季語/夏館(なつやかた)を使った俳句

「夏館」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏館」について

【表記】夏館

【読み方】なつやかた

【ローマ字読み】natsuyakata

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏邸(なつやしき:natsuyashiki)

・夏の宿(なつのやど:natsunoyado)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏館を含む俳句例

潮風に人体ひらひら夏館/安西篤

文芸の美貌の風や夏館/攝津幸彦

一汁の一菜の夏館かな/高野素十

山上に強き燈洩らす夏館/桂信子

夏館古き時計を疑はず/岩田由美

時忠の子の時国の夏館/倉田紘文

夏館無人の如き廊を行く/上野泰

誰としる人声遠し夏館/飯田蛇笏

硫黄噴く山正面に夏館/米沢和子

袖垣もまだ新しき夏館/京極杞陽

青蘆を一茎活けし夏館/飯田蛇笏

「信友の室」の扁顔夏館/原田青児

いきいきと婢の声や夏館/京極杞陽

沓脱の磐石ひとつ夏館/大峯あきら

夏館直情径行の人しづか/川崎展宏

一ト谷の森を庭とし夏館/斎藤信山

地震りて額の動ける夏館/高浜虚子

売家といはれ大きな夏館/高濱年尾

抜け穴の中も抜け穴夏館/柿本多映

夏館窓を開くに軍手して/下坂速穂

俳句例:21句目~

夏館主客の微笑木の間より/宇野端

夏館乃木希典の書を額に/遠藤梧逸

夏館大山蓮華活けてあり/片岡奈王

夏館異人住むかや赤い花/子規句集

話し外れ戻りて朋の夏館/高澤良一

門入りて暫く行きて夏館/高濱年尾

夏館武者から剥ぎし刀あり/守屋明俊

夏館フランス人形窓に見ゆ/高濱年尾

背皮やや傷みし本や夏館/大峯あきら

夏館老尼も泊りながし吹く/飯田蛇笏

甲斐駒を迎へ入るるや夏館/平野謹三

金甲三百鴨居に光る夏館/下村ひろし

幽霊になかなか遇はず夏館/桑原三郎

宝物のことごとく武具夏館/高井紅雨

十能に火の粉を運ぶ夏の宿/伊藤敬子

夏館けむりは竹を燃やしをり/中村雅樹

群像のいづれも孤立夏館/鍵和田ゆう子

椅子の絵の下に椅子あり夏館/千田百里

夏館はなはだ小さき人はひる/高濱年尾

武具/雛具少し塵被て夏館/岡本差知子

俳句例:41句目~

ドアノブの明治の手摺れ夏館/田中政子

封を切るコーヒーの香や夏館/磯崎美枝

芭蕉織る嶋とおもへば夏の宿/飯田蛇笏

ルリ貝の瑠璃ひびき合ふ夏館/石崎多寿子

ロンロンと時計鳴るなり夏館/松本たかし

ボトルシツプにクルー居ず夏館/三橋敏雄

夏の宿魔性のうをを食へといふ/筑紫磐井

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ