季語/芹(せり)を使った俳句

「芹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芹」について

【表記】芹

【読み方】せり

【ローマ字読み】seri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芹摘(せりつみ:seritsumi)

・芹田(せりた:serita)

・芹の水(せりのみず:serinomizu)

・田芹(たぜり:tazeri)

・畑芹(はたぜり:hatazeri)

・根芹(ねぜり:nezeri)

・水芹(みずぜり:mizuzeri)

・白芹(しろぜり:shirozeri)

・毒芹(どくぜり:dokuzeri)

・大芹(おおぜり:ozeri)

・婆芹(おばぜり:obazeri)

・益斎芹(えきさいぜり:ekisaizeri)

・沢芹(さわぜり:sawazeri)

・沼芹(ぬまぜり:numazeri)

・根白草(ねじろぐさ:nejirogusa)

・つみまし草(つみましぐさ:tsumimashigusa)

季節による分類

・「せ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

芹を含む俳句例

芹素足にふれた/北原白秋

まな板に旭さすなり芹薺/鏡花

くり台に芹匂はする女かな/簪

我事と鯲のにげし根芹哉/丈草

芹売や浮世を急ぐ蛭の足/探吟

芹洗ふ流のなかが暖かし/汀女

買初めは豆腐に芹の一握り/登良

芹匂ふ顔白むまで雲を見て/子郷

水芹に雪ちる山井溢れけり/蛇笏

青柳や芹生の里のせりの中/蕪村

毒芹の花も大河が浸しける/林翔

雨に友あり八百屋に芹を求めける

塔百萬造りて並べ芹薺/和田悟朗

これきりに徑盡たり芹の中/蕪村

芹焼やすそわの田井の初氷/芭蕉

唇を芹雑炊が焦しけり/前田普羅

渡から洗ふて戻る根芹かな/泉琴

芹薺踏みよごしたる雪の泥/惟然

芹摘みが来れば空港白々し/静塔

春浅く根芹沈めて水澄める/篠原

俳句例:21句目~

芹の水葛城山の麓より/矢島渚男

芹田あり初午道の向ふ風/高浜虚子

芹生ふる一水走り畑傾ぎ/福田蓼汀

北寂し枕の北の芹淋し/河原枇杷男

一筋の神の流れに芹育つ/倉田紘文

一籠の硯にまじる根芹哉/正岡子規

遠山や充ち充ちてゐる芹の水/舗土

道とへば芹摘む女中教へけり/常矩

庭水辺摘む七草の芹紅に/山口青邨

芹青む新婚の居の川に沿ひ/杉本寛

芹生ひて断雲青きところかな/楸邨

芹焼や裾輪の田井の初氷/松尾芭蕉

蟹赤きさらさら川や芹の花/中勘助

蛭肥えて芹ふし立ちぬ日向水/暁台

泥におく鷺の足跡芹の花/木村蕪城

大泉池より出でて芹の水/遠藤梧逸

女より男わびしく芹に箸/野澤節子

芹焼の夜やまぼろしの鶴の声/月居

芹引くに水澄みて行く流かな/篠原

洋芹の水奏でをり春炬燵/堀口星眠

俳句例:41句目~

山宿の芹の青さや雑煮膳/佐藤とし

芹川に女ら濯ぐ杜甫の里/荒井正隆

水門や行かれぬ処芹多き/羅蘇山人

師の病篤く芹古るわが厨/森川暁水

浅沢や雪かたの芹の花/松岡青蘿

我ためか鶴はみのこす芹の飯/芭蕉

俎の芹の溢れんばかりへ刃/中田剛

畦川の水を掴みて芹洗ふ/久保乙秋

鴨鍋の近江の芹よ白葱よ/大橋敦子

芹青し還らぬ水として激し/松澤昭

故里に帰りし女芹を摘む/真柄嘉子

溜池や雨に根芹の二三寸/羅蘇山人

溝川に芹の根あらふ雪解水/中勘助

古寺やほうろく捨つる芹の中/蕪村

右丹波左芹生へ青葉みち/伊藤敬子

法隆寺からの小溝か芹の花/飴山實

石人の裾には芹の水流れ/高濱年尾

あな白き田芹の白根つみそろへ/朱鳥

あふれ越野沢や芹の二番生/高井几董

食すすむ薬代の芹山と積み/相馬遷子

俳句例:61句目~

芹摘むや雨雲うごき浪うごく/中田剛

飛に芹の葉伸や鳴かはず/高井几董

芹に花を呼ぶ川火の風薫る/内田百間

芹つむや光あそべる橋の裏/正木浩一

芹摘みし指を洗ふも芹の水/畠山譲二

水をひく管交差して芹の上/今瀬剛一

芹摘の足を拭き行く杉菜哉/尾崎紅葉

芹採るや短き芹は流れけり/石井露月

野芹短く栽培芹は丈長く/鈴木真砂女

水嵩の増しくる如く芹洗ふ/石川桂郎

芹川のあたりは深し春の水/松岡青蘿

神の田や雲も映さず芹の花/羽部洞然

腰高く雙手伸して芹つめり/西山泊雲

流れざる芹の記憶のみな流る/莵絲子

足許の覚束なくて田芹摘む/しょう人

芹の水暫く広くなりにけり/松藤夏山

薄氷を膝まづく母芹の水/磯貝碧蹄館

薄曇る水動かずよ芹の中/芥川龍之介

底見せて流るる川や芹の花/石塚友二

芹増えて観世音寺も恙なし/斉藤夏風

俳句例:81句目~

空腹を彼に知らるな芹の花/池田澄子

悲しまんや墨子芹焼を見ても猶/芭蕉

みなかみは鶴の乙女か流れ芹/中勘助

足許を先づは築きて田芹摘/高澤良一

芹薺御形はこべら犬の糞/佐々木六戈

芹蓬摘めよと與ふ子に刃物/石川桂郎

手づくりの芹鮓開き湯治客/坪根里杏

手許には芹だけされど七日粥/及川貞

芹の根を洗ひし溝に剃刀も/川端茅舎

芹噛んで風音に聴く化粧川/藤城茂生

芹育ち何か小さきもの育ち/後藤栄生

湖波の芹をはしりぬ陣屋堀/桂樟蹊子

水音のやさしき日なり芹の花/浜福恵

新しき星に刺されて芹を摘む/佃悦夫

芹噛んで吉祥天にまだ逢はず/原田喬

湧水に芹も強げな茎のいろ/高澤良一

芹の水芹を離れてなほ青し/秋光泉児

芹洗ふ同じ流れに鷺がゐて/中村智子

初雛や丹の椀とれば芹にほふ/及川貞

聖泉の水岐れては芹の水/下村ひろし

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ