季語/沢瀉(おもだか)を使った俳句

「沢瀉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「沢瀉」について

【表記】沢瀉

【読み方】おもだか

【ローマ字読み】omodaka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花慈姑(はなくわい:hanakuwai)

・生藺(なまい:namai)

・野次菰(やじこも:yajikomo)

・剪刀草(せんとうそう:sentoso)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

沢瀉を含む俳句例

沢瀉や花の数そふの泡/炭太祇

沢瀉の金覆輪の夕かな/斎藤夏風

沢瀉や芥流るゝ朝の雨/佐藤紅緑

花慈姑生駒に育つ子雷/田中英子

やれ壺に沢瀉細く咲きにけり/鬼貫

我が宿の沢瀉咲きぬ水鶏なけ/暁台

沢瀉とうなぎが濁す沢辺かな/嵐雪

沢瀉に泉の蜻蛉生れけり/根岸善雄

沢瀉の水に映りて月の暈/依光陽子

沢瀉の濁りに映る十二橋/新荘桜涯

沢瀉も刈られて雨の藻刈舟/福島勲

荒筵沢瀉細く活けて住む/石田波郷

沢瀉の鉢に溢るゝ懈怠かな/石塚友二

沢瀉の一すぢ雨となりにけり/菊地一雄

沢瀉や鑑真和上に夏きたる/小田切輝雄

秀衡椀の沢瀉の朱に春惜しむ/沢木欣一

佛壇に電球の買ひ置き花慈姑/宮坂静生

慈姑田の咲き登りたる花慈姑/中山/都

花慈姑ほそみの門に喜捨の箱/石川桂郎

沢瀉に出水の池の日数かな/長谷川零余子

俳句例:21句目~

沢瀉に野川しめきりて溢れけり/村上鬼城

沢瀉のこのあたりなら吃るなし/岡井省二

沢瀉の葉かげの蜘蛛や梅雨曇り/飯田蛇笏

沢瀉やいくさに死にしみなわかし/森澄雄

沢瀉や舟は裏戸をはなれたり/松尾いはほ

沢瀉を刈り了へし水飲みにけり/鈴木太郎

沢瀉に昏れし水面がまた昏れゆく/横山白虹

沢瀉の水に手入るるわれもわれも/大石悦子

沢瀉売すずしき夜空負ひにけり/松崎銑太郎

藺を刈りてより沢瀉の咲きつづけ/中田みづほ

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ