季語/春の波(はるのなみ)を使った俳句

「春の波」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の波」について

【表記】春の波

【読み方】はるのなみ

【ローマ字読み】harunonami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春濤(しゅんとう:shunto)

・春の浪(はるのなみ:harunonami_)

・春の川波(はるのかわなみ:harunokawanami)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の波を含む俳句例

春濤の一線余る小漁港/大野林火

春の波戯れ行けば戯れ来/上野泰

観音の岸へ岸へと春の波/川崎展宏

浅春の波あたらしき寺泊/野澤節子

春濤の大きさ見よや桂浜/高澤良一

春の波手毬の音の如つづく/上野泰

あがりくる潜水服に春の濤/辻桃子

春濤の闇二つある大夜景/鳥居おさむ

湾の内浜瀬に立てる春の波/高浜虚子

春濤の崩れてすぐに立直る/寺岡捷子

光撥ねつつ春の波躍り寄せ/西村和子

浅春の波波波をおっぺして/高澤良一

子と春の波の戯れいつまでも/上野泰

春濤に胸を濡らせる鴎かな/西村和子

根詰めて汀を打てる春の濤/高澤良一

春の波来て空稲架の裾濡らす/安住敦

翅たてゝ鴎の乗りし春の浪/鈴木花蓑

おもはざるところに春の波がしら/林翔

そこらに島をばらまいて春の波/山頭火

晩学や絶えず沖より春の波/鍵和田釉子

俳句例:21句目~

娘売り食ふ漁師ら春の波千里/藤後左右

泡消ゆる音しみじみと春の波/岸本尚毅

病弱児春の波折を見て飽かず/椎橋清翠

起ち上りくる春濤の秀の暗さ/鈴木貞雄

音立てて崩るるものに春の濤/古舘曹人

春濤のはしら豌豆畑にあがる/西本一都

春濤をのぞく絶壁に誘はれ/秋元不死男

春の波見て献立のきまりけり/大木あまり

鴎肥えて己れにひかり春の浪/柴田白葉女

春の濤や撃てと日輪渡りたまふ/渡邊水巴

鯛は鯛にぶつかっている春の波/北川邦陽

人の世のことばに倦みぬ春の浪/三橋鷹女

ゆく春の波こまやかに九十九湾/吉屋信子

春の波引いて我影濡れてゐし/永野由美子

ひらかなの柔らかさもて春の波/富安風生

かくれ岩あり春の波立ちまさり/高濱年尾

寄せて来る春の浪見てゐて楽し/鈴木花蓑

虚子逝けり春濤沖に炎えそろふ/石原次郎

行春の浪凪ぎ来らし夜のキヤビン/林原耒井

春の波眼を病む白さうち重なり/八木原祐計

俳句例:41句目~

手をつなぎ寄せて来たりし春の波/西村和子

春濤のいのちみなぎり来て崩る/鳥居おさむ

春濤の軸巻くごとく駈けり来る/飯尾婦美代

釈迦牟尼の手より走る子春の濤/磯貝碧蹄館

春の濤寄せたるあとはささやけり/加倉井秋を

フェリー航くゆたゆたゆたに春の波/高澤良一

日と月とうつる真午の春の波/吉武月二郎句集

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ