季語/春の宵(はるのよい)を使った俳句

「春の宵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の宵」について

【表記】春の宵

【読み方】はるのよい

【ローマ字読み】harunoyoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春宵(しゅんしょう:shunsho_)

・宵の春(よいのはる:yoinoharu)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の宵を含む俳句例

歌人の絵所訪へり春の宵/桃家

公達に狐化けたり宵の春/蕪村

春宵を水上勉登壇す/辻田克巳

傾城に歌心あり春の宵/寺田寅彦

日本の古へよりの春の宵/上野泰

裸電球春宵文弥節熱す/石川桂郎

春宵の枕行燈灯を忘る/飯田蛇笏

肘白き僧のかり寝や宵の春/蕪村

春宵の烏丸帖習ふなり/岡本松浜

上方の穴子押鮨春の宵/國島十雨

春宵の障子にひゞく水の音/上村占

横顔に春宵といふ角度あり/蔦三郎

春宵や笛の仕ふる能移し/都筑智子

藪空に拡ごる星や春の宵/西山泊雲

すり減りし骨を嘆きつ春の宵/原裕

春宵や柱のかげの少納言/高浜虚子

客を待つ一卓一花春の宵/岩崎照子

春宵の窯燃えつらね瓦村/三好潤子

筋違にふとん敷きたり宵の春/蕪村

春宵や女易者に列出来て/下山宏子

俳句例:21句目~

鏡の間こゝは米国春の宵/高木晴子

春宵の皆殺されし沙翁劇/下田明子

江に映る関の灯や宵の春/羅蘇山人

春の宵皿を汚して男去る/北さとり

春の宵高層ビルに迷い犬/伊藤真理

春宵の食事了れり観光団/前田普羅

額つりて小家賑し春の宵/前田普羅

春宵の夫の莨を盗み吸ふ/西村和子

春宵の分針少し遅れゐる/行方克巳

油気の喰へぬ病や春の宵/富田木歩

活魚の顔に疵あり春の宵/岩井如酔

浦人の小唄習ふや宵の春/角田竹冷

切株の松脂ひかる春の宵/前田普羅

温顔の輝きおもふ春の宵/相馬遷子

湯の町の春の宵とは殊の外/星野椿

春宵のたがひに交す小盃/倉田紘文

女湯の聲の覚えや春の宵/会津八一

妊りし娘に長電話春の宵/野川枯木

春宵を一人名曲喫茶店/成瀬正とし

春宵や鉄漿壺のありどころ/西島麦南

俳句例:41句目~

春宵や菓子鉢銀のいぶしいろ/及川貞

春宵や彗星淡き尾をひろぐ/横山房子

春宵や客賑やかに門を出づ/田中冬二

衝立の繍ひ鳳凰も宵の春/軽部烏帽子

春宵や人の屋根さへみな恋し/原石鼎

ほどを打つ鼓稽古も春の宵/中川四明

春宵やその月暦なかば過ぐ/石川桂郎

春宵やいま別れ来し人に文/村上杏史

春宵の黙に万金ありぬべし/内藤桂子

人形の胸押せば哭く春の宵/伊藤敬子

伝へ古る雅の舞や春の宵/谷川八重子

犬にあひて猫は稲妻春の宵/橋本鶏二

町なかの藪に風あり春の宵/内田百間

春宵に包まれてをる我のみか/上野泰

裏口に誰か来て居る春の宵/田中冬二

同じ橋三たび渡りぬ春の宵/夏目漱石

裏川の水鳴り止まず春の宵/内田百間

妹が読む伊勢物語宵の春/池上浩山人

婚の荷の重ねの淡し春の宵/橋本良子

花嫁が舳先をあるく春の宵/佐川広治

俳句例:61句目~

春の宵身より紅紐乱れ落つ/三好潤子

春の宵鋏の小鈴よくひびき/吉屋信子

籠行燈さげて庭ゆく宵の春/野村泊月

春宵の玻璃戸は鏡みな映る/高木晴子

椿子も叡子もいます宵の春/阿部慧月

風車春宵の闇に翼をひたし/山口青邨

春宵の匂ひと思ふ闇ふかし/高木晴子

止利仏師衾裾を刳り春の宵/和田悟朗

春宵の無聊の母に琴を置く/山岸治子

水銀の行方も知れぬ春の宵/五島高資

客帰る三日月があり春の宵/高木晴子

春宵の何から話そ旅のこと/稲畑汀子

小鏡にうつし拭く墨宵の春/杉田久女

筋かひにふとん敷きたり宵の春/蕪村

刻長し春宵の情詠ふべく/徳永山冬子

贈られし花環に燭や春の宵/中川四明

春の宵噴煙の香を横ぎれり/前田普羅

黄に灯る赤き蝋燭春の宵/中口飛朗子

春宵の今は今又明日は明日/星野立子

宿坊の廊下軋むや春の宵/内田八重子

俳句例:81句目~

養生の酒色に出づ宵の春/河東碧梧桐

春宵の白障子ただならぬ時/皆吉爽雨

春宵や閉ぢて久しき舞扇/行廣すみ女

春宵や駅の時計の五分経ち/中村汀女

春宵をみんな読みゐて雨の音/及川貞

春の宵白鳩の尾に影たまる/四ッ谷龍

山の雨春宵だんろもてなさる/及川貞

春宵を鉄塔穏やかに待てる/吉田素糸

昭君酒春宵を汲む紫砂の碗/田中英子

新妻の湯桶かんこん春の宵/辻田克巳

濱名湖畔春宵京の菓子頒けて/及川貞

皿洗ふ音も春宵さまたげず/皆吉爽雨

足なえの妻所在なや春の宵/寺田寅彦

座布団の緋色によろけ宵の春/井沢正江

息つめて写経一と文字春の宵/石川泰子

春の宵人の妻なる事もよし/高橋淡路女

春の宵北斗チクタク辷るなり/前田普羅

春の宵妻のゆあみの音きこゆ/日野草城

春の宵船のほとりの待ち俥/五十嵐播水

浮かぶのは横顔ばかり春の宵/谷口桂子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ