季語/二月礼者(にがつれいじゃ)を使った俳句

「二月礼者」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二月礼者」について

【表記】二月礼者

【読み方】にがつれいじゃ

【ローマ字読み】nigatsureija

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

二月礼者を含む俳句例

女弟子伴ひ二月礼者かな/中川朝

虚子館へ二月礼者の如く旅/辻口静夫

それとなく二月礼者の著道楽/後藤夜半

ほのぼのと紅刷き二月礼者かな/林糺苑

久闊を叙しつゝ二月礼者なる/稲畑汀子

二月礼者舞台衣裳のまま来る/棚山波朗

二月礼者鯰の馬穴提げきたる/荏原京子

合格子伴れくる二月礼者かな/田中英子

大土佐の二月礼者に海眩し/浅井青陽子

親しさや二月礼者の郷なまり/宇田都子

道迷ひつゝ来し二月礼者かな/蒲生院鳥

やや地味に二月礼者の装へり/大久保橙青

一力の二月礼者の出入りかな/吉田立冬子

二月礼者見し綿虫のわづかかな/萩原麦草

今年又二月礼者でありしかな/村山よしゑ

出稽古の帰りの二月礼者かな/五所平之助

夕陽子と名乗れる二月礼者かな/小林貴子

父となりし二月礼者の肩に雪/横浜慎太郎

物腰の二月礼者でありにけり/有働清一郎

鎌倉へはるばる二月礼者かな/大場白水郎

俳句例:21句目~

海女らしき二月礼者と行き交す/平井久美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ