季語/軽鳧の子(かるのこ)を使った俳句

「軽鳧の子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「軽鳧の子」について

【表記】軽鳧の子

【読み方】かるのこ

【ローマ字読み】karunoko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・軽鴨の子(かるがものこ:karugamonoko)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

軽鳧の子を含む俳句例

軽鳧の子の潜くこと亦幼しや/鶴淡路

軽鳧の子や都心の波に逆わで/磯直道

水柏つひに軽鳧の子見失ふ/石田あき子

軽鳧の子に濠の夕波やや荒し/清水素生

軽鳧の子の一羽後塵拝しけり/高澤良一

流燈に添ふごと軽鳧の子の流る/西村公鳳

藻畳に立ちて羽摶つ軽鳧の子よ/市毛暁雪

軽鳧の子の横切り終るまでのこと/忍昇光

軽鳧の子の波のり遊ぶ毬のごと/阿部鴻二

軽鳧の子の老人ホームの池泳ぐ/倉田静子

軽鳧の子の首が櫂なす水ぐもり/山崎靖子

軽鴨の子のあそぶ国際河川かな/岩崎照子

鳧の子はつぶ~風に吹かれけり/青木月斗

指差している間に隠る軽鳧の子ら/森田公司

軽鳧の子が飛ぶなり旅の能登の海/田村木國

軽鳧の子の従順なるとならざると/高澤良一

軽鳧の子のおいてきぼりが後を追ふ/高澤良一

軽鳧の子のぷるんぷるんと水浴びて/高澤良一

軽鳧の子の浮葉すべりをしてゐるよ/西村和子

軽鳧の子の親に蹤きゆく不思議なし/西村和子

俳句例:21句目~

軽鳧の子の親を離るゝ水尾引いて/今井つる女

軽鳧の子をどこかに沼の隠したる/石井とし夫

軽鳧の子を引き連れて行くごとし/佐々木六戈

軽鴨の子の日に寄り易く散り易く/鳥居美智子

軽鳧の子のひとりひとりに見られけり/永浜元而

軽鳧の子の怖るゝことをまだ知らず/野仲美須女

軽鳧の子の入り来るを待つファインダー/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ