季語/トマトを使った俳句

「トマト」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「トマト」について

【表記】トマト

【読み方】とまと

【ローマ字読み】tomato

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蕃茄(ばんか:banka__)

・赤茄子(あかなす:akanasu)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

トマトを含む俳句例

政変やトマトに塩をふる男/皆吉司

青トマト落つ石垣に驟雨の痕/中拓夫

汗拭ふ貧厨トマト浸しあり/岸風三楼

千万の宝にたぐひ初トマト/杉田久女

太陽を孕みしトマトかくも熟れ/篠原

時国家厨の笊にトマトあり/南部富子

トマトなほ累々と青し鰯雲/木村蕪城

人間の匂ひ砂丘に腐れトマト/有働亨

秋晴の畑に残るトマトかな/相島虚吼

百年過ぐトマト畑の日照雨/寺井谷子

灼土にしづくたりつゝトマト食ふ/篠原

子の為に朝餉夕餉のトマト汁/星野立子

トマト赤し耳も淋しき高原に/対馬康子

トマト赤一人で喋る娘と夕餉/丸橋静子

温室にトマト熟れたる朧かな/岸本尚毅

トマト食ふ朝夕つづけて一年中/上林暁

桃トマト小冷蔵庫なれど冷ゆ/日野草城

妻留守の完熟トマト真二つに/山中正己

朝市や追荷のトマト露とどめ/前田鶴子

星夕拓土さながらトマト熟れ/萩原麦草

俳句例:21句目~

学僧やよくトマト喰ひ華厳狂/河野静雲

初もぎの喜色のトマト卓にあり/仲澤昭

土深く竹刺してまだ青トマト/和知喜八

編年史ならば赤茄子地に震はむ/橋口等

トマト濡れ高草山よ青けぶり/菊川貞夫

現実は多分トマトの丸かじり/櫂未知子

荒川の源流にしてトマト食ふ/八木林之介

完熟のトマトを夕日よりはづす/南うみを

帰省子にトマトの青も門辺なる/岸風三楼

庭先にトマト実らせ白き椅子/長谷川吉雄

恋愛のふとをかしきは赤茄子/増田まさみ

持ち重る茄子やトマトや水見舞/星野立子

昭和遠し冷しトマトといふ肴/伊藤伊那男

松かげにトマトの出来や浜館/島村元句集

トマトもぐ一畝買ひの畑に来て/山岸治子

水溢れ胡瓜トマトも溢れ来る/蓬田紀枝子

満鮮の旅によろしも瓜トマト/鈴鹿野風呂

物売の驟雨に濡れしトマト買ふ/宮津澪子

畑から飛びくる蠅やトマト剥く/増田龍雨

癩夫婦西日のトマト手より手へ/石田波郷

俳句例:41句目~

起きし子と朝の挨拶トマト切る/高橋笛美

青トマト囓りて充たずまだ戦後/河野南畦

トマト二顆づつ白布ばかりの卓の上/林翔

トマト作る日曜学校の生徒かな/島田青峰

トマト噛むや沖の没日が火の車/川口重美

トマト耀り海への道の真昼なる/中島斌雄

一片のトマト冷たきランチかな/野村喜舟

下駄やトマト漂ふ海の親しさよ/津田清子

二つ三つふぐり下りに青トマト/石塚友二

初蝶を見たりトマトだけの昼餉/細見綾子

古書街に日は昇りけり青トマト/斉藤夏風

噴霧機にトマトの匂ひはね返る/河津春兆

夏草を毟るトマトのほとりかな/前田普羅

夜が暑し何でトマトを煮て食はす/有働亨

トマト一鉢に露台の色を集めけり/島田青峰

難民やトマトあふれるほどに売り/対馬康子

トマト新鮮リヤカー部隊脊振から/鮫島康子

行く秋や残るトマトの青きまゝ/高橋淡路女

虹たつやとりどり熟れしトマト園/石田波郷

冷蔵庫に冷えゆく愛のトマトかな/寺山修司

俳句例:61句目~

トマト食ふ妊りし唇ためらはず/榛原アイ子

誌を了へて南部の路地に瓜トマト/斉藤夏風

トマトもぐ巨獣の如き機械かな/吉良比呂武

トマトもぐ手より地の涯まで夕焼/齋藤愼爾

草むらにトマト散らばる野分かな/岸本尚毅

トマト熟れ伊賀の山脈明らかに/大田たけを

トマト食す哀しいほどに自由なり/鮫島康子

脇役はほどほどでよし熟れトマト/梅田眞男

笑ふこと減りてトマトに塩を振る/櫂未知子

朝日匂ふ卓へ濡れ手で出すトマト/金子篤子

朝露に濡れて熟れたるトマトもぐ/和泉直行

夏まけの胃によトマトも末となり/林原耒井

下水底に足つきて貰ふトマト紅し/岩田昌寿

トマト好き故にピザ好き紅茶好き/高澤良一

登山衆が桃がトマトが濡れて着く/林原耒井

青トマトすくすく伸びし童女の背/相馬遷子

二階より駈け来よ赤きトマト在り/巌谷小波

熟れすぎのトマトは強き日の匂ひ/大星雄三

トマトに塩いまも若子の位置われに/野澤節子

トマトに振る塩目分量ちょと過ぎし/高澤良一

俳句例:81句目~

海夕焼トマトを伊太利亜風に煮て/中戸川朝人

握るトマトに燃ゆる秋日な切り離す/林原耒井

剪り取りしトマト掌にあり日を鍾め/林原耒井

人買ひの道はトマトを熟れさすよ/井上ひろ子

井戸水にめぐまれ住んでトマトもぐ/伊東月草

茄子胡瓜トマトも売られ冬至とは/岡本まち子

トマトなどもぎ来て夕餉もてなされ/福井圭児

落暉いまトマト剪り取る手にゆらぐ/林原耒井

蕃茹に塩振りすぎとこゑありにけり/高澤良一

好きといふ露のトマトをもてなされ/川端茅舎

遊女の昼流るでもなきトマトの蔕/八木三日女

釜利谷のをばさんの売る地のトマト/高澤良一

くちづけのあとの真っ赤なトマト切る/大高翔

ほのかなるトマトのぬくみ草に置く/林原耒井

アスパラ北より早生トマト南より/鈴木真砂女

氷河遠望トマトが甘いプロフェッサー/伊丹公子

葉を巻いてトマト病みをり梅雨の庭/松本たかし

水戸つぽが食ぶや血の濃くなるトマト/岡田久慧

ひとときに熟るゝトマトや小さきまで/相馬黄枝

ころげたるトマト踏まるゝ市場かな/為成菖蒲園

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ