季語/障子貼る(しょうじはる)を使った俳句

「障子貼る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「障子貼る」について

【表記】障子貼る

【読み方】しょうじはる

【ローマ字読み】shojiharu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・障子の貼替(しょうじのはりかえ:shojinoharikae)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

障子貼るを含む俳句例

煤掃て障子張日や梅一枝/呑獅

障子貼りかへて伊吹は薬山/上村占

相睦ぶ薄きへだての障子貼る/林翔

話しつつ妻隠れゆく障子貼/白岩三郎

障子貼つて中仙道と紙一重/泉田秋硯

野分して一人障子を張る男/夏目漱石

戸障子の心張棒や菜種梅雨/山本洋子

転任の噂はあれど障子貼る/村山一棹

親鸞の話障子を貼りながら/関戸靖子

燈籠の障子も貼りて宿場寺/西本一都

貼り替し障子の中の母小さし/山下尭

たま~の夜の遑に障子貼る/鈴木花蓑

隠耶蘇鉄壁をなす障子貼る/有馬朗人

老妻に糊の夕冷え障子貼る/皆吉爽雨

家のもの一切古色障子貼る/香西照雄

畑打に切貼障子とざしけり/石橋秀野

障子貼る後姿がふりかへる/高本時子

山神を畏れつつ貼る大障子/有馬朗人

障子貼る女片袖くはへつつ/尾崎一雄

障子貼る一枚の海残りけり/戸川稲村

俳句例:21句目~

桟太き障子を貼れり今年紙/栗生純夫

一巻を流れ出づ紙障子貼る/井沢正江

三月の産屋障子を継貼りす/石田波郷

障子貼る大原女あり尼の寺/高濱虚子

母よりも妻病弱や障子貼る/森川暁水

草庵の芒穂に出ぬ障子貼る/岡本松浜

障子張る妹に花も過ぎにけり/渡邊水巴

揺れながら障子貼るなり佃舟/綾部仁喜

きのふけふ障子張り替へ萩芒/小澤碧童

障子張る糊ぷつぷつと煮え上り/上村占

障子貼るお狐さまの風通ひ/波多野爽波

障子貼るかたへ瀕死の癌患者/相馬遷子

本山の障子門徒が来て貼れり/富永晃翠

障子貼ること怠りし仏間かな/角川照子

さむく~岳陽障子貼らで居り/萩原麦草

つぎ貼りの糊乾ぬ障子専修寺/西本一都

障子貼るすぐに真白き秋日跳ね/及川貞

東京に山見ゆる日の障子貼る/東野礼子

障子貼る妻の返事は横向きに/藤陵紫泡

障子貼る日影に古き洋書かな/久米正雄

俳句例:41句目~

障子貼る暮光しらじらと母の指/中拓夫

障子貼る障子の家に死にたくて/大越晶

み仏は杏仁まなこ障子張る/阿波野青畝

障子貼る鰯干場を目の下に/鈴木真砂女

永平寺一山あげて障子貼る/佐々木和子

永平寺雲の翳さす障子貼る/川津ひな子

障子貼故園の情を身ひとつに/飯田蛇笏

世紀末の光に透かし障子貼る/仙田洋子

障子貼終へてかくるる納戸神/朝倉和江

西鶴忌障子を貼つて独り者/鈴木真砂女

爆音やすなはち響き障子貼る/石田波郷

町川に鴨のふえたり障子貼る/石黒哲夫

節分の鬼の破りし障子貼る/吉田立冬子

糊加減濃く山国の障子貼る/北見さとる

先住の猫をり障子貼替ふる/黒米松青子

切り貼の障子男の子に面白し/萩原麦草

大刷毛を小さく使ひ障子貼る/田中高志

縁にまた膝つく音の障子張る/皆吉爽雨

蓑虫よ蓑干せ我は障子張る/大谷碧雲居

子等遊ぶ声を遠くに障子貼る/小松絢子

俳句例:61句目~

山の日を集めて御師の障子貼/田中俊尾

障子貼つて眠りしんしん晩々蚕/下田稔

山羊の頭のしこる遠景障子貼る/上村占

貝隠の釘かくしある障子貼る/西本一都

常闇に住むも真白く障子貼り/村越化石

年々に傾く庫裡の障子貼る/堀前小木菟

貼り替へし障子の外の町の音/吉屋信子

貼り替へて明るき障子自刃の間/森田峠

張りたての強き力の障子かな/長谷川櫂

貼り替へて空の青さの白障子/高橋悦男

貼り終へて母は障子の向う側/今瀬剛一

待宵の白張りつめて会下障子/吉野義子

応へなき人影ばかり障子貼る/老川敏彦

銀行のたつた二枚の障子貼る/横溝養三

いもぼうの障子百枚貼り替へて/山田弘子

障子貼るひとりの影をうつすべく/桂信子

障子張るや艶吹き出でし梅の枝/室生犀星

障子貼る中なる妻を病ませては/清水基吉

この辺の鈴鹿はやさし障子貼る/山本洋子

貼替へて障子に桟のなきところ/河野静雲

俳句例:81句目~

ささやかな幸逃さじと障子貼る/朝倉和江

ながらくの煤の住居の障子貼り/森川暁水

ねんごろに妻子おもへり障子貼/飯田蛇笏

障子貼る僧の素足が往き来して/右城暮石

継ぎ貼りの障子のびびと山の闇/山口草堂

貼り替へし障子の中に寝過しぬ/菖蒲あや

障子貼る日ざしの中を跨ぎ通る/久米正雄

障子貼る父の口出し無きうちに/能村研三

障子貼る男の影やひめつるそば/田中英子

障子貼り十八枚目が暮れかかる/工藤克巳

障子貼る男の手際見てをりぬ/鈴木真砂女

九頭竜の瀬波まぶしき障子貼る/伊與幽峰

亡き母の胸に棲む日や障子張る/山田弘子

亡き母の貼りし障子を洗ひけり/松尾隆信

亡き父の貼りたる障子忌に籠る/岩崎照子

蒼々と障子張り替へられゐたり/山口誓子

使ふ部屋使はざる部屋障子貼る/大橋敦子

生者死者集ふ夜あらむ障子貼る/村越化石

障子張り替へてしばしを慰むか/相馬遷子

山の蟻の羽摶つ障子の張り強し/館岡沙緻

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ