季語/汐干狩(しおひがり)を使った俳句

「汐干狩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「汐干狩」について

【表記】汐干狩

【読み方】しおひがり

【ローマ字読み】shiohigari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・汐干(しおひ:shiohi)

・汐干潟(しおひがた:shiohigata_)

・汐干船(しおひぶね:shiohibune)

・汐干貝(しおひがい:shiohigai)

・汐干岩(しおひいわ:shiohiiwa)

・汐干籠(しおひかご:shiohikago)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

汐干狩を含む俳句例

深川や桃の中より汐干狩/一茶

引締る水幾尋ぞ汐干狩/綾部仁喜

燈台の影が日時計汐干狩/藤井亘

山の子の丁寧に掘る汐干狩/小林武

もどかしの解けし袂や汐干狩/泉琴

工場の塀迂回して汐干狩/右城暮石

潮干狩脛長少女と一日あり/岸田稚

次に撒く貝搬入す潮干狩/茨木和生

濃紺の海少しある汐干狩/右城暮石

風呂敷の旗が目印潮干狩/増田松枝

潮干狩映る日輪かき消えぬ/森山夕樹

眼帯の中はさざなみ潮干狩/齋藤愼爾

老二人子守りがてらの潮干狩/上村占

脂っ気抜かれ戻れり汐干狩/高澤良一

倦怠を背負ふ父子の潮干狩/仙田洋子

芙蓉峰うち仰ぎもす汐干狩/飯田蛇笏

顔上げて口紅濃しや潮干狩/岸本尚毅

飛び走る小犬も家族汐干狩/鈴木御風

体内の水減らしつつ潮干狩/齋藤愼爾

昔ここ六浦とよばれ汐干狩/高浜虚子

俳句例:21句目~

昔こゝ六浦とよばれ汐干狩/高浜虚子

歩み来ぬ岬のなりに汐干狩/加舎白雄

汐干狩夫人はだしになりたまふ/草城

汐干狩時間を暫し棚あづけ/高澤良一

脛白く見せたる母や汐干狩/老川敏彦

かへりみて陸は遠しや汐干狩/福島閑子

わが舟のはるかに遠し汐干狩/田中泊舟

先生のはりきつてゐる潮干狩/いさ桜子

潮干狩無数の穴がからだにも/対馬康子

汐干狩擡ぐ尿意を如何にせん/高澤良一

疲れゝば友背負ひくれ汐干狩/国弘賢治

波の上に動く淡路や汐干狩/米澤吾亦紅

汐干狩して居る上に紀三井寺/野村泊月

海底のけむり出てくる汐干狩/杉野一博

汐干狩神の鳥居の裾にして/和気久良子

汐干狩しつゝ歩いて行ける島/稲畑汀子

潮干狩夫人はだしになり給ふ/日野草城

ひとところ喚声あげて汐干狩/田中/由恵

地球儀のころがつてゐる潮干狩/大石雄鬼

汐干狩目ぼしきものにあこや貝/松藤夏山

俳句例:41句目~

汐干狩ふいにみんなが遠くなり/内田美紗

津の海のしりぞきにけり汐干狩/日野草城

自動車を素足で下りて潮干狩/青葉三角草

さりげなくひとと競へり潮干狩/黒坂紫陽子

大風によろめきながら汐干狩/阿部みどり女

汐干狩雲に狩られるごとくをり/大木あまり

浦の茶に喉をうるほし潮干狩/阿部みどり女

突つ立つてゐるおとうさんの潮干狩/三橋敏雄

風に乗る孫のはしゃぎや潮干狩/嶋川/ミサオ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ