季語/立春(りっしゅん)を使った俳句

「立春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「立春」について

【表記】立春

【読み方】りっしゅん

【ローマ字読み】risshun

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春立つ(はるたつ:harutatsu)

・春来る(はるくる:harukuru)

・春さる(はるさる:harusaru)

・立春大吉(りっしゅんだいきち:risshundaikichi)

季節による分類

・「り」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

立春を含む俳句例

春立や四十三年人の飯/一茶

年寄れど娘は娘父の春/立子

春立や弥太良改一茶坊/一茶

春立や新年ふるき米五升/芭蕉

立春の間近き室戸岬かな/龍太

春立つは衣の棚の霞かな/貞徳

山鴉春立つ空に乱れけり/百間

点るごと立春の豆石の上/原裕

立春や傀儡人形愁嘆場/辻桃子

卵一つ立春の藪動乱す/原田喬

立春や月の兎は耳立てゝ/星野椿

春立つや新年ふるき米五升/芭蕉

立春の現に吾妹観世音/下村槐太

立春大吉朱ヶの大木魚/河野静雲

立春の窖出づる窩主買/西島麦南

春立つや一生涯の女運/加藤郁乎

魚Bの12を買う立春/坪内稔典

春立や菰もかぶらず五十年/一茶

門々の下駄の泥より春立ぬ/一茶

立春の日の輪月の輪雲の中/宋淵

俳句例:21句目~

春立や見古したれど筑波山/一茶

春立や二軒つなぎの片住居/一茶

立春の風ひそみけり低叢に/岸田稚

落葉焚いて春立つ庭や知恩院/虚子

立春満喫茶一服や樓眺/松根東洋城

金泥の無地の衝立春寒し/松藤夏山

かかる夜の雨に春立つ谷明り/石鼎

立春の雪の深さよ手鞠唄/石橋秀野

雪国の春来て乾く桑の土/松村蒼石

立春の半島へ発つ踊子号/高澤良一

霜除のほう鬆と春立ちにけり/茅舎

立春を五分遅らす長電話/有馬英子

立春や香煙とゞく絵天井/野村喜舟

揚幕の朱色結紐春立ちぬ/都筑智子

立春や野に立つ棒を水つたひ/苑子

むらぎもの心に遠く春立ちぬ/林火

春が来て電柱の体鳴りこもる/三鬼

立春や耕人になく廬の犢/飯田蛇笏

春の夜や瓢なでても人の来る/一茶

立春や縦横に散る雀どち/小池文子

俳句例:41句目~

目刺の背青し立春という一語/雅人

立春の雨美しき並木かな/薗田秀子

立春の八百万神覚ます風/高澤良一

春来つゝ大き金星胸の前/岸風三樓

立春や梵鐘へ貼る札の数/飯田蛇笏

春来とも友達言葉の友失ふ/及川貞

春立といふより見ゆる壁の穴/一茶

立春や日表を踏む古き縁/小澤碧童

立春の蛇口全開菜を洗ふ/半田順子

七輪の口が真赤に春来る/河野静雲

礁に焚く芥の炎春立つ夕/松村蒼石

立春の佛蘭西麺麭の虚かな/小澤實

立春の米屋の米の山と川/辻田克巳

立春の上御一人に脱帽す/渡邊水巴

立春の篁の穂の南駒ケ嶽/木村蕪城

春立ちて三日嵐に鉄を鋳る/草田男

立春の白身の魚うす塩に/平井照敏

勾玉のはだらの青に春立ちぬ/龍男

楢山の風紅いろに春立ちぬ/岸田稚

立春や人太陽系に住めり/斎藤空華

俳句例:61句目~

立春の海よりの風海見えず/桂信子

立春や焼印確と工具箱/小野田明子

立春の水仏壇にこぼれけり/原田喬

春立つや六枚屏風六歌仙/高浜虚子

春立つや四十三年人の飯/小林一茶

立春の昼月繊き池浚ふ/加倉井秋を

汚れなき立春までの掛暦/手塚美佐

春立つや暦に赤き日曜日/吉屋信子

大内山立春の雨御空より/渡邊水巴

春立つや月眉形と見たるより/綾子

大法鼓鼕々立春大吉と/真下喜太郎

春立つや雪嶺はまだ夢の白/大串章

立春の大き月あげ田端駅/館岡沙緻

春立や愚の上に又愚にかへる/一茶

立春の夢に刃物の林立す/柿本多映

草稿に朱筆一点春立てり/加藤耕子

春立や星の中から松の色/上島鬼貫

小祠の切子硝子や春立てる/辻桃子

立春の鳶しばしあり殿づくり/青畝

ほうぼうを提げ立春の畦通る/中拓夫

俳句例:81句目~

糸尻を切つて即ち春立てり/伊藤敬子

立春大吉遠浪のちらちらす/臼田亜浪

かもめ舞う立春の空耀えり/青木規子

かゝる夜の雨に春立つ谷明り/原石鼎

立春大吉朝刊にわが名あり/山田弘子

立春の園芸店は旗立てて/佐々木平一

立春や雪踏み通ふ月明り/金尾梅の門

眼帯の内側にいて春立ちぬ/森田智子

をみならに春立ち急ぐ飾窓/林原耒井

立春や目の前に階段のあり/佐藤和枝

立春や百姓詣る三輪の神/五十嵐播水

立春や流されてくる島の声/清水径子

立春や昨日のままの薄氷/殿村菟絲子

立春の卵に尖る箸ならぶ/百合山羽公

立春や戦捷の書肆人あふれ/渡邊水巴

立春や己励ます声掛けて/冨田みのる

立春や寝ね覆はるる酒の酔/三橋敏雄

立春や娘の膝まろき夜の畳/畠山譲二

人中に春立つ金髪乙女ゆき/野沢節子

休耕田春来る水の音ひびく/町田敏子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ