季語/椎若葉(しいわかば)を使った俳句

「椎若葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椎若葉」について

【表記】椎若葉

【読み方】しいわかば

【ローマ字読み】shiiwakaba

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

椎若葉を含む俳句例

椎若葉水音のして水の神/神原栄二

椎若葉覗くどの家も女ゐて/森澄雄

浜離宮とは昔名よ椎若葉/藤村藤羽

父の樫母の桐わが椎若葉/中山一路

犬多き坂の日暮や椎若葉/藤田湘子

椎若葉一重瞼を母系とし/石田波郷

教室にわつと歓声椎若葉/谷野予志

風摶つてわが血騒がす椎若葉/耕二

旅笠の中に闇ある椎若葉/古舘曹人

椎若葉古井の径辿りけり/栗生純夫

椎若葉土焼いてゐる山の平/上村占

善蔵を読みて窓辺の椎若葉/小寺正三

旅二人靴ぼこり椎若葉の下/細見綾子

椎若葉凡医の限り君訪はな/岩田昌寿

椎若葉火色の朝は来たるかな/齋藤玄

椎若葉顔泣き重り五七日/殿村莵絲子

椎若葉峡は水気をたつぷりと/飴山實

さはやかに風光りゆく椎若葉/軸丸光義

まてば椎若葉もりもり小公園/高澤良一

人にのみ歳月ありて椎若葉/北原志満子

俳句例:21句目~

夜をかけて海盈つる声椎若葉/野澤節子

椎若葉かぶさつてゐる水匂ふ/西村和子

椎若葉とんぼう空に停りをる/佐野良太

椎若葉わが大足をかなしむ日/石田波郷

椎若葉ロダン像下の雨に濡れ/小林康治

椎若葉白々と墓地暮れにけり/富田木歩

椎若葉胸と胸の間の風とほる/岩田昌寿

椎若葉隠岐をめざして諸手舟/佐川広治

海鳴りのやめば匂ふよ椎若葉/平井寛志

椎若葉巻尾きりりと秋田犬/長谷川耿子

椎若葉日雇なればひとり住む/岩田昌寿

光りあるうちに詠めとや椎若葉/清水基吉

椎若葉さわぎさやぐは何思ふか/石田波郷

椎若葉オランダ坂に影のあり/内堀としを

椎若葉湧くがごとくに微笑仏/上野さち子

椎若葉小鯵一尾もありがたし/志摩芳次郎

椎若葉夫居ぬひと日懶けむか/石田あき子

椎若葉かゝる光りを嘗つて見しや/高橋馬相

見のかぎり椎若葉燃ゆ明日を恃め/小林康治

首しなはせて交る鷺あり椎若葉/石田あき子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ