季語/小寒(しょうかん)を使った俳句

「小寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「小寒」について

【表記】小寒

【読み方】しょうかん

【ローマ字読み】shokan

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

小寒を含む俳句例

天国の大寒小寒治虫かな/夏石番矢

小寒や新井を祭る迎へ水/高田蝶衣

小寒や油いための蓮の味/小澤碧童

小寒や鴎とび交ふ中華街/柴原保佳

石切の音小寒の谷の中/佐藤由比古

小寒の闇ををさめし眼閉づ/深谷雄大

小寒の雨振り仰ぎつつ独語/高澤良一

小寒の雨来て夜の例会あり/高澤良一

小寒の雨降る闇に別れけり/高澤良一

小寒や石段下りて小笹原/波多野爽波

祖父の世の木臼おほ寒小寒来る/龍太

小寒のひかり浸して刷毛目雲/火村卓造

小寒の夕映富士をのぼりつむ/浅羽緑子

小寒の夜半きらきらと洗車場/塚本邦雄

小寒の雨に大気のゆるみけり/稲畑汀子

小寒の鵜の肩先のなにもなし/金田咲子

小寒やまぶしき月が枯木越し/相馬遷子

小寒や妻の形見を分けあえり/鈴木静海

小寒や老婆が唱歌みな生かす/山本紫黄

避け難き小寒の来て大寒来/嶋田摩耶子

俳句例:21句目~

まひあがりたる小寒の埃のみ/佐々木六戈

小寒のさゞなみ立てて木場の川/山田土偶

小寒や枯草に舞ふうすほこり/長谷川春草

置き分けて小寒の菜を洗ひをり/石川桂郎

小寒となりしは名のみあたたかや/星野立子

大寒む小寒む針もつ妻へ飴投げむ/磯貝碧蹄館

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ