季語/四月馬鹿(しがつばか)を使った俳句

「四月馬鹿」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「四月馬鹿」について

【表記】四月馬鹿

【読み方】しがつばか

【ローマ字読み】shigatsubaka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・エイプリルフール(えいぷりるふーる:eipurirufuru)

・万愚節(ばんぐせつ:bangusetsu)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

四月馬鹿を含む俳句例

白隠に妊り申す万愚節/萩原麦草

船酔の缺食五回四月馬鹿/大橋敦子

黒靴を黒に磨いて万愚節/梅本豹太

児の髪に乾く飯粒万愚節/大橋敦子

郵便受終日空に万愚節/古賀まり子

噂にも立派な尾鰭万愚節/西川五郎

健康色得しは靴下万愚節/香西照雄

万愚節五十音順よくならぶ/松澤昭

献立を猫に問ひもし万愚節/神澤信子

父亡き後通す真顔や万愚節/大石悦子

老村医逝きし噂も四月馬鹿/浅井意外

舌を出す夢の三鬼や四月馬鹿/桂信子

万愚節矮鶏抱卵の雉子孵り/小西藤満

四月馬鹿歳月誰か幸あらむ/石原八束

万愚節汽船で流人の島へ旅/北野民夫

累累との目わびし四月馬鹿/小池文子

上官を殴打する夢四月馬鹿/沢木欣一

丸の内界隈四月馬鹿の日や/村山古郷

子に願ふ文武両道四月馬鹿/寺岡捷子

万愚節山上に在り航を待つ/中島斌雄

俳句例:21句目~

盤石のこゑ胸にあり万愚節/石原八束

映写機のコマ早送り万愚節/吉村裕一

空饐えしを梢にながす万愚節/松澤昭

晩年のわが常臥しや四月馬鹿/森澄雄

唇のうすき女や四月馬鹿/入船亭扇橋

万愚節すぐや凍土の零番地/巌谷小波

万愚節半日あまし三鬼逝く/石田波郷

緋蕪一つ育つ子の畑万愚節/大橋敦子

御仏の切手舐めけり万愚節/衣川砂生

育て来て嫁にゆづるや万愚節/杉本寛

腰かけて岩重たしや万愚節/三橋敏雄

口づけを髪に許さる万愚節/高橋悦男

貝焼けば小蟹出てくる万愚節/中西暸

食器には皆蓋のあり万愚節/高澤良一

四月馬鹿傘さして買いに行く/有働薫

人にもある耐用年数万愚節/倉迫順子

酔生と夢死の境の四月馬鹿/石原八束

四月馬鹿弟ほしと思ひけり/望月一美

万愚節亡者の毒にあてられし/石原八束

浦島を乗せし亀待つ万愚節/岡本まち子

俳句例:41句目~

浅草に人がぎつしり万愚節/和田耕三郎

水呑んで身内めざむる万愚節/山中不艸

毎日を万愚節なる者らかな/竹本仁王山

木馬ほか天地の廻る四月馬鹿/石原八束

乱筆と刻むワープロ四月馬鹿/指澤紀子

人が生き返る映画や四月馬鹿/松尾隆信

戯れむ年ならなくに万愚節/相生垣瓜人

万愚節おろそかならず入院す/相馬遷子

四月馬鹿の女の中や勤めそむ/細川加賀

糶られゐるの真顔や万愚節/片山由美子

切つ先一つに黄昏けぶる万愚節/松澤昭

四月馬鹿一空洞をいかにせむ/巌谷小波

墓残し土地売り尽す四月馬鹿/大熊輝一

笑ひたるあとの涙や四月馬鹿/下村梅子

四月馬鹿玉葱刻みつつ泣けり/米田一穂

女学生まろび笑へり四月馬鹿/岸風三楼

万愚節法然にこそ賺されめ/相生垣瓜人

義理で喰ふ食堂の飯四月馬鹿/皆川白陀

屑本をめくるは四月馬鹿の風/平畑静塔

四月馬鹿常の話も嘘多く/石川/かほる

俳句例:61句目~

一脚つめて三脚据うる万愚節/石川桂郎

万愚節妻の詐術のつたなしや/日野草城

持ち時間知らぬ幸せ四月馬鹿/中井恭子

白湯に噎せ涙こぼすも万愚節/富田潮児

四月馬鹿巫女身籠りし話など/丸山嵐人

病院の帰りカツ買ふ四月馬鹿/沢木欣一

空にまで嘘をつかれて万愚節/菅生一文

四月馬鹿転がしてある自尊心/丸山嵐人

三鬼忌は万愚節なり空港に/秋山巳之流

四月馬鹿転勤なきは恥に似て/川村紫陽

万愚節恋うちあけしあはれさよ/安住敦

離婚すと本音も少し四月馬鹿/奥田真弓

万愚節岩がするりと波脱いで/茨木和生

貧しさを笑ひにかくす万愚節/石原八束

賑やかに見舞客来る万愚節/古賀まり子

四月馬鹿俳諧ばかり残りけり/里見宜愁

パソコンの中にごみ箱万愚節/原田紫野

箱に箱すつぽりと入る万愚節/能村研三

寝ちがへし首の回らず四月馬鹿/添野光子

建替へに二度の引越し四月馬鹿/毛塚静枝

俳句例:81句目~

掌につつむ心臓模型四月馬鹿/山田みづえ

炊飯器噴き鳴りやむも四月馬鹿/石川桂郎

生命線上に並べし持薬四月馬鹿/原田孵子

目の前の風を見ている四月馬鹿/大西泰世

薬味皿の紙帯にメモ四月馬鹿/平井さち子

親馬鹿のひとりで忙し四月馬鹿/影島智子

四月馬鹿母より愚かなるはなし/岡本圭岳

食堂のサンプルの照り四月馬鹿/今村恵子

黒船に乗りて来るかや四月馬鹿/大谷句佛

ひつ込まぬびつくり箱や万愚節/北野平八

カステラの裏のざら目や万愚節/中尾杏子

万愚節に恋うちあけしあはれさよ/安住敦

万愚節夜逃げのごとき旅仕度/築城百々平

万愚節親のみたてのあたりけり/水原春郎

万愚節踊る埴輪は口ひらく/鍵和田ゆう子

万愚節雲にのりたき日なりけり/澤井我来

勝ち癖のあるスーツかな万愚節/櫂未知子

好きなタオルで顔をふき万愚節/金田咲子

手術後の目の見え過ぎよ万愚節/毛塚静枝

炯々とたんぽぽ黄なり万愚節/百合山羽公

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ