季語/泰山木の花(たいさんぼくのはな)を使った俳句

「泰山木の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「泰山木の花」について

【表記】泰山木の花

【読み方】たいさんぼくのはな

【ローマ字読み】taisambokunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大山木の花(たいざんぼくのはな:taizambokunohana)

・大盞木の花(たいさんぼくのはな:taisambokunohana_)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

泰山木の花を含む俳句例

泰山木妻へ傾く夜の雲/原裕

徹夜稿泰山木に朝の神/原裕

日本武尊泰山木ひらく/原田喬

移り香に泰山木の花終る/原裕

満月に放心泰山木の花/吉本昴

白猫は汚れ泰山木の花/依光陽子

存分に泰山木の雫切る/高澤良一

無限憧憬泰山木は父の花/原田喬

光り降る泰山木は花か鳥か/原裕

暁の空気泰山木咲けり/星野立子

泰山木花上に雨後の重き天/林翔

夢殿や泰山木の花ひらく/穴井太

妻の背に泰山木の花裏に/古舘曹人

まだ珠の泰山木の白蕾/八木林之介

昂然と泰山木の花に立つ/高浜虚子

年歩む泰山木の幹直ぐに/館岡沙緻

国賓に泰山木の花ひらく/京極杞陽

大風や泰山木の花ゆがめ/小山白楢

泰山木拝見磴の端借りて/高澤良一

仁王立泰山木の花咲けり/高澤良一

俳句例:21句目~

泰山木の花の中より楸邨忌/原田喬

泰山木咲いて潮の土佐の国/森澄雄

手のひらの熱き泰山木の花/栗島弘

泰山木落葉木片降る如く/高澤良一

梅雨久し泰山木は花腐ち/高濱年尾

泰山木君臨し咲く波郷居は/及川貞

泰山木終りの花が発光す/八木尋子

泰山木の一花結印白雲に/近藤一鴻

頂の泰山木の花に逢ふ/殿村莵絲子

泰山木咲き白雲へ風届く/川村紫陽

皓々と泰山木のけさの花/日野草城

真近くて泰山木は初ひの花/岸田稚

碧天を花器に泰山木の花/筏奈雅史

磔像や泰山木は花終んぬ/山口誓子

花暮れや泰山木の海凪げり/石寒太

谿ちかく絶唱の白泰山木/友岡子郷

長雨や泰山木の咲き替り/千原草之

泰山木の花白ければ神宿す/高井北杜

子を抱いて泰山木の花の下/下村梅子

孫夫婦よ泰山木一樹花溢れ/松村蒼石

俳句例:41句目~

岬暁くる力泰山木咲かす/加倉井秋を

新車車庫に泰山木の花匂ふ/野村喜舟

泰山木巨らかに息安らかに/石田波郷

日のさして泰山木の低き花/岸本尚毅

明るくて泰山木の花に蟻/八木林之介

春の闇泰山木にとなりの木/金田咲子

病葉を拾えば泰山木堅し/西村我尼吾

月光を吸ふ音のして泰山木/加藤慶二

朝の膳泰山木の一花あり/和田耕三郎

林泉や雨よくかゝる泰山木/渡邊水巴

泰山木無明を掬ふ別れかな/伊藤敬子

樹の下に泰山木の夏落葉/今井杏太郎

毛蟲寧し泰山木の鏡葉に/下村ひろし

波羅羯諦泰山木の花咲けり/高澤良一

あさの客泰山木を挿して待つ/及川貞

泰山木見て庭踏まぬ蛇嫌ひ/堀口星眠

泰山木くだつ霖雨や通し鴨/渡邊水巴

なが雨や泰山木の花堕ちず/杉田久女

泰山木瀧の肺腑は青かりき/齋藤愼爾

泰山木一花を朝の日に捧ぐ/岸風三樓

俳句例:61句目~

泰山木高みに咲きて仏がほ/高澤良一

二階の灯とんで泰山木の花/細川加賀

泰山木ひらく港は霧の涯/殿村莵絲子

泰山木耿々たりし花了る/千代田葛彦

泰山木厳冬花は無かりけり/渡邊水巴

泰山木樹頭の花を日に捧ぐ/福田蓼汀

泰山木終の一花として高し/畠山譲二

今日の興泰山木の花にあり/高浜虚子

泰山木一羽一羽のごとき花/田口紅子

泰山木の花の香追善茶会なり/及川貞

十指もて泰山木は未知の花/大西泰世

句夫婦に泰山木の花二つ/八牧美喜子

泰山木の花の高さに日照雨/白鳥順子

中空に素の香を流す泰山木/高澤良一

泰山木昨日の花に錆にじみ/西村和子

能の出の待たる泰山木一花/荒井正隆

舟着いて泰山木は花殖やす/佐川広治

花割つて平凡な日の泰山木/古館曹人

泰山木散る滅却といふ言葉/高澤良一

花見えぬ不安泰山木の樹下/朝倉和江

俳句例:81句目~

泰山木瓣落ち飛んで松の下/鈴木花蓑

葉がくれに泰山木の花終る/園田弥生

蒸し暑き花掲げたり泰山木/高澤良一

蟻んこに泰山木の影さしぬ/高澤良一

街路樹に泰山木を咲かす国/稲畑汀子

天の無垢泰山木の花染むる/有地紫芳

太陽と泰山木と讃へたり/阿波野青畝

門構へ泰山木に負けてをり/高澤良一

雨あとの磴打ち泰山木病葉/高澤良一

雨払ひ立てる泰山木雄々し/高澤良一

雲流れ泰山木の花のころ/柴田白葉女

荒雫梅雨ならではの泰山木/高澤良一

泰山木咲きて法王常に老ゆ/中村草田男

泰山木咲くはじめから終の白/吉田紫乃

泰山木天にひらきて雨を受く/山口青邨

泰山木夫病む夕べ花満てり/平田よしこ

泰山木家出るたびの遠目ぐせ/野澤節子

泰山木崩れて白き地の恚り/小松崎爽青

泰山木昃れば雲に乗りて咲く/向山隆峰

泰山木明日に向かひて香を放つ/苗代碧

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ