季語/春の日(はるのひ)を使った俳句

「春の日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の日」について

【表記】春の日

【読み方】はるのひ

【ローマ字読み】harunohi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春日(はるび:はるび/しゅんじつ)

・春陽(しゅんよう:shunyo)

・春日影(はるひかげ:haruhikage)

・春日向(はるひなた:haruhinata)

・春の朝日(はるのあさひ:harunoasahi)

・春の夕日(はるのゆうひ:harunoyuhi)

・春の入日(はるのいりひ:harunoirihi)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の日を含む俳句例

幻の邪馬台国の春日落つ/

春日哉此昧爽の湖一ツ/乙州

白波と春日漂ふ荒岬/桂信子

春の日や日永の宿の霞酒/秀吉

山鳥の尾をふむ春の入日哉/蕪村

母通る枯草色の春日中/飯田龍太

春日影音も香もなき鏡かな/越人

美しき孔雀の羽や春日さす/至青

春の日や雪隠草履の新しき/一茶

春の日を頒ち三十三露佛/上村占

春の日や暮ても見ゆる東山/一茶

上代の春日も光れかぶと山/山店

春の日や庭に雀の砂あびて/鬼貫

春の日や小半酒も花心/井上井月

春の日や鴎ねぶれる波の上/闌更

春の日のつる~辷る樒かな/一茶

春日ざし歓喜の貌の仏舞/正玄馨

唯今只春日爛干蝶も飛ばず/虚子

杉折ににじむ春の日卵焼/長谷川櫂

苣の木に雀囀る春日かな/子規句集

俳句例:21句目~

満丸に出でても長き春日かな/宗鑑

春の日を音せで暮るる簾かな/白雄

春の日を聚め明るし樺林/小谷渓子

猫の目のまだ昼過ぬ春日かな/鬼貫

春の日や門ゆく梵論の影法師/蓼太

袋角春日灯籠の隙間より/岩崎照子

春日鶴嘴重き原爆未亡人/藤田湘子

春の日や楽声起る塀の中/子規句集

蹇の顔ほがらかに春日哉/高井几董

春日の蕗の広葉の幾重ね/永井龍男

草の家の柱半ばに春日かな/龍之介

春の日や達磨大師の尻もだえ/調和

木登りの虚空の足の春日影/上野泰

松山の城より低き春没日/萩原麦草

人中の心やすさよ春日影/中村汀女

春日を鉄骨のなかに見て帰る/誓子

倉敷の雄鶏書房春日差す/高澤良一

春の日や午時も門掃く人心/炭太祇

春日いま人働かす明るさに/岡本眸

枝の股ごとの小人の春日たち/林翔

俳句例:41句目~

春の日やむかし咄は朝茶の子/調和

一抹の雪雲はしる春夕日/前田普羅

波崩れ男の頭上春日跳ぶ/古館曹人

鵲の人に糞する春日かな/子規句集

砂浜に足跡長き春日かな/子規句集

鰐口の音暮るゝまで春日かな/白鳥

妻に米ありて春日の煙出し/森澄雄

赤犬を呼ぶ春日の第一声/細見綾子

春日てる二見は誰の哥すがた/とめ

莟なる梅あたたむる春日かな/智月

韓王の行列来る春日かな/子規句集

辻能の剣に映る春日かな/会津八一

うちつれて汐木を拾ふ春日かな/暁台

うち晴て障子も白し春日影/上島鬼貫

春の日に大きく開けて門柱/島田青峰

春の日に髪の重たさ旅了る/津田清子

崑の絵を掛け春日の一茶房/皆川白陀

春の日の朱をべつたりと中華街/原裕

てり返す峰々の深雪に春日落つ/普羅

村葬や春日ざらしの茄で卵/栗林千津

俳句例:61句目~

春の日の窓に浮べる埃かな/野村泊月

松飾して新造の春日丸/阿部みどり女

春の日やみ仏の足一指反る/沢木欣一

春の日や木賊色濃き詩仙堂/鈴木貞雄

桶の尻干したる垣に春日哉/夏目漱石

曲水や春の日永久に落つ勿れ/原月舟

松山に春の日はあり光悦寺/京極杞陽

浅春の夕日の中に鶴なけり/田中冬二

手向山春日へ出づる木下闇/松瀬青々

難波橋春の夕日に染りつつ/後藤夜半

室戸岬汐目汐目に春没日/百瀬邦一郎

美しき春日こぼるる手をかざし/汀女

春日いま昃れる額の鉛筆画/京極杞陽

わが心探る眼知りつ春日桶/吉屋信子

岩の秀の十基の墓の春没日/加藤楸邨

春没日眼鏡も入るる棺の中/内藤吐天

流れ鳶ながし春日ゆるぎなし/上村占

湧水に砂のぽこぽこ春日中/高澤良一

哲人の思索に眠る春日かな/民部里静

無関心な春日の交差/高層窓/森須蘭

俳句例:81句目~

三尺の庭を詠むる春日かな/子規句集

三鬼の死春日は海へ遁走す/角川源義

丹頂に春日いつまで妻遠し/細川加賀

乞食に銭うつ橋の春日かな/会津八一

玉爪の金をつかむ春日かな/上島鬼貫

神々と春日茂りてつづら山/上島鬼貫

竹の風ひねもすさわぐ春日かな/犀星

笹むらや葉一枚づつ春日濃し/上村占

簾戸に鯛のこけちる春日哉/加舎白雄

近江いま空も水田も春没日/木村敏男

春日や種子黒々と地に移す/北園克衛

老の手をかざして春日眺め立つ/篠原

双眼鏡あたたむ海の春日差/高澤良一

興亡の野をおし照す春日かな/中勘助

蟻共の尻みな光る春日かな/富田木歩

春日影どの墓もみな倖に/高橋淡路女

四方の春日は明かに餅白し/尾崎紅葉

血色よき児童が通る春日中/高澤良一

土掘つて切りし球根春日濡る/金子潮

春日満つ薪の切口の円/半円/岸田稚

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ