季語/滴り(したたり)を使った俳句

「滴り」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「滴り」について

【表記】滴り

【読み方】したたり

【ローマ字読み】shitatari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涓滴(けんてき:kenteki)

・山滴り(やましたたり:yamashitatari)

・巌滴り(いわしたたり:iwashitatari)

・崖滴り(がけしたたり:gakeshitatari)

・苔滴り(こけしたたり:kokeshitatari)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

滴りを含む俳句例

滴りを額に一条神の山/原裕

樹液滴り八方に霞立つ/直人

滴りて石に還りし仏かな/黛執

滴りの迭の音の明らかに/風生

滴りや東叡山に麓あり/斉藤夏風

新しき墓を加へて山滴る/岸洋子

山滴る靴音軽き朝かな/中村輝峰

石の景より滴りて水の景/湯川雅

厨芥車滴り長し二月尽/沢木欣一

滴りや天の松風吹きかはり/康治

塵芥車滴り長し二月尽/沢木欣一

松島の松の滴り走り梅雨/吉田木魂

滴りや扉を固く陰の神/肥田埜勝美

滴りや分量同じ呼気吸気/池田澄子

滴りや己の欲を失なはず/坂本龍男

滴りの思ひこらせしとき光る/汀女

滴りも杖つく音も杉の中/山崎房子

滴りは石工の岩の泣きぼくろ/静塔

滴りの雌雄の響や夜の厨/西山泊雲

滴りの崖にゆるみし命綱/菅原文子

俳句例:21句目~

嫁取りの磴や滴り滴れる/石川桂郎

滴りの大音響や窟に満つ/野村喜舟

岩座に神の貌あり滴りぬ/坊城俊樹

滴りの蕗の葉をうつ音なりし/鷹女

滴りの金剛力に狂ひなし/宮坂静生

大岩穂八隅滴り神生るる/沢木欣一

頂きに神を祀りて山滴る/高橋悦男

打水の滴りて居る小笹哉/太田南岳

天矛の滴りの山みな青嶺/山口誓子

滴りの洞の佛に詣でけり/高浜虚子

滴りの一千年の一つづつ/宮崎寒水

杉山のあをき滴り吉野葛/佐川広治

洞窟の滴り髪に撫でつける/山口誓子

砂染めて干梅の滴りやまず/松村蒼石

若田硯彫るへ滴り間の遠し/田中英子

草の芽に車の油滴りにけり/増田龍雨

赤児百人滴りおちる百日紅/坪内稔典

雲湧いて汗滴りのごと清し/野澤節子

滴りて滴りて岩を黒くしぬ/谷野予志

わく如き滴りにして苔の面/高浜年尾

俳句例:41句目~

高速道路増殖しつつ滴りぬ/五島高資

人は酒杯へ終の一滴滴りよ/香西照雄

大谷石截り出せし山滴れり/根岸善雄

凌霄の滴り咲きに冥き空/文挟夫佐恵

山滴る島を離れておけさ丸/高澤良一

山滴る父の能弁唯物史観/下山田禮子

弥彦山滴るを指呼稚鮎釣る/高澤良一

滴りに集つてゐる水輪かな/高野素十

滴りのひかりは翳に従ひて/長谷川双

岩茸とる滴りしげき命綱/加藤知世子

滴りの一打一音山ぐもり/鷲谷七菜子

滴りの光が先にしたたれり/太田寛郎

滴りの声尽くるなき寺の奥/中川宋淵

滴りの微かな音が集まれり/本居桃花

胸あれば胸滴りて息災に/沼尻巳津子

滴りの音の夕べとなりにけり/安住敦

滴りも奈落の闇も涯しなし/西本一都

滴りを木桶に受くる石切場/本居三太

汽車の胴霧抜けくれば滴りぬ/飴山實

太古より滴りにけり流れけり/柿本多映

俳句例:61句目~

風くれば檜原したたり山椒喰/石田波郷

朝顔や芹澤染色したたりて/水原秋櫻子

なき如き滴りにしてとどまらず/中田剛

全身にしたたり溜めて紀元杉/高田ゑみ

滴りの打ちては揺るる葉一枚/富安風生

したたりて太陽を呼ぶ朝の芹/今瀬剛一

滴りの伝ひ見えたり隠れたり/染谷秀雄

六根清浄富士の人穴滴りて/百合山羽公

反り身の干大根わが空滴りて/寺田京子

滴りの水を抜けゆく巌の色/正木ゆう子

願はくは滴りこそを死水に/大木あまり

滴りて大磐石となりにけり/木倉フミヱ

滴りの光添はざるときのあり/木全篝火

滴りのひとすぢ光ひきにけり/高橋光栄

床几あり滴りを眼の前にして/高濱年尾

雛菊や亡き子に母乳滴りて/柴崎左田男

昼さがり滴りのあと葉にみえて/中田剛

熟れ熟れてお蚕水の如滴りぬ/栗生純夫

滴りを水の鎖と見てゐたり/上田日差子

杓のうなづく滴りの涼しさよ/辻田克巳

俳句例:81句目~

蜥蜴あそぶ殉教の崖滴りつつ/前川弘明

滴りのろうかんを踏むほとけかな/鴻司

滴りや次の滴りすぐふとり/能村登四郎

紙漉きの紙とならざる滴りよ/塩川雄三

滴りて山も加はる岨まつり/町田しげき

磨崖仏滴りに浮く眉目かな/柴田白葉女

滴りて青嶺を指せる洋傘の尖/加藤楸邨

滴りと化し人穴の富士行者/百合山羽公

滴りに始まる流れあることを/稲畑汀子

滴りや眠れる者を呼び起こし/高澤晶子

滴りに横よりとべる滴あり/波多野爽波

滴りのひとつ一つの山気かな/山口草堂

滴りは石筍を打ち我を打ち/阿波野青畝

滴りの間を置かずなるまくらやみ/狩行

姦しき旅でありても山滴る/栗林ひろゑ

滴りに翳となるまで立尽す/沼尻巳津子

峰かけて父祖よりの山滴れる/高橋霜葉

滴りは木の根のことば峠みち/岩間民子

滴りに歯朶の葉先の応へをり/伊藤蘇洞

滴りに山蟹来ては身を濡らす/竹中碧水史

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ