季語/雪兎(ゆきうさぎ)を使った俳句

「雪兎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪兎」について

【表記】雪兎

【読み方】ゆきうさぎ

【ローマ字読み】yukiusagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪兎を含む俳句例

分校の子供の数の雪兎/武田孝子

青髭の松葉貰ひし雪兎/門馬圭子

泣きやめて師へ奉る雪兎/池田澄子

雪兎かしこきころの綴方/立原修志

たましいの後れて消える雪兎/澁谷道

病みて臥す子の枕辺に雪兎/薦田伸子

雪兎おのれ細りし水湛ふ/加倉井秋を

雪兎つくる夫婦に二人の子/木村蕪城

雪兎わが家に娘なかりけり/岩城久治

雪兎一夜兎になりすます/宇多喜代子

雪兎作りて婚期過ぎにけり/宮武章之

団欒にもすこし居たい雪兎/河合多美子

盆の上に透けてきたりし雪兎/岡部渓子

聡き耳持つ山の子の雪うさぎ/首藤基澄

自由が丘の夕ベは氷る雪兎/山田みづえ

雪うさぎ溶けて竃を残したり/五島高資

雪うさぎ熱き泪をもちながら/佐藤和枝

雪兎ぐいと地球が回り出す/宇多喜代子

雪兎作つて溶けて如意ヶ嶽/波多野爽波

雪兎雪被て見えずなりにけり/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

ひきつづき身のそばにおく雪兎/飯島晴子

人肌を知りてくろぐろ雪うさぎ/櫂未知子

朱の盆に載せて丹波の雪うさぎ/草間時彦

赤きものあれば目となる雪兎/宇多喜代子

雪うさぎ柔かづくり固づくり/波多野爽波

雪うさぎ眼からとびだし濁り酒/和知喜八

雪兎欲りし熱の子もう眠る/久保田月鈴子

きのうよりここにこうして雪兎/宇多喜代子

座すことも夢のひとつに雪うさぎ/大井恒行

目を入れて亡き子に似たる雪兎/大木あまり

雪うさぎ泣かされ役が捧げくる/文挟夫佐恵

雪うさぎ恋生れし日のよみがへる/仙田洋子

掌に載せて息吹きこみぬ雪うさぎ/橋倉葉久子

雪うさぎ溶ける/生きねば生きねばならぬ/折笠美秋

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ