季語/白鷺(しらさぎ)を使った俳句

「白鷺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白鷺」について

【表記】白鷺

【読み方】しらさぎ

【ローマ字読み】shirasagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

白鷺を含む俳句例

薫風や白鷺城の鎧櫃/八十島稔

白鷺の海へ吹かるゝ青嵐/呑仙

白鷺や芦の葉分のむき粽/西調

白鷺の嘴水平に冬の水/川崎展宏

白鷺の下降漸く翅白し/右城暮石

癌の妻風の白鷺胸に飼ふ/斎藤玄

白鷺の掲諦浄土青嵐/文挟夫佐恵

秋の田を刈るや白鷺人に近く/青邨

白鷺の朝餉は何や春田道/高澤良一

白鷺を雪客と言ふ雪浄土/福田蓼汀

凝脂洗う雨の白鷺乱また乱/隈治人

白鷺に逢ひし一事や初詣/原コウ子

冬弱日白鷺町へひと筋に/石川桂郎

白鷺の一羽のための露景色/堤高嶺

白鷺に子ありて秋の水に彳つ/誓子

十二月洲に白鷺の嘴疲れ/松村蒼石

白鷺の並み居る松や青嵐/寺田寅彦

枯芦に一句捻るか白鷺は/高澤良一

白鷺は榛の宿水に二月盡/松村蒼石

白鷺は堰を離れず夕時雨/笹井雅司

俳句例:21句目~

白鷺の鳴かずは雪の一丸げ/光貞妻

無方向なる白鷺の寒飛翔/河合凱夫

白鷺の胸毛ちらすや青嵐/寺田寅彦

煤を着て払はれ顔の行燈かな/白鷺

白鷺の一喝したる冬茜/佐々木六戈

白鷺の一考つづく春の水/高澤良一

白鷺城掌中にして青嶺峙つ/伊東宏晃

冬白鷺竹生島いま田を距つ/木村蕪城

白鷺を遊ばせゐるや田草取/石田波郷

畦塗に白鷺下りて歩くかな/松藤夏山

天の川流れ変りぬ白鷺城/五十嵐播水

白鷺の羽すりにうごく早苗かな/浪化

白鷺の舞ふ輪の外に母の家/永田耕衣

白鷺が降りて沈みし青田波/浜田漁子

白鷺の人音聞くや麦の中/豊後-慎女

白鷺や今日こそ秋のことぶれに/林翔

白鷺の稲にかくるる愁かな/太田鴻村

白鷺がとび立つ水を窪ませて/檜紀代

白鷺の常に相知れるは何羽/永田耕衣

美しき距離白鷺が蝶に見ゆ/山口誓子

俳句例:41句目~

船先を白鷺渉る秋日かな/大場白水郎

友の訃に馳すや白鷺も同じ向/安住敦

陵を出し白鷺一つ月の面を/山本梅史

多佳子忌の白鷺家の前に立つ/清水昇子

梅雨の月白鷺羽摶つこと幽か/加藤楸邨

瀬に立ちて白鷺鮎を見逃さず/滝波園子

白蓮と輝き合ひて白鷺舞ふ/加藤知世子

白鷺にあなどられつゝ深田植/前田普羅

白鷺にしばらく冬田明りかな/澤村昭代

白鷺の白きが寂し巣ごもれば/加藤楸邨

白鷺のはるかな白に居りにけり/不破博

白鷺のみるみる影を離れけり/小川軽舟

飛びつれて白鷺迅し汐干潟/高橋淡路女

白鷺の張りつめし脚比良は雪/花谷和子

白鷺の枯田にあそぶ恵方かな/安藤林蟲

白鷺の白さ掛け稲濡れとほる/右城暮石

白鷺の花となるまで植田水/神尾久美子

白鷺は夏炉に寄りし母のごと/栗林千津

白鷺も稲分けゐるよ釣歩るき/滝井孝作

白鷺や蒼を切り裂く野辺送り/角川春樹

俳句例:61句目~

白鷺ゆき極月の田居空澄めり/西島麦南

白鷺山森の入口はたと昏し/平井さち子

はららごに憑く白鷺の長き嘴/大橋敦子

元朝や今年ものぼる白鷺城/五十嵐播水

友の訃に急くや白鷺も同じ向き/安住敦

蜻蛉生れ白鷺の羽音空に満つ/久米正雄

街なかに白鷺ふえて年の市/上野さち子

長きもの咥へ白鷺とびたてり/徳重怜子

夕すすき白鷺しろき壺となる/堀口星眠

雁かへる方や白鷺城かたむく/萩原麦草

植田はや白鷺の舞ひ下りにけり/志水圭志

白鷺の舞ひ降りて来し年賀かな/稲畑汀子

枯真菰白鷺たてばかゞよへる/軽部烏頭子

白鷺のゆたかな翼青田暁け/阿部みどり女

白鷺の飛びちがへるに菜種刈る/木村蕪城

白鷺の牡丹かすめて飛びあへり/渡辺水巴

白鷺はいちにち重き胃をもちぬ/佐川広治

白鷺の佇つとき細き草掴み/長谷川かな女

晩夏なり白鷺を追ふ首のべて/神尾久美子

白鷺の孤高はるかにある夕日/関根あつ子

俳句例:81句目~

崖の冬白鷺翔てば帆の遠さに/神尾久美子

西へゆく白鷺なれや車窓ぞひ/中村草田男

白鷺も鷺見る面もしぐれけり/古賀まり子

焼野より翔ちし白鷺汚れもせず/野澤節子

白鷺の翔び交ふ下や野蒜摘む/石田あき子

青田より首を伸ばして白鷺立つ/阿部吉子

白鷺と水のあわいに病む乳房/宇多喜代子

むきむきに立つ白鷺や秋の水/大森さなみ

しづくし翔つ水の白鷺霜ぐもり/松村蒼石

白鷺の壊れんとして発ちにけり/五島高資

白鷺に早苗ひとすぢづつ青し/長谷川素逝

うすぎりや白鷺眠る湯のながれ/立花北枝

白鷺と天の接点しぐれけり/野見山ひふみ

暮れ残り白鷺となりぬ田植男等/殿村菟絲子

白鷺はねぶりて秋の日を反へす/軽部烏帽子

白鷺の微光梅雨野の霽れんとす/徳永山冬子

峡の白鷺夕日はものを細うなす/中村草田男

白鷺のかがやくことをいざ知らず/鈴木夏子

湖わたりきし白鷺の舞ひ冴ゆる/加藤知世子

銃眼によれば白鷺とほくとべる/富澤赤黄男

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ