季語/樒の花(しきみのはな)を使った俳句

「樒の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「樒の花」について

【表記】樒の花

【読み方】しきみのはな

【ローマ字読み】shikiminohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・莽草の花(しきそうのはな:shikisonohana)

・こうしばの花(こうしばのはな:koshibanohana)

・こうの木の花(こうのきのはな:konokinohana)

・はなしば(はなしば:hanashiba)

・はなの木(はなのき:hananoki)

・花樒(はなしきみ:hanashikimi)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

樒の花を含む俳句例

山の根に箒の及ぶ花樒/綾部仁喜

山門を入るより匂ふ花樒/東容子

閼伽水を分ちて注ぐ花樒/平亜子

鼻大き石人に降り花樒/斉藤陽子

忌の家の門の内なる花樒/武田光子

明るさの満遍なくて花樒/岡野由次

石山や石にさしたる花樒/松瀬青々

花樒たづさふ墓の一葉に/草村素子

花樒雨大粒となりてきぬ/多田睦子

花樒風ざうざうと湖の寺/皆川盤水

花活に樒の花の淋しいぞ/村上鬼城

どの径も家に終りぬ花樒/鷲谷七菜子

墓碑も持ち去りし廃村花樒/岡本欣也

山住みも樒の花を見る日かな/雲/舎

花樒父の遺影と遊ぶ日ぞ/田川飛旅子

花樒藩主の廟に香を放ち/佐藤史づ代

うすみどり樒の花と教へられ/岡田静女

おだやかに暮るる六器や花樒/古舘曹人

こぼるゝやゆふべ明りに花樒/礒谷無錫

み佛に樒の花もひらき初め/浜岡/延子

俳句例:21句目~

人の世に咲きて樒の花かすか/高木石子

村人の見ざる樒の花を見る/相生垣瓜人

花樒したたか零し加茂千鳥/殿村菟絲子

花樒にほひ仏壇拭き込まれ/矢野都多女

虚子塔をたづね樒の花に逢ふ/宮下翠舟

花樒こぼれてをりぬ手児奈堂/光信喜美子

濡れてゐる樒の花に日がさしぬ/星野麦丘人

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ