季語/螻蛄(けら)を使った俳句

「螻蛄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「螻蛄」について

【表記】螻蛄

【読み方】けら

【ローマ字読み】kera

子季語・関連季語・傍題・類語など

・おけら(おけら:okera)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

螻蛄を含む俳句例

春水の中の虫螻蛄皆可愛/茅舎

天日に農婦聳えて螻蛄泳ぐ/石田波郷

土くれの乱礁の間螻蛄泳ぐ/石田波郷

螻蛄鳴くや踊子は胸蝕まれ/白川京子

螻蛄の夜の闇は鳥籠赤い籠/今坂柳二

螻蛄鳴く島男湯女湯に通じ/品川鈴子

汝螻蛄よ泳ぎ潜り飛べど愚か/福田蓼汀

虫螻蛄と侮られつゝ生を享く/高浜虚子

螻蛄は夜の闇をふりまく国境/河野南畦

螻蛄鳴くや詩は呪術にはじまりし/原裕

桶食ひし鬼の狂言螻蛄笑ふ/成瀬櫻桃子

殉教の島に城浮く螻蛄の夜/宮崎喜代子

おけら鳴く闇に親しき柱かげ/太田鴻村

螻蛄鳴くや薬が誘ふわが眠り/楠本憲吉

灯りたる障子に螻蛄の礫かな/岡田耿陽

螻蛄の夜を蹠掴むたなごころ/下村槐太

螻蛄の闇闇の力といふがあり/佐藤鬼房

螻蛄鳴くや悔なき我の凡な日々/山下尭

螻蛄ひそむ農の重みの足跡や/成田千空

螻蛄鳴くや寄り添ひ来るは天の川/源義

俳句例:21句目~

螻蛄の宿闇にもしるき太柱/勝木みさほ

目薬をさしてしばらく螻蛄の闇/丸木あや

螻蛄の闇に顔出して顔なかりけり/森澄雄

盲人に空耳はなく螻蛄鳴けり/三島牟礼矢

おけら短命到る所に燈がついて/成田千空

おけら鳴く夜をふるさとにある心/原石鼎

螻蛄鳴くや漆かぶれの髑髏/小島ノブヨシ

螻蛄鳴くや村に異人の嫁殖えて/道川虹洋

螻蛄鳴くや月をはなさぬ甕の水/松本幹雄

螻蛄の闇鬼の安吾に及かざるも/佐藤鬼房

螻蛄更くる酒場にふふと嗤ひ声/中島斌雄

夢の端に拘りをれば螻蛄鳴けり/根岸善雄

母の屍ゆ別れきれねば螻蛄の闇/成田千空

ゆき渡る田水に螻蛄の泳ぎ出づ/五藤俳子

螻蛄鳴くや凡愚の木口あけて/成瀬桜桃子

螻蛄鳴いてをるや静かに力無く/京極杞陽

草枕ジジジジ自恃と螻蛄の声/文挟夫佐恵

ひたすらの螻蛄の生き様愛しかり/牧月耕

螻蛄の脚たんぼの水に喜こべり/倉橋尚子

螻蛄鳴けり子ら在らぬ夜の閑かさは/林翔

俳句例:41句目~

螻蛄鳴けり芸の貧しさ吾に似て/児玉小秋

足投げて螻蛄きく顔をゆるむるや/森澄雄

陶土浸く甕に螻蛄の子泳ぎをり/井上久枝

颱風過月の輪ふかく螻蛄鳴けり/巌谷小波

子が覗く家計簿螻蛄も舞ひいでよ/小林康治

畦塗の螻蛄塗り込めて去りにけり/遠藤正年

螻蛄を煮る湯けむり貧を蔽ひぬる/下村槐太

螻蛄つゝとつゝと泳げる空はるか/海野良三

螻蛄なくや憎しみ切れねば別れ兼ね/安住敦

高嶺にて高嶺仰ぐや螻蛄がなく/加藤知世子

螻蛄の闇野鍛冶は粗き火を散らす/成田千空

螻蛄泳ぐ無能嘆かふこともなく/冨田みのる

螻蛄鳴くと目鼻ありあり風化仏/加藤知世子

螻蛄鳴くや臼は自重をもてあまし/鷹羽狩行

螻蛄鳴くや闇曳くように母逝きて/上原勝子

螻蛄鳴く夜妻子らすでに反側す/篠田悌二郎

おけら火や箴言胸にとぼしくる/小田中柑子

おけら火をもらふ振袖たくしあげ/沢村越石

おけら火を消して輪にして京泊り/鈴木栄子

覚めて白き眼帯の闇螻蛄鳴ける/鷲谷七菜子

俳句例:61句目~

われの持つうぬぼれ鏡螻蛄が鳴く/阿部俊子

農家族満腹すれば螻蛄鳴きだす/榎本冬一郎

休校日に塾へ通ふ児おけら鳴く/佐倉あさ子

古希過ぎの光陰螻蛄の鳴くに似て/澤田緑生

螻蛄鳴くや針穴いよよ見えづらく/杉田智栄子

螻蛄飛んで二天に闇のなかりけり/善積ひろし

螻蛄鳴いてこころいざなふ暗き方/篠田悌二郎

ともりたる障子に螻蛄のつぶてかな/岡田耿陽

螻蛄鳴いて木曽路の暮色地より涌く/原与志樹

螻蛄鳴いて樹海は何か呼ぶごとし/岩井久美恵

お螻蛄う一升にじょなめき雁風呂う/加藤郁乎

夜をとぶ螻蛄身の軽重は灯を介し/磯貝碧蹄館

螻蛄鳴くや命惜しとも要らぬとも/文挟夫佐恵

ダリの髭青し螻蛄いる夜更けかな/田口満代子

よるべなう螻蛄も水掻く梅雨寒き/金尾梅の門

からくりの奈落にひそむ螻蛄が鳴き/木村孝子

螻蛄鳴くや物食ふ真顔見られしよ/小島千架子

おけら火を待つより闇のつきまとひ/菖蒲あや

螻蛄鳴くや酒断ちし日のさみしさに/阿部寿雄

螻蛄なくや教師おのれにかへる時間/加藤楸邨

俳句例:81句目~

目覚め癖つきたる夜半をおけら鳴く/添野光子

螻蛄なくと告ぐべき顔にあらざりき/加藤楸邨

更けし夜の螻蛄に鳴かれて金欲しや/菖蒲あや

春の螻蛄ききつつ闇にひたりをり/加藤知世子

捨てし句の多くは螻蛄となりにけり/井上純子

露の瀬にかゝりて螻蛄のながれけり/飯田蛇笏

螻蛄がゐてわれを見向きもせず泳ぐ/風間啓二

螻蛄鳴くやおまるの世話をしてをれば/橋本花風

ひたすらに生きむと螻蛄の泥まみれ/成瀬桜桃子

つゆの瀬にかかりて螻蛄のながれけり/飯田蛇笏

螻蛄鳴くや濡れ手で粟の仕事はなし/成瀬櫻桃子

病む妻が眼をみはりをり螻蛄の縷々/篠田悌二郎

螻蛄わらふとは言はねども螻蛄嗤ふ/小檜山繁子

癒ゆる日の遠のくごとし螻蛄のこゑ/下村ひろし

女曳きゆく屋台のありぬ螻蛄の夜を/古賀まり子

螻蛄肥えぬ「土中の翅」を名残に負ひ/中村草田男

秋には癒えよ螻蛄がせつせと隧道掘る/磯貝碧蹄館

臺北帝大演習林ここに在りきと螻蛄鳴ける/小佐田哲男

おけら火縄おしみて消さぬわがおとめ汝が魂をはげしく燃やせ/中野照子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ