季語/黄楊の花(つげのはな)を使った俳句

「黄楊の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「黄楊の花」について

【表記】黄楊の花

【読み方】つげのはな

【ローマ字読み】tsugenohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・あさま黄楊の花(あさまつげのはな:asamatsugenohana)

・姫黄楊(ひめつげ:himetsuge)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

黄楊の花を含む俳句例

内股に走る齢や黄楊の花/籏/こと

水馬流るゝ黄楊の花を追ふ/高野素十

花黄楊にまだ少しある夕明り/東早苗

花黄楊の垣低かりし人通る/安藤尚子

花黄楊や先々代のまゝの庭/河野静雲

晩節やひそけき黄楊の花愛し/宮下翠舟

父の忌の夫も好める黄楊の花/小池文子

砥の汁の草に乾くや黄楊の花/松藤夏山

風の日は裏路えらぶ黄楊の花/和田賀代

大虻に蹴られてちりぬ黄楊の花/小野蕪子

禅堂の門扉のゆるみ黄楊の花/深見けん二

花黄楊や蜂おとなしく食ひこぼし/島村元

黄楊の花青春は貧とありしかな/金子明彦

子等の世に我れは遅るる黄楊の花/幕内千恵

黄楊の花ちるしづけさも田植まへ/勝又一透

黄楊の花小雨あかるく降りにけり/高澤良一

閑かさにひとりこぼれぬ黄楊の花/阿波野青畝

黄楊の花ふたつ寄りそひ流れくる/中村草田男

黄楊の花散り鏤ばむは地よりなし/加倉井秋を

黄楊の花卯月ぐもりのつづきけり/五十崎古郷句集

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ