季語/睡蓮(すいれん)を使った俳句

「睡蓮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「睡蓮」について

【表記】睡蓮

【読み方】すいれん

【ローマ字読み】suiren_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・未草(ひつじぐさ:hitsujigusa)

季節による分類

・「す」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

睡蓮を含む俳句例

睡蓮や頭悪くて楽しくて/徳弘純

睡蓮の灯に睫長き子よ/星野立子

睡蓮を遮る鉄の鎖かな/京極杞陽

睡蓮や十尺筧渡したり/石川桂郎

睡蓮の黄色ばかりや雪舟庭/林徹

山湖今篠突く雨や未草/松尾白汀

公園の鼠睡蓮の池岸を/京極杞陽

睡蓮の純白のこす山の暮/桂信子

雨の日は雨の表情未草/澤村芳翠

睡蓮に幽冥界の水動く/佐藤晴生

大沼の端をとほりぬ未草/山口青邨

冬沼の睡蓮として寧らへり/樋笠文

切味よし卵で作る白睡蓮/香西照雄

睡蓮や竜身巻ける大甕に/下村梅子

睡蓮の一花水浴美人めく/江川虹村

睡蓮の開く音もて約束す/平林幸枝

睡蓮や水が濁れば影濁る/松下義幸

睡蓮や人界の音遠ざけて/田中好美

睡蓮の隙間の水は雨の文/富安風生

山の池底なしと聞く未草/稲畑汀子

俳句例:21句目~

睡蓮や妬心納める水の底/薦田伸子

五合庵出て睡蓮に瞬きぬ/丸山比呂

睡蓮の花を離れての群れ/如月真菜

睡蓮に雨が明るみ且つ暗み/上村占

国分寺池の睡蓮閉づる刻/高木晴子

枯兆す睡蓮水の意のままに/樋笠文

睡蓮の紅白妻も夢保て/中村草田男

睡蓮の一花一花の真昼かな/上村占

睡蓮の浮葉漸く多きかな/高野素十

漣の吸ひ込まれゆく未草/西村和子

睡蓮を植う学僧の泥手足/木内彰志

白靴に場の睡蓮夕焼けぬ/飯田蛇笏

睡蓮の一坪程の沼もあり/高木晴子

睡蓮に密使の戀か東洋館/筑紫磐井

睡蓮や鬢に手あてて水鏡/杉田久女

炎天の下に睡蓮花を閉づ/高濱年尾

睡蓮の橋ふむ人や夏帽子/会津八一

睡蓮に水玉走る夕立かな/西山泊雲

睡蓮のかげ惜別の日をはこぶ/原裕

約束は睡蓮と見る同じ夢/鳴戸奈菜

俳句例:41句目~

睡蓮に幾世の襖開け放つ/野島抒生

呉州扁壷観し目に展け未草/桑田青虎

睡蓮の一花のために水に寄る/桂信子

天日の遅々としてあり未草/小林鱒一

睡蓮は塊りて灯の影はとび/京極杞陽

睡蓮の風が膝の児眠くせり/田村一翠

睡蓮の鉢を蛙となりて去る/木津柳芽

睡蓮に辿りつきたる昭和かな/徳弘純

睡蓮下出て一本の鯉となる/横溝養三

睡蓮の芯にあそべる露童子/朝倉和江

星屑の今睡蓮となつてをり/村木節子

睡蓮のもつとも遠き花に執す/樋笠文

睡蓮の乾きたる葉に蟻遊ぶ/高濱年尾

睡蓮の朽葉の上の目高かな/星野立子

睡蓮をわたり了せて蝶高く/高濱年尾

未草神父午睡の刻過ぎて/下村ひろし

睡蓮や風に離るる父と母/磯貝碧蹄館

睡蓮や陵ひとつ吸い了わる/豊口陽子

睡蓮の紅を去る人はや遠し/古舘曹人

摺鉢にいかな睡蓮現はれむ/清水径子

俳句例:61句目~

水へりぬ睡蓮の葉の乱雑に/高濱年尾

水明りして睡蓮の百花かな/森山素石

睡蓮の下をうかがふ鰭の数/笹尾文子

睡蓮や遥かな国に百済あり/斉藤夏風

睡蓮や花の真下の水の闇/八幡より子

睡蓮の池にしばしば雷火陥つ/瀧春一

睡蓮や目立の音に甕坐る/秋元不死男

まどろみて首汗ばめり睡蓮花/中拓夫

白睡蓮閉ぢて普賢の重目蓋/田口一穂

睡蓮に虹いつまでも池静か/鈴木花蓑

百年の地軸に座して睡蓮花/宮崎敦子

睡蓮の水紋あつめ如来の膝/伊丹公子

睡蓮に音ありあひる快楽す/攝津幸彦

睡蓮の水広々と遠くの葉/佐々木六戈

睡蓮の岩にかしづく二つかな/上野泰

睡蓮やテラスにきざむ水明り/原柯城

睡蓮の水を切つたる蕾かな/高濱年尾

睡蓮に鳰の尻餅いくたびも/川端茅舎

睡蓮のはじめの白さ男来る/松山足羽

亡き人のみな座りたる未草/伊澤孝子

俳句例:81句目~

睡蓮やふと日月は食しあう/安井浩司

今生の末遠からず紅睡蓮/伊丹三樹彦

睡蓮に日影とて見ぬ尼一人/飯田蛇笏

睡蓮の朝の大仏おはしけり/小澤碧童

睡蓮に泳ぎ寄る蛭時澄んで/佐野良太

千年の地軸に座して睡蓮花/宮崎敦子

睡蓮を打つ黄檗の驟雨かな/細見綾子

緑蔭にして睡蓮の紅濃ゆし/岸風三楼

蛇の首睡蓮の葉をうちかぶり/辻桃子

蜂来ては去り赫耀と豆睡蓮/太田鴻村

覚めてまたねむる赤子や未草/中田剛

長泣きの童女に未草ひらく/柿本多映

睡蓮の二花に十五夜雲深し/西村公鳳

雨意迫り来ぬ睡蓮の池暗く/高浜虚子

鳳凰の鴟尾に睡蓮昏睡時/赤松ケイ子

未草版画のやうな朝が来て/池上貴誉子

未草目白押しとはこんなさま/高澤良一

沼ふかき睡蓮は死と表裏して/古舘曹人

涙目に睡蓮煮えてゐたりけり/柿本多映

睡蓮と遊ぶ子供とひらひらす/京極杞陽

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ