季語/盛夏(せいか)を使った俳句

「盛夏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「盛夏」について

【表記】盛夏

【読み方】せいか

【ローマ字読み】seika

子季語・関連季語・傍題・類語など

・真夏(まなつ:manatsu)

・夏旺ん(なつさかん:natsusakan)

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

盛夏を含む俳句例

真夏蛇猫烏眼が腥い/岡あきら

鯉池の底に鯉の歯夏旺ん/辻桃子

鮪捌く手鉤一丁夏旺ん/毛塚静枝

飯店の盛夏の器器かな/高澤良一

恐山盛夏団体割引あり/高澤良一

新しき色氷塊と真夏空/飯田龍太

羅府盛夏五輪大会酣に/常石芝青

禿頭映り真夏の原爆図/和知喜八

眼前の景遠き景みな盛夏/高木晴子

花氷盛夏の綺羅に相映ず/増田龍雨

熊笹に盛夏の雨の音確か/高澤良一

厨房へ徹る真夏の広東語/高澤良一

日も月も大雪渓の真夏空/飯田蛇笏

真夏夜の知らぬが仏不整脈/高澤良一

冷房に盛夏の果実みな青く/片山桃史

真夏夜の黒鍵叩きつける指/高澤良一

花薊盛夏の露に燃えにけり/西島麦南

地下街に円柱あまたあり盛夏/皆吉司

夏旺ん旅の手に受く飯光り/伊藤京子

大リーグ真夏勝利の方程式/高澤良一

俳句例:21句目~

酢は壜の形のままに盛夏過ぐ/糸大八

川の砂夕日に流れゐる盛夏/松村蒼石

廬の盛夏窓縦横にふとき枝/飯田蛇笏

一望の真夏の渓へ蝶降れり/仙田洋子

両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ/三橋敏雄

弔うて墓苔にほふ盛夏かな/飯田蛇笏

真夏の夜背面鏡の花は黄に/宮武寒々

焼跡や真夏の蝶の大いなる/岸本尚毅

真夏の山がけずりとられた/住宅顕信

わつぱ煮に口焼き島の夏旺ん/伊藤京子

鳴門蜜柑青きに還り盛夏かな/高田蝶衣

屋根の右から海動き出す真夏/森田高司

高野山より雲湧いて真夏かな/栗栖仙龍

福祉説く青年の目に盛夏来る/太田常子

武蔵野の真夏の草を見にも来よ/原石鼎

闊歩する孔雀に天も地も盛夏/福田蓼汀

コマネチの細首にくし夏盛ん/高井北杜

東京と生死を誓ふ盛夏かな/鈴木しづ子

観相の燭に五位鳴く真夏かな/宮武寒々

良寛の海へ盛夏の松羽撃く/岡野スミ子

俳句例:41句目~

人生のはじめ真夏の火事ひとつ/徳弘純

まなうらにモネの睡蓮盛夏くる/高橋克郎

他國にて真夏牛蒡畠のしげり/中塚一碧樓

乱心のごとき真夏の蝶を見よ/阿波野青畝

榕樹の気根のからむ盛夏かな/滝沢伊代次

兵馬俑眼に追ふ真夏の夢に生き/河野南畦

国旗地まで垂らし真夏の義足店/江里昭彦

大空に富士澄む罌粟の真夏かな/飯田蛇笏

皆既てふ洗礼盛夏夏の月となる/望月紫晃

自己流に生きぬ一と筆雪の果/真夏出来男

広島に降り立つ真夏の帽しかと/小沢真弓

桃と栗屋敷のうちに盛夏かな/宇佐美魚目

日時計に狂ひなし夏旺んなり/山口波津女

茎よりもたしかなる頸盛夏かな/櫂未知子

岳の上にのぞける嶺も盛夏かな/村山古郷

雨祈る火のかぐろくて盛夏かな/飯田蛇笏

雲しかと止まりてあり盛夏かな/上田俊二

母の砥石ゑぐれてくぼむ真夏かな/平畑静塔

ベネチアンガラスの赤や夏旺ん/筒井カヨコ

追ひすがる真夏わが帽海へ飛ばす/神山杏雨

俳句例:61句目~

沖縄はチェロのかたちで真夏です/隈元拓夫

鉱山に逢うて盛夏帽裏の刺を通ず/飯田蛇笏

飛行基地も四囲も真夏の篠つく雨/横山白虹

歳末の一も二もなく荷がとどく/真夏出来男

バスの旅盛夏の下北くんだりまで/高澤良一

用あとの街の真夏を如何にせむ/米沢吾亦紅

ほしいまゝに月と日を見て真夏待つ/原石鼎

山の地図腰ポケツトに真夏来る/八幡より子

ひそかな栄真夏の銀河にほふかに/香西照雄

そり返る絵の具のチューブ夏旺ん/平吹史子

鶏を飼う真夏の海をしらぬ鶏を/津沢マサ子

カリスマのかの樹が消えたのは真夏/大西泰世

真夏の夜チェロのくびれに手を休む/角谷昌子

供花をきる盛夏のこころ澄みにけり/飯田蛇笏

目で食べる盛夏の卓となりにけり/鳥居おさむ

うごけばひかる真夏の空を怖れけり/川島彷徨子

真夏の花に帽深い黒い顔寄せようとする/喜谷六花

真夏の夢にクラリネツトがひろひろひろ/岡本政雄

シンコペーション真夏夜刻むジャズののり/高澤良一

詩歌とは真夏の鏡、火の額を押し当てて立つ暮るる世界に/佐佐木幸綱

俳句例:81句目~

死は汗のひゆるがごとくきたるべし/真夏砲丸投げのわかもの/村木道彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ