にこそ/石川桂郎

草かげろふ月光に舞ひ出でにけり/森田峠

草かげろふ来しが写経を妨げず/白岩三郎

草かげろふ灯にきて心瑕瑾なし/橋本鶏二

草蜉蝣は多羅葉に書きし詩か/市村究一郎

草蜉蝣白きタイルに死と闘ふ/篠田悌二郎

まぐはへることのうすうす草蜉蝣/桝井順子

月に飛び月の色なり草かげろふ/中村草田男

俳句例:21句目~

目覚めをり草蜉蝣とひとつ灯に/鷲谷七菜子

祈る手に吹かれて来たり草蜉蝣/山田みづえ

草かげろふ指より翔たす妻護らん/川口重美

草蜉蝣人に見られてとまりけり/加倉井秋を

香水を秘むるバッグに草かげろふ/野澤節子

僧行きて草かげろふをたたしめぬ/星野麥丘人

草かげろふ吹かれ曲りし翅のまゝ/中村草田男

草かげろふ髄に夕日のひびきけり/草刈勢以子

草かげろふ灯に透きし羽のたよりなし/道官朱雀

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ