季語/夏めく(なつめく)を使った俳句

「夏めく」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏めく」について

【表記】夏めく

【読み方】なつめく

【ローマ字読み】natsumeku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏きざす(なつきざす:natsukizasu)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

夏めくを含む俳句例

夏兆す杉の吉野の水鏡/原裕

夏めくや男結びの白の帯/篠原

夏めきし港にまがる甃/上村占

夏兆す曲家に鍋釜を伏せ/神蔵器

夏めくや素足の裏に庭の土/渋亭

唇の潮風なめて夏めきし/滝青佳

少年の鋭角の肩夏兆す/大西泰世

夏めくや水なす夜空帆なす雲/林翔

路にさらす老人の顔夏めく日/龍太

夏めきて夜鴉闇の森わたる/上村占

袖かろし夏めく水仕はげまされ/貞

夏めくや化粧うち栄え嬖/高浜虚子

縞馬の流るる縞に夏兆す/原田青児

夏めくや合せ鏡に走る虹/久米正雄

浪曲の夏めき語る蓄音機/筑紫磐井

城下町瓦光りて夏めきぬ/宮口征子

夏めくや庭を貫く滑川/松本たかし

夏めくや庭土昼の日をはじき/立子

寺清浄僧等清浄夏めきぬ/高野素十

夏兆す雲むらがりて雄冬岬/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

夜風入灯を高く吊れば夏めきぬ/波郷

妹山の夏めく裾の白瀬かな/田中英子

季無しの簾ながらに夏めきぬ/岡本眸

山水に夏めく蕗の広葉かげ/飯田蛇笏

シグナルの変り夏めく交差点/風間圭

朝な替ふ榊の水も夏めきぬ/宮武寒々

梧桐や夏めく宵の一つ星/高橋淡路女

湯上りの胸の黒子や夏めきぬ/森澄雄

病妻に街夏めくを告ぐるのみ/有働亨

磨く匙きらりと水に夏兆す/山下喜子

鳥光り飛んで夏めく空の雲/石塚友二

鶏放つ朝方は夏めきにけり/清水基吉

夏めくや二人の卓布水色に/小元洋子

夏めくや天へ挙りて葡萄蔓/今井竜蝦

夏めくや母の点前の水のごと/齋藤玄

夏めくや狐いろなる障子の灯/中拓夫

夏めいてくる鏡台のあたりより/黛執

夏めくや畳いわしに目の数多/堤保徳

黒奴あり児に夏めきし車窗/飯田蛇笏

夏兆すハンカチ白きまま夜へ/有働亨

俳句例:41句目~

夏めきて人顔見ゆるゆふべかな/成美

夏兆す跳箱さらに高くせり/市川英一

靴音の記者は乙女か夏めける/室生犀星

夏めくや椎のかづきし雲のいろ/高橋潤

酒場帰る楽手夏めき辻に群る/宮武寒々

ゆくほどに夏めく風の岬かな/倉田紘文

夏めくや何か足らざる空の隅/宇陀草子

夏めくや出窓に飾るガラス玉/山下典子

絵馬が鳴り夏めく磯の流人墓/河野南畦

夏めくや眼鏡の縁に日の返り/今泉貞鳳

女教師の眉間の傷も夏めけり/清水哲男

梵天の御衣夏めく安佐美止利/高澤良一

勝鬨は男橋や波に夏きざす/文挟夫佐恵

祭夏めく風があそばす鬼の面/河野南畦

夏きざしつつ青雲と野の樫と/木下夕爾

夏めくや葡萄酒の白冷しをり/角川春樹

犬吠の夏めく怒濤見んと来し/大津希水

夏きざす窓掛に蛾の朱一点/篠田悌二郎

夏めくや軋るお厨子の蝶番ひ/久米正雄

夏めきし真昼の雲や躑躅山/石島雉子郎

俳句例:61句目~

照る雲に喬木は胡桃夏めく瀬/飯田蛇笏

渓に樹つ朴一樹野に夏きざす/飯田蛇笏

夏めきて雷ころがれる山葵沢/石原舟月

夏めきや段廻廊を抜ける風/松根東洋城

海蝕の日あし夏めく礁の子ら/河野南畦

夏めくや少女は長き脚を組む/岩垣子鹿

朝日棒状破れ戸貫き夏めける/石塚友二

夏めくと坐せば畳の匂ふなり/田中茗児

夏めくと己励ます病臥かな/荒川あつし

服薬の水なまぬるく暑の兆す/高澤良一

手に当る蔓のこつんと夏兆す/高澤良一

夏めくや火の島赤く描かれて/野上水穂

夏めくや霽れ雷のひとつぎり/飯田蛇笏

夏めくや言葉にならぬ里の空/吉村叔子

麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜/飯田蛇笏

夏めいて花の時計の廻るかな/岡本求仁丸

夏めくとひそかなものに鹿の脚/長谷川櫂

夏めくやあやして掬ふ絹豆腐/山下百合子

夏めくやひそかなものに鹿の足/長谷川櫂

子を産んで手首ほろほろ夏兆す/鎌倉佐弓

俳句例:81句目~

絵タイルの魚踏む街よ夏きざす/石川文子

夏めくや淡きみどりの手術着も/大島民郎

夏めくや海より生れしいろの蝶/朝倉和江

歩むたび星もはずみぬ夏めく夜/高木晴子

活字よく組めて余白の夏めきぬ/渡邊水巴

夏めくや夜風と呼びてなつかしく/仁平勝

玻璃屋根に夏めく雨や灸すうる/宮武寒々

縞芒夏めくものに見えにけり/大場白水郎

夏めくや卓布にふるる膝がしら/田中裕明

草鞋して夏めく渡舟去る娘かな/飯田蛇笏

食卓に夏めげぬ子等の瞳かな/島村元句集

馬銜掛けしままの柱も夏めく夜/飯田龍太

いちめんに夏めく潮路えっさ丸/高澤良一

八方へ蔓にょきにょきと夏兆す/高澤良一

夏めくや縫針もてば愚痴しらず/谷本てる女

夏めきてバーベルぐんと重くなる/和田幸司

夏きざす人影うごくニュータウン/山田一男

夏めくとふわりと馬の来て止まる/二村典子

夏きざすペンキ塗見つわれ汚れず/宮津昭彦

多羅葉の青実夏めく吉備路かな/藤田美代子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ