季語/焼酎(しょうちゅう)を使った俳句

「焼酎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「焼酎」について

【表記】焼酎

【読み方】しょうちゅう

【ローマ字読み】shochu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・泡盛(あわもり:awamori)

・粕取焼酎(かすとりしょうちゅう:kasutorishochu)

・甘藷焼酎(いもじょうちゅう:imojochu)

・黍焼酎(きびじょうちゅう:kibijochu)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

焼酎を含む俳句例

焼酎の瓶の塒は大枯野/源鬼彦

石菖や焼酎店の明け放し/井月

短夜や焼酎瓶の青毛虫/北原白秋

焼酎の一銘柄を偏愛す/中島和昭

泡盛は鏡色なり夜の秋/沢木欣一

泡盛や故郷違ふ男らに/青木満子

重づめに泡盛酒や若葉蔭/井上井月

焼酎やあたまへあがる花の山/立独

焼酎を水で割る夕杏の実/沢木欣一

夫婦てふ歳月刻む梅焼酎/三木節子

雪に呷る焼酎耶蘇の鐘永し/斎藤玄

青梅や焼酎ひらく隼人達/幸田露伴

地釜より泡盛かほる冬の雨/飴山實

夜の海に泡盛注ぎ魂送り/沢木欣一

泡盛に島の恋うた日焼翁/大東晶子

炎天や内がわ曇る焼酎壜/田川飛旅子

父の日の焼酎をのむ父憎し/柏木去孔

焼酎や四方の闇に奈良の仏/谷野予志

焼酎に旅の気炎ははかなけれ/今村青

車座につぐ焼酎は鬼ころし/岡田律夫

俳句例:21句目~

焼酎に焼けたる胸や麦の秋/野村泊月

米の香の球磨焼酎を愛し酌む/上村占

焼酎や夢のうちなる逃亡者/仙田洋子

焼酎や柱とびでてゐる生家/大石雄鬼

高音鵙焼酎飲み来し顔乾く/岩田昌寿

焼酎に鉱石の冷えありにけり/辻桃子

焼酎や頭の中黒き蟻這へり/岸風三樓

飛雪あかるし焼酎にて乾杯/宮津昭彦

静かなる闇焼酎にありにけり/岡井隆

焼酎の強き透明夜空晴れ/正木ゆう子

焼酎の愛名をアイヌ殺しとも/菅裸馬

焼酎の機嫌の声や草競馬/池田ちや子

捨て積みの焼酎瓶に冬の蠅/高澤良一

夏近き泡盛といふ花が咲く/渡辺波空

棺を出て焼酎あおる不眠症/高橋蒼雨

車座の藷焼酎も在所かな/江島つねを

泡盛の壜さげ春の風邪見舞/富田潮児

泡盛の壜の籠り音涅槃西風/奈良文夫

海紅豆咲き焼酎の甕ひとつ/草間時彦

泡盛やどぶ臭き月町に出て/宮岡計次

俳句例:41句目~

焼鳥焼酎露西亜文学に育まる/瀧春一

泡盛や汚れて老ゆる人の中/石塚友二

焼酎や出世にうとき顔ならぶ/臼井治文

焼酎を野越え山越え酌み交はす/菅裸馬

焼酎甕据ゑて夏陰ひそかなる/内藤吐天

焼酎に胃をやきてすぐ寒風へ/右城暮石

父を焼く山上焼酎ほど澄んで/西川徹郎

牧守の好きな焼酎手土産に/本田/菁爽

籠りをれば蝮焼酎見舞はれぬ/赤座閑山

焼酎は薩摩で飲んであれ以来/高澤良一

吉事なき夜の焼酎柚皮落とし/松下秀俊

桃の日や焼酎飲んで産院へ/田川飛旅子

火の国の麦焼酎に酔ひたるよ/大橋敦子

焼帛に焼酎吹いてゆきにけり/茨木和生

泡盛に時間稼ぎをしてゐたる/高澤良一

泡盛に足裏まろく酔ひにけり/邊見京子

泡盛に酔へば沖行く白雨かな/橋本榮治

焼酎が透きとほる夜の杏花村/栗生純夫

焼酎に慣れし左遷の島教師/夏井やすを

泡盛の舌刺すゆふべ驟雨来ぬ/澤田緑生

俳句例:61句目~

焼酎に胸骨枯れてあぐら組む/佐藤鬼房

焼酎に足とられ来る和尚かな/河野静雲

焼酎のたゞたゞ憎し父酔へば/菖蒲あや

焼酎の濃度をとこの黒単衣/柴田白葉女

泡盛や飢餓の体験持たぬ我れ/小川廣男

泡盛を自転車に積む月夜かな/中山純子

琉球泡盛前は倉庫の壁がある/宮坂静生

くわりん酒の焼酎二升程と踏む/高澤良一

焼酎のつめたき酔や枯れゆく松/西東三鬼

焼酎に酔えば真つ黒し秋夜空/石橋辰之助

汗垂れて彼の飲む焼酎豚の肝臓/石田波郷

焼酎に死の渕見ゆるまで酔ふか/小林康治

焼酎を胃の腑にをさめ健次の忌/佐川広治

酌みこぼす焼酎燃ゆる榾火かな/木村蕪城

焼酎が蕪村名のれりほととぎす/矢島房利

市場者らし焼酎の飲みつぷり/上野白南風

山越阿弥陀黄金に在す焼酎買ふ/田中芥子

飛んでいく時間には詩を藷焼酎/伊藤俊二

泡盛や地下足袋の足ばかり見え/宮坂静生

泡盛を容れてふくらむ甕の腰/山崎冨美子

俳句例:81句目~

麦焼酎お国訛りのはづみをり/二階堂英子

ビール注ぐ泡盛り上り溢れんと/高濱年尾

いらだたし身を泡盛の店に据う/石橋青雲峡

妻に朱欒焼酎をそのあとから出す/石川桂郎

馬刺うまか肥後焼酎の冷やうまか/鷹羽狩行

琉球泡盛ぱたぱたと火を起したる/宮坂静生

蕎麦焼酎ころりと海が明けてをり/鈴木しげを

麦焼酎あほりあほりてカチャーシー/高澤良一

泡盛の瓶を鼓して涼床に人呼ふ頻なり/尾崎紅葉

亀戸やなげくなし力草とびとびにひる焼酎/橋本夢道

父子といふあやしき我等ふたり居て焼酎酌むそのつめたき酔ひ/林和清

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ