季語/襟巻(えりまき)を使った俳句

「襟巻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「襟巻」について

【表記】襟巻

【読み方】えりまき

【ローマ字読み】erimaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・首巻(くびまき:kubimaki)

・マフラー(まふらー:mafura)

季節による分類

・「え」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

襟巻を含む俳句例

襟巻の狐をミサの膝の上/長田等

襟巻や鼕々梅里金太郎/増田龍雨

襟巻に消えたる雪や一の午/春草

襟巻に首引き入れて冬の月/杉風

襟巻の人の中なる戦災者/石塚友二

襟巻が赤くて帰支度かな/岸本尚毅

一望怒濤の襟巻でする頬被/斎藤玄

襟巻と手袋買つて年忘れ/田中冬二

襟巻深く汝の眼瞑みたり/石塚友二

妻春の襟巻雨を寒がりぬ/高橋馬相

屍行き紅襟巻の夫人蹤く/石田波郷

明眸や藍襟巻の一抹に/島村元句集

襟巻に一片浮ける朱唇かな/原石鼎

桂郎の赤き襟巻畦の数/秋元不死男

襟巻に傷ある人の寒の紅/福田清人

襟巻の狐足振る女の背/村山三千代

襟巻や畜類に似て人の耳/西島麦南

襟巻や寺の忰の僧きらひ/河野静雲

襟巻やまた旅に出る講釈師/吉井勇

襟巻の狐の貌は別に在り/高浜虚子

俳句例:21句目~

襟巻の浅黄にのこる寒さかな/蕪村

草餅や襟巻かたき湯治人/島田青峰

退潮の疾き夜の襟巻深く/原田種茅

襟巻やうしろ妻恋坂の闇/小川千賀

襟巻や一誌を持てば蔑まれ/石原八束

襟巻や一語言へねば数百語/加藤楸邨

伯林の時の襟巻いまは派手/山口青邨

襟巻や早や漁火は沖に満つ/中村汀女

襟巻や毛皮ぞろぞろ念仏寺/川崎展宏

襟巻や猪首うづめて大和尚/村上鬼城

春めくや襟巻もせぬ小買物/高濱年尾

母の喪に母の襟巻して籠る/八染藍子

襟巻や罷めても村の生字引/河原白朝

襟巻や蒲柳の質の顔よけれ/喜谷六花

襟巻や貧困の詩を今は書かず/岡崎光

襟巻を厚くたたみし会議かな/日原傳

襟巻を肩に流して御籤引く/大川千秋

肩へはねて襟巻の端日に長し/原石鼎

襟巻を長く垂らして鹿の前/田中裕明

雨にひま茶所の翁は襟巻を/高濱年尾

俳句例:41句目~

行末や襟巻のうち息溜めて/草間時彦

襟巻が知つてる私の独り言/石川文子

襟巻につゝみ余れる柚の頬/前田普羅

襟巻に包むコンサートの余韻/畑湘甫

襟巻の中からのぞく夕日山/前田普羅

襟巻の人をつれたる自衛官/岸本尚毅

襟巻の濃きと淡きと僧二人/高野素十

襟巻の片端垂らし思想もつ/工藤克巳

襟巻の狐が抱くナフタリン/桃澤正子

襟巻に頸華やぎて細かりし/田中暖流

襟巻の紅きをしたり美少年/尾崎紅葉

襟巻の銀狐獣の爪をもてり/岸風三楼

襟巻やしのぶ浮世の裏通り/永井荷風

ふはふはと襟巻の師よ合掌す/松村蒼石

襟巻の中からのぞく野の夕日/前田普羅

襟巻を贈りくれたる四人の名/高浜年尾

襟巻や亡秋月の人となり/久保田万太郎

家鴨追ふ襟巻をして帽子着て/細見綾子

襟巻をふんまへあるき彼岸媼/河野静雲

煙草買ふだけの外出の襟巻して/安住敦

俳句例:61句目~

襟巻にこころききたる盲かな/飯田蛇笏

霧ひらく赤襟巻のわが行けば/西東三鬼

襟巻自若肺癌と知る顔ならず/石塚友二

襟巻をして晩節をいとほしむ/老川敏彦

襟巻の狐くるりと手なづけし/中原道夫

襟巻に末滴む鼻もかくれけり/小澤碧童

襟巻を垂らして女自動車より/高濱年尾

襟巻を嫌ふ人なり出てゆける/武井三重

襟巻の奥より光るイヤリング/稲垣一雄

襟巻を買ひおろしけり酉の市/増田龍雨

襟巻や氷の国のけものにて/徳永山冬子

先生を見舞ふ襟巻はづしけり/鈴木しげを

紙漉女襟巻のことを私話めけり/萩原麦草

花冷えのコンドル無垢の襟巻す/高澤良一

襟巻や小手指の野に没日見て/鈴木しげを

襟巻や思ひうみたる眼をつむる/飯田蛇笏

襟巻に巻かれて首の突つ立てる/矢島渚男

襟巻やほのあたたかき花舗の中/中村汀女

襟巻を巻きなほしつつ風抜くる/小野茂川

襟巻を炎やして大根曳きにけり/萩原麦草

俳句例:81句目~

襟巻の貂我が庭で獲りしもの/植松千英子

襟巻をきつく我身をはげましぬ/田中裕明

襟巻にふつつりつぐむ思ひかな/中村汀女

襟巻翁茂吉先生に似しに合ふ/水原秋櫻子

自愛せよとて襟巻をして別れ/深見けん二

車内燈点き襟巻の瞳に狼狽あり/原田種茅

襟巻や寒さはなれぬぼんのくぼ/小杉余子

風の夜の僧の襟巻借りて出づ/川村皓一郎

ゆるやかに老の襟巻したるまま/深川正一郎

狐の襟巻まかり通るよ寄りがたし/玉川行野

襟巻ふかく夜の水鳥に立たれけり/大野林火

襟巻の眼ばかりなるが走りよる/五百木飄亭

襟巻や老のおとがひたくましく/百合山羽公

襟巻を売りをはるまで見てをりぬ/加藤楸邨

著ぶくれることも慣れゐて襟巻も/高浜年尾

襟巻をひらひら若さひらひらと/長谷川耕畝

生きもののふるひ立つ毛の襟巻す/赤松ケイ子

汽車にねむる襟巻をまきかへにけり/川上梨屋

襟巻に老いて澄む目やかなしきまで/加藤楸邨

古い襟巻をかへず妻に昂つたこと言ふ/喜谷六花

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ