季語/茅花(つばな)を使った俳句

「茅花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茅花」について

【表記】茅花

【読み方】つばな

【ローマ字読み】tsubana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・茅萱の花(ちがやのはな:chigayanohana)

・茅花野(つばなの:tsubanano)

・針茅(つばな:tsubana_)

・ちばな(ちばな:chibana)

・浅茅が花(あさじがはな:asajigahana)

・しらはぐさ(しらはぐさ:shirahagusa)

・茅花ぬく(つばなぬく:tsubananuku)

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

茅花を含む俳句例

望郷や茅花流しの工女寮/西本一都

旅鞄おけばつういと茅花かな/風生

空海の筆跡茅花流しかな/白澤良子

茅花散り徒然草に恋の段/西村和子

茅花かげ螢鬱金の灯をともす/和田渓

茅花野の光へ峠越えにけり/山田弘子

屋久島や茅花流しの海の色/小坂順子

川風に蝶吹き落ちし茅花かな/好文木

茅花流し水満々と吉野川/松崎鉄之介

径ほろび茅花流しの塩屋跡/桂樟蹊子

笹舟の舫ひていでぬ茅花かな/飴山實

茅花野に兎の如く君待つも/小池文子

故郷や茅花ぬきしは十余年/正岡子規

屋上の茅花ほほけて吹きなびき/楸邨

葛西橋渡りて茅花流しかな/蟇目良雨

雲遠し呆け茅花の辺に坐せば/安住敦

夕風の白き茅花の家路あり/山田弘子

馬鹿貝や茅花に降りし雨三日/齋藤玄

水の面の凹みし茅花流しかな/岸田稚

茅花吹くいまも歩める空也像/上村占

俳句例:21句目~

日月や茅花流しの野路の空/室積徂春

大空の凧に風ある茅花かな/小杉余子

茅花の穂蛭の血止めに今もすや/綾子

茅花野に夕風立ちて雪加啼く/伊東宏晃

茅花の穂光り忘れてゐる時も/佐藤裸人

茅花明り湖明りして来りけり/岡田貞峰

男から死ねと茅花の野に笑う/寺井谷子

段畑に人ゐて茅花流しかな/大谷たか子

狂ひても女/茅花を髪に挿し/三橋鷹女

口中の茅花を我に見するかな/大岡頌司

同齢者老い透明な茅花流し/能村登四郎

夢の中に茅花の白を摘み来る/河野南畦

川が暮れその辺が暮れ茅花暮れ/蔦三郎

旅ひと日茅花流しや湖に吹く/角川春樹

旅枕夜目にも茅花流しかな/沼尻巳津子

地の果のごとき空港茅花照る/横山白虹

水に映り茅花は白し死は徐々に/桂信子

茅花野を鉛筆書きの手紙くる/能村研三

寂れゆく捕鯨の浜の夕茅花/白水佐代子

狐の面つけて茅花の吹かるるよ/辻桃子

俳句例:41句目~

青空のつめたき茅花流しかな/鹿野恵子

茅花の穂千の鴎となりにけり/西川織子

三日月のほのかに白し茅花の穂/正岡子規

人ゆかぬ姥子のみちの茅花どき/河野南畦

古墳見て白き茅花のなびくのみ/松村蒼石

和服着て茅花流しの日なりけり/光木正之

庭に母の声して茅花流しかな/古賀まり子

放哉の庵訪へざりし茅花手に/稲垣きくの

昨日今日能登ゆく茅花流しかな/霊園文子

月照らす茅花野ははや真白なり/斉藤栄子

母いでて我よぶ見ゆる茅花つむ/高濱虚子

浜風のゆふべ茅花の吹かれをり/谷中隆子

生きること死ぬこと茅花流しかな/岸田稚

茅花どき旅の一つもせよと云ふ/高澤良一

茅花ながし妻の眠りは深眠り/八木林之助

茅花呆け旅の涙を野におとす/稲垣きくの

茅花噛む戯絵の兎になりたくて/佐藤鬼房

茅花摘む茅花の中へ走り込み/石井とし夫

茅花流し母に雨傘もういらぬ/古賀まり子

茅花野の川越えてまた茅花の野/辻田克巳

俳句例:61句目~

茅花野の幾重波なすかくれ村/古賀まり子

茅花野へ杖を頼みの試歩百歩/前田/白雨

おそろしき迄穂に出る茅花かな/子規句集

たはやすく昼月消えし茅花かな/芝不器男

行春を鬼となりたる茅花かな/安藤橡面坊

貨車通る風のつめたき茅花かな/木下夕爾

雲を見に茅花の丘にのぼりけり/西本一都

どれの子も一掴みつゝ茅花かな/篠崎霞山

青し但馬土手の茅花のどこまでも/堀葦男

まなかひに青空落つる茅花かな/芝不器男

めつむりて茅花流しに流さるる/福永耕二

稚児舞の畦行く茅花ながしかな/石田阿畏子

暮るる野や先へ先へと茅花光る/加藤知世子

離宮田の茅花は長けてうやうやし/堀口星眠

子が一つおぼえの唄よ茅花暮れ/成瀬桜桃子

われ在りと無数のわれが茅花吹く/大坪重治

ほゝけたる茅花の畦を塗りにけり/松藤夏山

茅花流しサルベージ船の錆こぼす/栗山妙子

茅花流し叱りすぎたる弟子送り/古賀まり子

脛吹いて茅花流しのむづかゆし/小松崎爽青

俳句例:81句目~

ほこほこと茅花の絮の日にほぐれ/丹羽玄子

茅花の野蒸気機関車あらはるゝ/瀧澤伊代次

茅花笛みじかき音をたてにけり/加藤三七子

とめどなく身の痩せゆける茅花原/須藤妙子

風なきに茅花ひれ伏す夕爾の死/成瀬桜桃子

夕べ淋しさや茅花茅花の明り持つ/高田蝶衣

くちびるが覚えてゐたり茅花吹く/山本美代

茅花あかり貰ひ風呂から二人つれ/中川四明

早乙女や茅花のわたをふきもどる/下村槐太

茅花野やすぐに火を焚く男たち/小泉八重子

真日の下瀬音かすかに茅花噛む/金尾梅の門

茅花ぬくひとり夕べの日にそまり/鈴木正子

茅花嗅ぐわれは如何なる風ならむ/河原枇杷男

潮の香のほのかに茅花なびきをり/海野ふさ子

浮桶下げて海女も鳴らすよ茅花笛/町田しげき

茅花穂となりて日をため日をあつめ/野村久雄

とへば茅花すべて与へて去にし子よ/中村汀女

茅花野に薩摩おごじよは髪吹かる/八木林之助

乞へば茅花すべて与へて去にし子よ/中村汀女

茅花野の風に措かれてゆくばかり/八木林之介

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ